ミュージック

Re:plyの紹介!国外でも活躍するロックバンド!

更新日:

皆さんは、「Re:ply」というバンドをご存知でしょうか?

YouTubeでの動画投稿を主な活動としている彼らは、YouTuberという顔と世界を視野に活動をしているグローバルな一面とを持ち合わせた、今まさに急成長中のバンドです。

 

先日大阪・阿倍野で行われたシングルリリース記念ワンマンライブではチケットが即完売してしまうほどの人気を集めているのですが、その知名度は今ひとつというのが現状です。

 

これはなんとも歯がゆい…!

 

そこで今回は、まだ彼らと出会ったことのない方へ向けて、そんな彼らの魅力を余すことなくお伝えしていきます!

 

「Re:ply」ってどんなバンド?

koyomi (Vo.)、あべち (Gt.)、sachi (Ba.)、taiga (Key.)、闥也 (Dr.)、8810 (mani.) の6人で活動しているバンドです。

ロックバンドにしては珍しく、指揮者がいる変幻自在のジャンル不特定なマルチロックバンドとして日々音楽に向き合っています。

 

バンド名の「Re:ply」の意味は、「返事をすること」です。

 

その由縁は、彼ら「Re:ply」の音楽のモットーが「聴く人の気持ちに必ず返事をする」から来ているのだとか。

 

その名前に劣らず、彼らを支持するファンは「りぷふぁみ(Re:plyのファミリー)」と呼ばれ、演者とファンとの距離が非常に近いことが彼らの特徴でもあります。

 

その分ファンの声も多分に彼らに届くため、若者を中心に厚い支持を集めています。

 

 

彼らは、一人でも多くの人に自分たちの存在を知ってもらうために、オリジナル曲だけでなく

VOCALOIDやアニメ主題歌のCover動画を”Band Edition”として作成し、その投稿にも力を入れています。

 

彼らのYouTubeチャンネル登録者数は、2018年10月10日現在で「194,539人」を記録しており、その総再生数はなんと「3600万再生」を超えています。

ネット社会にうまく溶け込んだバンドと言えますね!

 

また、ボーカルkoyomiの持ち味である力強くも繊細なハイトーンボイスは、聴く人を圧倒するに間違いありません。ファンからは、彼から放たれる言葉にはどこか言葉にできないような力が秘められているという評価を受けているようです。

 

彼の歌声の凄まじさが最もよくわかるであろう動画の一つに、「【青の祓魔師】一滴の影響(cover)/UVERworld 」というものがあります。

いかがでしょう、かなりのクオリティではないでしょうか?

 

投稿から1年でその再生回数はなんと150万回。

再現するのが難しいと言われているUVERworldの楽曲を、こんなにも上手くcoverしており、またオリジナルに無い彼ららしさも垣間見れて、彼らのバンドとしての技術力は相当なものだと感じさせます。

 

>>そんな「UVERworld」についての記事はこちら!

 

 

ファンがつくのも納得できるこのバンド。

まだ彼らの他の動画を視聴したことがない方はぜひ一度彼らのYouTubeチャンネルを訪ねてみてはいかがでしょうか!?

 

Re:plyってどんな活動をしているの?

では、彼らの活動やその経歴を見ていきましょう!

 

冒頭でご紹介した国外での活動やYouTubeでの動画投稿活動をメインにご紹介していきますが、もちろん日本国内での活動も精力的に行なっていますよ!

 

YouTube上でのバンド活動

彼らの持ち味は、高いクオリティの自身の音楽をより多くの人に知ってもらえる機会が増えるようYouTubeへの動画投稿を積極的にしていることです。

 

彼らのYouTubeチャンネルは多くのファンがチャンネル登録をしており、

オリジナル曲はもちろん有名なVOCALOIDやアニメの主題歌など万人ウケするであろう音楽を日々投稿しています。

かく言う筆者も彼らのことはYouTubeで知り、そのクオリティの高さに驚かされた記憶があります。

 

VOCALOIDに関しては、ボカロ黄金時代と呼ばれた7〜8年前の超有名楽曲から最新の話題楽曲までをCoverしています。

 

ボーカルkoyomiは男性でありながらハイトーンボイスが非常に得意ですから、VOCALOIDをオリジナルと同じキーで歌いこなします。

 

一度聴けば圧巻の一言に尽きること間違いないでしょう。

 

また、アニメ楽曲臭いてもそのチョイスが絶妙で、そのアニメを視聴したことのある人はもちろんですが、

アニメは知らなくても原曲を歌うバンドのファンからの支持が厚い楽曲を選びます。

彼らのYouTubeチャンネルの成長は止まることを知りません!

 

まだ彼らのYouTubeチャンネルへアクセスしたことのない方は、これを機会にぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

国内でのバンド活動

Re;ply公式サイトに、主な活動遍歴が掲載されていましたのでこちらから今年2018年の主な活動をご紹介しますね!

 

2018年1月

自主企画「“りぷふぁみ大家族化計画vol.1”~ネットからリアルへ!~」を開催!SOLD OUT!
Cover動画「【NARUTOメドレー】暁がバンドで演奏してみた」が300万再生突破
BARKSにて「Re:plyのマジレス!」連載開始

 

2018年2月

名古屋の超大型サーキットフェス「でらロックフェスティバル」に出演
Cover動画「【君の名は。】前前前世/RADWIMPS(Cover)」が200万再生突破
Re:ply Cover Album「RE:VOCALOID」Release Party~東京編~を開催!SOLDOUT!
YouTubeチャンネル登録者数15万人突破

 

2018年3月

Cover動画「【オリジナルMV】脳漿炸裂ガール Band Edition」が200万再生突破
Re:ply Cover Album「RE:VOCALOID」Release Party~大阪編~を開催!
初の海外ワンマンライブ「RE:PLY MINI CONCERT」をマレーシアにて開催
海外イベント、マレーシア「CS2春漫祭」にゲスト出演       (後述します)
初のボカロカバーアルバム「RE:VOCALOID」発売
ファミラジにて「シャルル」放送

 

2018年4月

自主企画「“りぷふぁみ大家族化計画vol.2”~ネットからリアルへ!~」を開催!SOLD OUT!
ベトナムのホーチミンにて開催の「Japan Expo VN 2018」にゲスト出演
ファミラジにて「太陽系デスコ」放送
東京流通センターにて開催の「M3‐2018春 第41回即売会」に参加

 

2018年5月

マレーシアのJ-Pop Culture ShopにてRe:plyのCD取り扱い開始!

 

2018年6月

YouTubeチャンネル登録者数17万人突破

 

2018年7月

自主企画「“りぷふぁみ大家族化計画vol.3”~ネットからリアルへ!~」を開催!SOLD OUT!
YouTubeチャンネル登録者数18万人突破

 

2018年8月

New Single「決意の旗」release
Re:ply New Single「決意の旗」発売記念ワンマンライブ~東京編~を開催!
1st Full Album「WHIGH ANCHOR」発売決定!
アルバム発売に伴い全国ツアーの開催決定!

 

2018年9月

Cover動画「【NARUTOメドレー】暁がバンドで演奏してみた」が400万再生突破
Cover動画「【東京喰種トーキョーグール】unravelバンドで演奏してみた」が450万再生突破

 

 

凄まじいですね…!

知名度とは裏腹、なんとあのKANA-BOONやSISHAMOなどといった大物アーティストが名を連ねるファミラジ(全国のファミリーマートの店内放送)に出演していたり、大型フェスに出演したりと、活動内容はもはやメジャー級です。

どうやら活動の拠点は関東圏らしいですが、しかしイベント開催等々はまさに東奔西走。

全国津々浦々に彼らのファンがいることを物語っています。

 

そしてやはり目立つのはYouTubeの動画活動。質が高い動画だけあり、その反響も相当なものです。

動画再生ページのコメント欄は彼らのファンからの賞賛でいっぱいですし、注目されているということが良くわかります。

 

 

また、ボーカルkoyomiは定期的にツイキャスにて配信をしており、国内ファンとの交流は密に行なっているようです。

ファンを大事にするのも一流バンドマンである証ですね!

 

活動範囲は国外に至る!

なんと彼ら、活動は国内にとどまりません。

 

こちらの動画は先日行われたマレーシアでのワンマンライブ、「RE:PLY MINI CONCERT」の模様です。

 

ご覧いただければわかる通り、海外にも関わらず会場は観客で超満員。

結成5年にして彼らはいったいどれだけの影響力を持っているのか、驚かされるばかりです。

ライブではボーカル始め各々が非常に堂々とパフォーマンスをしており、ある種の貫禄さえ感じさせますね!

 

マレーシアでは日本のアニメが絶大な人気を誇っていることもあって、Re:plyのようなアニメの楽曲をカバーすることに長けているバンドはやはり人気になりやすいのでしょうが、それでも海外へ目を向けるというのはかなりの勇気です。

そしてそれを成功に収めるという行動力とカリスマ性。

 

す、すごい…!!

 

これからどんどん成長していくこと間違いありません。売れるバンドの要素が全て揃っているといっても過言ではないでしょう。

より多くの人に彼らの音楽が届くように、筆者も心の底から応援しています!

 

まとめ

いかがでしたか?今並みに乗っているバンド、「Re:ply」の魅力が伝わったでしょうか。

 

彼らはCover動画で人気を博しているバンドですが、オリジナル曲のクオリティもかなりのものです。

下にリンクを貼っておきますから、興味が湧いた方はぜひ一度彼らの音楽を体感してみてください。

 

ボーカルkoyomiが放つ言葉に宿る力をきっと感じることができるでしょう!

今後の彼らのさらなる活躍に期待したいですね!

 

>>【Original Song】dateline / Re:ply

>>【Original Song】Fight Till The End/ Re:ply

>>【Original Song】決意の旗 / Re:ply

  • この記事を書いた人

otoHa

大阪府内で学生をしてます。趣味は歌とギターと映画鑑賞です。いろんなことに興味があるので、面白い情報を見つけ次第発信していきます!

-ミュージック

Copyright© 情報ランキングサイト・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.