デリケートゾーン

デリケートゾーンが臭い!痒い!~アソコの病気と症状~

更新日:

陰部や腟に痒みを生じたりおりものに異常がある場合、一時的なものや自然に治まるものもありますが、

中には病気が原因で痒みを生じているものがあります。

デリケートゾーンの痒みや普段と違った症状が長く続く場合は、専門医に相談しましょう。

[toc]

デリケートゾーンによくある病気

では実際に、痒みの症状が出る病気にはどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、痒みから考えられる病気に着目していきたいと思います。

 

外陰部がかゆいときに考えられるのは、不潔にしていた場合、逆に洗いすぎなどによる生活習慣が原因である場合、

細菌性膣炎や性感染症といった病気が原因の場合があります。

 

〜生活習慣による主な原因〜

・汗や排便後の処理をおろそかにしたことによるかぶれ

 

・合成石鹸などによる外陰部の洗いすぎ

 

〜細菌性膣炎や性感染症などの病気が原因〜

・細菌性膣炎

細菌性腟炎は一般細菌が増えたためにおこる腟炎です。

誰でも持っているような一般細菌が原因なので、自然治癒することもあります。

症状は軽いことが多いですが、臭い臭いの原因となることもあるため、悩んでいる女性も多いです。

腟炎とこの一般的な細菌は病原性が弱いため、増えても腟内に炎症がおきずに無症状のこともあります。

このため、正確には腟炎ではなく腟症(細菌性腟症)と呼ばれています。

妊娠期のホルモンの影響などで妊婦さんでは特に細菌性腟炎になりやすく、20~30%の妊婦さんは細菌性腟炎になります。

【細菌性膣炎の症状】

細菌性腟炎になっても半数以上の女性は無症状。

自然治癒することもありますが、治療しなければずっと続くこともあります。

魚の生臭い臭いのようなものがしたり、灰白色のおりものが出ることもあります。

また、排尿時にしみる感じがあったり、軽度の痒みが現れる場合もあります。

 

【カンジダ膣炎】

腟カンジダとは、カンジダ菌という真菌によって起こる腟炎です。

カンジダ菌は、健康な人の皮膚や粘膜にも常在し、何らかの要因によって腟内のカンジダ菌が異常増殖すると、腟カンジダを発症します。

また、腟カンジダは治癒しても、ホルモンバランスの変化や免疫力の低下などの要因によりカンジダ菌が異常増殖すると、再発してしまいます。

治療としては、抗真菌薬の腟錠等を使用します。

カンジダ菌は、水虫の原因菌などと同じ真菌で、治療には抗真菌薬を用います。

カンジダ菌には抗真菌剤であるクロトリマゾールなどが使用され、治療期間は6日間を目安としています。

【カンジダ膣炎の症状】

おりものの異常と外陰部や腟内の痒みが出ます。

おりものはヨーグルト状や酒粕状の少しポソポソした状態になることが多く、白色や黄緑色をしています。

割と特徴的なおりものなので、一度でもカンジダ膣炎になったことがある人なら、再発した時にすぐに分かると思います。

再発の方は「絶対またカンジダです」と言って受診されることもあるくらいだそうです。

外陰部の炎症がひどくなると、痒みだけでなくヒリヒリした痛みをともなうこともあります。

 

【淋菌感染症】

淋菌感染症(淋病)は、淋菌(Neisseria gonorrhoeae)による感染症で、主に男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎を引き起こします。

淋菌感染症は、性器クラミジア感染症と並んで、頻度の高い性感染症であり、

淋菌感染者との1回の性行為により感染する確率は30%と非常に高いのが特徴です。

性行動の多様化を反映して、咽頭や直腸感染などの性器以外の感染例が増加しています。

 

【淋菌感染症の症状】

男性と比べて無症状例が多いため、潜伏期ははっきりとしません。

そのため、感染に気づかず、男性の淋菌感染症の感染源となることもあります。

おりものの増加や不正出血などの症状があることもありますが、無症状なことが多いため気を付けなければなりません。

 

【トリコモナス膣炎】

トリコモナス膣炎の原因と感染経路

細菌や真菌を原因とする性病クラミジアやカンジタ膣炎とは異なり、

トリコモナス膣炎は〝トリコモナス原虫〟という原虫が膣に寄生することによって引き起こる炎症です。

トリコモナス症の母親と子(娘)が一緒に入浴し、母親から娘に感染したという報告もあるようなので注意が必要です。

 

【トリコモナス膣炎症状】

トリコモナス膣炎に感染すると膣内の常在菌であるデーデルライン桿菌が死に雑菌が侵入しやすくなるので、

女性の場合は特に〝おりもの〟の臭いや症状に大きな変化が現れるケースが多いようです。

おりものの変化(悪臭/出血 or 黄緑色 or 白く濁った細かい泡状)がでたり、

デリケートゾーンの腫れ・ただれ・痛み・かゆみ・灼熱感などがある場合があります。

また、排尿時の痛みや不正出血出血があったり、性交時に痛み・不快感を感じることがあります。

 

【性器ヘルペス】

単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)、または2型(HVS-2)の感染が引き起こすウイルス性の感染症です。

性器ヘルペスは初めて感染する場合の「初感染」と、

一度感染したのち体内で眠っていたウイルスによって症状があらわれる「再発」の2つにわけられます。

 

【性器ヘルペスの症状】

性器ヘルペスに感染しても約60%の人は症状が出ないので気づきません。

症状が出ない理由は、抵抗力がある、ウイルスの量が少ない、すでに違う型をもっているために免疫力があるなどです。

症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意しましょう。

また分かりやすい場合ですと、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができます。

外陰と膣の入り口に見られます。患部は子宮頚部に及ぶこともあります。

 

【毛ジラミ】

陰毛が直接接触することにより、シラミの一種である「ケジラミ」が感染します。

とても激しいかゆみが生じます。

 

【毛ジラミの症状】

ケジラミは主に陰毛に寄生しますが、肛門周囲、わき毛、胸毛などの体毛や、 時には頭髪やひげにも寄生します。

デリケートゾーンで発生した場合、陰部に激しいかゆみを感じます。

痒みはありますが、湿疹は出ないのが特徴です。

下着に黒色の点状のしみ(ケジラミの血糞)がつくことがあります。

まとめ

デリケートゾーンの臭いや痒みの原因が細菌ではなく、これらのような病気が引き起こす場合もまれにあります。

中にはデリケートゾーンのケアをおろそかにした故の病気もあります。

 

異常な痒みや臭いを感じたら恥ずかしがらずに、早めにまず病院に行くことをオススメします。

でも一番良いのはこんな病気にならないようデリケートゾーンのケアをしっかりする事で病気の予防にも対策にも繋がりますので、臭いが気になると言う方はまずアソコのケアをするべきですね。

「デリケートゾーンのケア」の画像検索結果

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-デリケートゾーン

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.