トレンド

コーヒー豆・コスパで選ぶならこれだ!

投稿日:

 

「コーヒーが好き!」このような人はたくさんいますよね。

 

かくいう筆者もコーヒーが好きで毎日のように飲んでいます(笑)

 

でも、このように毎日コーヒーを飲んでいるとすぐにコーヒー豆が底をついてしまう。

そんな時に節約と思って豆の量を減らしてドリップする人もいます。

 

はっきり言います!!

 

 

そんなことしたらせっかくのコーヒー豆が台無しですΣ(・□・;)

 

 

コーヒーを淹れる道具それぞれに適切なコーヒー豆の使用量が決まっています。

決まった量で入れたコーヒーは格段に美味です!

 

今回はコーヒー豆の量を心配せずに使えるコスパ最高のコーヒー豆を紹介します。

 

これを知れより豊かなコーヒー生活が送れるのは間違いなしです!!!

 

 

 

澤井珈琲 コーヒー豆2種類セット2kg

創業36年のコーヒーと紅茶の専門店の澤井珈琲は砂糖を入れなくてもコーヒーの持つ本来の甘さと味わいで飲める「マイルド」な味わいを大切にしている専門店です。

 

そんな澤井珈琲のコーヒー豆2種類セット2kg。

 

 

2kgで2800円前後と手が出しやすい!

 

 

ブレンド・フォルテシモは優しい口当たりが特徴でコーヒー本来の甘みが際立つように丁寧にブレンドされたコーヒー豆です。

ビクトリーブレンドは深く丁寧に焙煎する事でカップから溢れ出すような香りが特徴でカフェオレなどのようにミルクとの相性が良いコーヒー豆です。

2kgもあるので1日4杯飲んでも1ヶ月以上楽しめます。

 

 

また、コーヒー豆は焙煎をした後から香りの劣化が始まります。

つまり焙煎後すぐが一番香りを楽しめるんです。

 

澤井珈琲では注文が入ってから焙煎を行うので、焙煎してから手元に届くまでの時間が短く、自宅にコーヒー豆が届いた時に封を開けて漂う香りはもうなんとも言えませんよ!!!

 

こんなにコスパが良いのにここまで高品質のコーヒー豆がある事に驚きでした。

 

KIRKLAND シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンドコーヒー 907g

一般的にはコストコで購入できるカークランドのコーヒー豆。

あのスターバックスと同じコーヒー豆がこんなにコスパが良いなんてビックリですよね(笑)

 

 

907gで1800円前後。

 

 

この価格でこの量ならスタバ好きなら是非ともオススメです。

種類もハウスブレンド、エスプレッソブレンドがあります。

 

個人的なオススメはエスプレッソで入れないのであればハウスブレンドが程よいコクと酸味でオススメです。

実は筆者はスタバ好きの友達にこのコーヒーを出したのですがその友達は安いハウスブレンドとは気付きませんでした(笑)

 

それくらい高い品質なので、「安いコーヒー」とばかにされることもまずありません。

 

藤田珈琲 プレミアムラオスブレンド2kg

1963年に大阪で開業した喫茶店をスタートに、喫茶店時代の「こだわり抜いたコーヒーを丁寧に提供すること」「家族のために励むこと」を大切にしている専門店です。

 

インドシナ半島のラオスのコーヒー豆を使用することでバランスの良い味に仕上げたこのコーヒー豆はコーヒー初心者にもオススメできるコーヒー豆です。

 

 

値段も2200円前後で手頃な値段です。

 

 

コーヒー豆をたくさん買っても保存に困ることってよくありますよね。

 

しかしこちらのコーヒー豆は500g毎に分けられた袋の正面にアロマフィンバルブが付いておりコーヒー豆から出たガスが外に出て、逆に外の空気が中に入ってこないようになっています。

 

これでコーヒー豆の鮮度を長い間保てます。

 

加藤珈琲店 世界規格Qグレード珈琲福袋(お菓子・Qグァテ・Qケニ・Qマンデ・Qタンザニア各500g)2kg

QグレードとはSCAA(アメリカスペシャリティコーヒー協会)のカッピング採点基準に基づき80点以上の評価を得たコーヒーロットに与えられる称号です。

 

そんな世界のコーヒー鑑定士が認めた最高品質のコーヒー豆を3800円前後で飲むことができるなんてすごくないですか?

 

コーヒー豆の種類も4種類あります。

 

グァテマラ

フローラルのようなアロマ感とチョコレートのような程よいコク、明るい酸味が特徴です。

 

ケニアはフルーティーな風味と重厚なコク、柑橘系のような酸味が特徴です。

 

インドネシアマンデリン

豊かで甘く滑らかな風味、ダークチョコレートのような深いコク、ほのかなスパイシー感が特徴です。

 

タンザニアキリマンジャロ

芳ばしい香り、クリーミーな口当たり滑らかな甘い風味、ソフトな酸味が特徴です。

 

個人的にはバランスの良いタンザニアキリマンジャロがオススメです。

 

また、このセットではコーヒーにあうお菓子のプレゼントがあるのが嬉しいですね(笑)

 

信州珈琲 信州珈琲オリジナルブレンド200g×5パック1kg

信州をテーマにした6種類のブレンドを販売している専門店です。

このセットでは6種類の中から5種類のコーヒー豆を選ぶことができます。

 

値段も3800円前後です。

 

信濃路ブレンド

コロンビアの豆をベースとしており深い焙煎を行うことで苦味と酸味を抑えた甘みとコクが特徴です。

 

軽井沢ブレンド

マンデリンの豆をベースに浅い焙煎を行うことで酸味とコクが特徴です。

 

上高地ブレンド

グアテマラの豆をベースにしており浅い焙煎で酸味が際立っているのが特徴です。

 

白樺ブレンド

キリマンジャロの豆をベースに深い焙煎によって酸味を抑え苦味とコクを際立たせたのが特徴です。

 

浅間ブレンド

ブラジルの豆をベースに深い焙煎によってコクと深みを際立たせているのが特徴です。

 

そよ風ブレンド

ブラジルの豆をベースに深い焙煎を行い、甘み、酸味、コクをバランスよくブレンドしているのが特徴です。

 

 

こんなにたくさんの中から自分の好みのブレンドを探せるのはワクワクしますよ!

 

 

 

コスパよりも質を求めたいあなたへ

いくら安くてもやっぱり美味しいものを選びたい・・・。

 

そんなグルメなあなたに筆者がぜひオススメしたいコーヒー豆が二種類あります。

 

まずは豆香洞コーヒーです。

 

福岡の白木原駅のすぐ近くにあるコーヒー専門店でオーナー焙煎師の後藤さんは2018年2月6日のTBSテレビ「マツコの知らない世界」に出演された方です。

 

もしかしたら、この記事を読んでいる方の中にも見たことある人がいるのでは?

 

なんと言っても後藤さんは2013年のフランスでの「World Coffee Roasting Championship 2013」で優勝しており、焙煎においては世界的に有名な方です。

 

そんな後藤さんが焙煎を行う豆香洞では数々のコーヒー豆がありますが、まず1番に飲んで欲しいのは豆香洞ブレンドです。

 

豊かなコクが口の中に広がりバランスの良いコーヒー豆となっています。

 

ネットでの販売もしているので興味がある人は是非ともどうぞ!

 


 

次にオススメするのはスペシャリティコーヒーの先駆けともなった丸山珈琲です。

 

軽井沢から始まったコーヒー専門店で創業者の丸山さんはコーヒー豆の国際品評会の国際審査員であり、丸山珈琲のバイヤーも行っていて年の半分近くは海外で過ごしているそうです。

 

そんな丸山さんが独自のルートで調達し厳選したコーヒー豆を扱っています。

 

ここの1番のオススメはなんと言ってもコーヒー豆の種類の多さです!

 

なので、自分に合った味を探してみるのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

今回ご紹介した、コスパ最高のコーヒー豆は以下の通りです。

 

・澤井珈琲 コーヒー豆2種類セット2kg

・KIRKLAND シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンドコーヒー907g

・藤田珈琲 プレミアムラオスブレンド2kg

・加藤珈琲店 世界規格Qグレード珈琲福袋(お菓子・Qグァテ・Qケニ・Qマンデ・Qタンザニア各500g)2kg

・信州珈琲 信州珈琲オリジナルブレンド200g×5パック1kg

 

そして、コスパよりも質を求めるのなら

 

・豆香洞コーヒー

・丸山珈琲

 

一概にコーヒーと言ってもお店もたくさんありますし、種類もたくさんあります。

 

毎日コーヒーを飲むような人達にとって、量もたくさん入っていて、なおかつ美味しいコーヒー豆は本当に嬉しいです。

 

そんな人達のために今回はコストパフォーマンスが非常に良いのコーヒー豆を紹介してきました。

 

今回の記事をコーヒー豆を買う基準にしていただけたら、筆者としてこれほど嬉しいことはありません!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

otoHa

大阪府内で学生をしてます。趣味は歌とギターと映画鑑賞です。いろんなことに興味があるので、面白い情報を見つけ次第発信していきます!

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.