臭いの悩み

ピーチジョンがデリケートゾーンのにおいを改善させるオイルを発売!

デリケートゾーン(アソコ)の臭いが気になるならまず洗い方を変えてみよう

デリケートゾーンがかゆい!ついつい掻いてしまいませんか?

デリケートゾーン(陰部)の皮膚は弱いので間違った洗い方をすると雑菌の繁殖や炎症を起こしたり、乾燥によるかゆみ、臭いだけでなく色素沈着、黒ずみや病気の原因になったりします。

しかしデリケートゾーンの洗い方を改善しただけで、臭い、痒みがさっぱり良くなった!と言う口コミもたくさんあります。

臭い、痒み、黒ずみの予防と対策をきちんとすれば、その悩みは改善します。

「中には陰部を洗った事がない!」と言う人や「デリケートゾーンの洗い方がわからない」と言う方も、こんなことやってたら臭い、痒み、黒ずみが出るよ!という悩みの元から改善できるようわかりやすく簡単にお話します。

[toc]

誤ったデリケートゾーンの洗い方とケア

皆さんは、普段デリケートゾーンの臭いをどのようにケアしていますか?

お手入れやケアが面倒になり、「シャワーでサッと流すだけ」「ドラッグストアに普通に売っている石鹸で簡単に洗う」なんて方も多いのではないでしょうか。

確かにデリケートゾーンの洗い方は堂々と人に聞けるものではないし、なんとなく簡単にお手入れして終わりという人がほとんどだと思います。

しかし、ふと気づくと「あれ?なんか匂う?」今まで気にならなかったのに、急に感じてきたデリケートゾーンの匂い。

病気の可能性もありますが、ほとんどの場合、汗やオリモノや尿により原因菌が増殖し、臭いを放っているのです。

予防できるに越したことはありませんが、大抵の女性は予防と言う概念がなく臭いを感じ始めたり、セックスパートナーができて始めて気にするようになるのが現実です。

デリケートゾーンの病気一覧

美容サプリメントはどうなの?

色々調べてお手入れはしてみたけど改善されないし、内側から変えてみるのが一番と、今はデリケートゾーンの匂いに着目したあらゆるサプリメントも販売されています。

唯一体の中に入れるものなので楽チンに感じますが、実は体に悪かったら怖い!と感じてしまうのがホンネではないでしょうか。

自然に考えてみると、やはり医師から処方されたもの以外を独断で摂るよりも、普段できる外からのケアの範囲で改善できることが一番望ましいといえます。

 

美容サプリメントは人により作用がまるで違うので注意が必要です。

体の中に入れるわけですから薬同様、副作用もみられる事があります。

それらを踏まえ「美容サプリメント」はお勧めできないと言えるでしょう。

「悩み イラスト」の画像検索結果

どんな洗い方がベストなの?

実際、家でも学校でもきちんと教えてもらった覚えがないデリケートゾーンの洗い方。

なんとなく洗ってはいるけれど、これが正解なのかといわれると自信が持てない人が多いはずです。

そして、調べて試してみたもののしっくりこない人も少なくないのではないでしょうか。

正しいデリケートゾーンの洗い方はどんなものなのか?

レディースクリニックで伺ってきた方法をご紹介します。

ひだや隆起など複雑な形状をしている女性のデリケートゾーンをしっかりケアするためにも、正しい洗い方を学びましょう。

 

色々聞いてきたよ!

「レディースクリニック」の画像検索結果

正しい洗い方ポイント

●弱酸性の洗浄剤をしっかり泡立てる

女性の性器は、太ももの付け根の内側にある外側の大陰唇と、その内側にある小陰唇があります。

小陰唇の中は口の中と同様の粘膜になっています。

そのため、粘膜もあるデリケートゾーンは刺激が少ない弱酸性や、低刺激性の石けんや洗浄剤を使うことが大事です。

無添加のものやオーガニック商品などは皮膚に負担が少なく特におすすめです。

そして、顔を洗うときと同様、しっかり泡立て、指の腹を使って、泡で優しく洗うようにします。

丁寧に毎日洗っているのにニオイが気になる人や、かゆみを引き起こすカンジダ膣炎に繰り返しかかる人は、

抗真菌成分配合のデリケートゾーン専用の石けんが市販されているので、そちらを選ぶのもいいかもしれません。

●基本は前から後へ洗う

トイレでお尻を拭くときと同様に、大腸菌などの雑菌が膣内に入らないように前から後ろに拭きましょう。

陰毛、デリケートゾーン、肛門の順で洗うのが重要です。

特にデリケートゾーンは、大陰唇と小陰唇の間のひだに恥垢(ちこう)と呼ばれる尿や膣からの分泌物のかたまりがたまりやすいので、

指の腹を使い、傷をつけないよう優しく泡で洗いましょう。

このとき小陰唇の膣側は、粘膜なので石鹸で洗う必要はありません。お湯で優しく流すだけで十分です。

また、ニオイなどを気にするあまり、中には膣の中にまで指を入れて洗ってしまう人がいますが、それは絶対にやめましょう。

膣内は、雑菌の侵入や繁殖を防ぐためにデーデルライン桿菌(かんきん)という常在菌によって酸性に保たれています。

そこを石けんなどで膣の中まで洗ってしまうと酸性が保てなくなり、雑菌が繁殖しやすくなって膣炎などにかかりやすくなってしまいます。

 

生理の終わりかけなどのデリケートゾーンのニオイを気にして、精製水で膣内を洗い流すビデなどもありますが、膣内の常在菌のバランスが崩れてしまうため、あまりおすすめしません。

 

毎日、きちんと洗っているのに、トイレなどで下着をおろした途端に強いニオイや魚臭いニオイを感じたり、

パートナーなどにニオイを指摘されたという人は、一度婦人科を受診してみることをおすすめします」

 

●洗いすぎると黒ずむ

デリケートゾーンをキレイにしたいあまり、ゴシゴシと力任せに洗うのも厳禁です。

どこの部位でもゴシゴシ洗いすぎては皮膚に刺激を与えるだけです。それにより黒ずんでしまいます。

とても繊細な部位だけに、手で優しく洗ってあげましょう。

 

また、下着の締めつけなども黒ずみの原因になるので、締めつけ感がないサイズを選びましょう。

コットンやシルクなど肌への刺激が少なく、通気性のいいものを選びましょう。

以上のように、洗い方などにいくつかの注意点はあります。

やり方も難しいものではありません。

 

 

これを機会に、正しい洗い方を習慣づけて改めてデリケートゾーンのケア方法を見直してみてはいかがでしょう。

 

また、洗い方だけでなくどんな洗浄剤を選ぶかも大事なポイントになってくるようです。

 

デリケートゾーンはとても敏感な部分です。

洗浄剤を選ぶときは、オーガニックのものや低刺激なものを意識して選ぶようにしましょう。

海外の商品などは、香りも良いものが多いですが、その分日本人の肌には刺激が強すぎるといった点をよく聞きます。

一番デリケートな部分こそ、自分の肌に合わせたものを選びましょう。

日本人に一番最適なデリケートゾーンのケア

女性の下着ブランドで有名な大手「株式会社・ピーチジョン」のピーチジョンBeautyが開発したピーチ・ジョン「デリケートウォッシュオイル」「PJ ORGANIC」は日本国内にて無農薬で、丁寧に栽培されたフルーツやハーブを原料に、 畑から収穫してすぐ、生のまま加工しています。



また、毎日使うものだから、成分はもちろん、使い心地、 肌へのやさしさについてもこだわりを持って開発。

純国産・無農薬・99.8%リアルオーガニックを目指しているので、日本人の肌におすすめです。

日本でお馴染みの有名ブランド「ピーチジョン」から開発された商品だからこその、安心感があります。

 

さらにこのウォッシュオイルを使った方の口コミでの評判もすこぶる良いです!

【デリケートウォッシュオイル】公式ページ



この記事のまとめ

少しでもデリケートゾーンの臭いに不安を持っているのであれば早めのケアが必要になる事がわかりました。

陰部のケアをきちんとする事で「腟カンジダ」や「原因菌による臭い」「乾燥による菌の増大」を防ぐことができるので、今までケアをしていなかった人も、すでに症状を発症してしまっている人も。

これをきっかけにオーガニックで低刺激な商品に変え、正しい洗い方を習慣づけてみてはいかがでしょうか?

デリケートゾーンのニオイ・かゆみ・黒ずみにPEACH JOHN「デリケートウォッシュオイル」

デリケートゾーン専用ケア商品ランキング

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-臭いの悩み

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.