トレンド

仮想通貨初心者必見!海外の草コインを選ぶ理由

更新日:

仮想通貨は本当に廃れてしまったのか

 

仮想通貨は終わりを迎えてしまったのでしょうか?

仮想通貨の価値も人々の興味も無くなってしまったのでしょうか?

 

そんなことはありません。

海外では特にね。

 

日本人はやはりミーハーが多いです。

根拠もなく流行りに乗っかってしまうことも多々あると思います。

 

一方海外では、because(なぜなら)と、理由を添える習慣があります。

仮想通貨も例外ではなく、なんで好きなのか、なんで投資するのか、なんでこれから来るのか…

こういった、将来を見据えた仮想通貨というものにきちんと向き合っています。

 

以前にも記事でも触れましたね。

【仮想通貨】海外の最新情報を誰よりも早く手に入れる方法

 

海外の情報が常に最先端を走っているのは、それだけ人々が開発したいという意欲であったり、興味があるからこそ話が進んでいくわけで、そこが日本と大きく違った点です。

 

仮想通貨は世界規模で見るとまだまだ熱を帯びています。

日本で「もう仮想通貨はダメだよ」と叫んでいても、母数の大きさを考えれば答えは一目瞭然ですよね。

井の中の蛙とはこのことです。

 

この記事では、あなたが日本国民を出し抜いて、リスクをなるべく抑えながら仮想通貨に投資する方法をお伝えいたします。

 

 

ビットコインは狙うな?小さく勝て!

 

まだまだ仮想通貨は熱いのか!じゃあビットコインにお金を突っ込めばいいのか!というと、必ずしもそれが最適解であるとは限りません。

ここが今回の記事のポイントであり、仮想通貨投資の「戦略」です。

 

ポイントは、小さく勝つこと。

どういう意味かと言いますと、負けても痛くない状況の中で勝つということ。

 

説明しますと、ビットコインはすでに上がっているコイン。

安定はしているものの今の額から0になるなんてことは正直無いとは言い切れないわけで、逆にビットコインがこれから急激に上がるということもまた可能性として低いわけです。

つまりビットコインだと上がり幅が小さいのです。

 

 

対して草コインですと状況は大きく違います。

 

 

もともとの値が低いだけあって、例えば10円のコインが100円近くになるだけで10倍です。

たった90円の差ですが、例えば仮に1万円を投資していたとすれば10万円。

負けたとしても1万円ですし、投資の額としては十分安いと言えます。

 

 

もちろん価格の上下も大きいです。

今や100万円を切っているビットコイン、かつては1コイン200万円の値段にまで跳ね上がっているのでまだ上がる可能性は無きにしも非ずですが、変動の有無としてはやはり草コインの方が可能性としてありえるわけです。

この価格変動の大きさをリスクとして捉えられる方もいらっしゃいますが、むしろそれが投資であり、だからこそリスクヘッジとして負け額をできるだけ抑えるために草コインで狙うのです。

 

 

国内より国外で参戦する理由

 

草コインを選んだ方が良いと分かれば、次はどの取引所を扱うかです。

ここからはそれぞれの国の国内政治が問題になってくることもあります。

簡単な例ですと、先発的なアメリカと違って日本はやはり後発的です。

もちろんいつも先発優位とは限らないのですが、コインの流動性が大きく動くのは前者です。

そういった理由で日本のような新しいものに対して後発的な国から取引所を選ぶというのは、ある意味リスクにもなりうるわけです。

 

 

取引所は海外が狙い目

 

コインの種類もそうですが、取引所もかなりの数があります。

そこで「とりあえずここから始めたらいい」という、おすすめの海外取引所がBinanceです。

2017年7月にできたばかりなのにも関わらず、現在1日の取引高が世界で一番です。

 

 

Binanceをおすすめするのに3つメリットがあります。

 

① 手数料が安い

 

国内ではZaifが最安値をおさえていると有名ですが、それは実は「ビットコインの手数料」なだけです。

草コインをはじめとするアルトコインの手数料は、Zaifだと0.3%以下、Binanceだと0.1%と大幅に安くなっています。

 

ちなみにBinanceは100種類以上全銘柄すべて手数料0.1%均一です。

 

 

② 銘柄が100種類以上ある豊富さ

 

………そうです、100種類以上あります。

サラっと流しそうでしたが、その豊富さたるやそれだけで十分な気がします。

 

草コインがこれだけあるというのは、ある意味「これから数百倍、数千倍に跳ね上がる宝物を探す」ようなもので、実際に2017年注目されたVergeというコインは、1年間で約1,900倍にも跳ね上がっている事実もあります。

 

 

③ 比較的安全面は期待できる?

 

やはり仮想通貨投資で一番の懸念は安全面だと思います。

Coincheckしかり、過去のコイン流出事件は仮想通貨の促進を妨げる他なりません。

しかし一方Binanceでは幾度か不正なアクセスを許すも資金の流出は一度もなく対応してきており、その辺りはかなりの信頼感を抱けるポイントでもあります。

 

 

海外取引所のデメリット(Binance)

 

メリットをつらつらと並べましたが…

唯一のデメリットは「日本語対応していない」ことです。

 

実は以前、日本語にも対応していたのですが、現在は日本語選択ができない仕様になっています…。

 

しかし!

正直そこまで大した問題じゃないです。

難しい単語も出てこないので、単語を拾っていけば雰囲気でやれちゃうものです。

 

 

あと1日の新規登録者数も制限していますが、それも大した問題ではありませんが、若干やっかいなのは「日本円から直接入金・出勤ができない」点です。

国内取引所の経由が必要になってくるので、あらかじめどこかしら国内取引所で口座を開けておく必要があります。

 

 

ここがやっぱりネックになって、やろうとする人がいないというのも事実です。

逆に日本で自分だけが出し抜いて稼ぐなんてことも可能なわけです。

 

 

海外の草コインおすすめ

 

じゃあ数ある海外の草コインの中でどのコインが一番おすすめなの?という質問に対して独断と偏見でご紹介しようと思います。

 

【TRON / TRX(トロン)】

仮想通貨トロンとは中国で生まれたコインです。

トロン開発はちょっと面白いんです。

近頃ではちっとも珍しくもなくなったGoogle PlayやApple Storeですが、これって結局これらのプラットフォームにユーザーが集まってきて、いわば代理店業のような役割を果たしているわけですよね。

簡単に言うとこれを無くそう!という動きです。

 

トロンは、プラットフォームを介さずに直接クリエイターからユーザーへサービスを提供できるシステムを目指しています。

 

かつてCoincheckに上場しようとしたトロンですが…

仮にこれが成功していたとすればトロンは跳ね上がっていました。

 

ちなみにジャスティン・サン氏は超優秀で、学歴はもちろん、今日本でも注目されているリップルに勤めていた経歴も持っており、Forbes誌が選ぶ30歳以下の起業家世界トップ30にも選ばれています。

あの中国で有名なアリババグループのジャック・マー代表と師弟関係でもあります。

注目されないわけがないんですね。

 

そのトロンが今1コインなんと3円。

3円です。

3円なんです。(しつこい)

 

これを例のごとく1万円投資していたとして、30円になったと仮定すると、10倍の10万円です。

ここで負けても例えば、1.8円にまで下がったとしても6,000円です。

負けた気がしないでしょう?

 

これこそが草コインに投資するメリットです。

そこに、コインの選定に対してきちんとコインのバックグラウンドをしっかり落とし込めていれば、ご自身としても納得のいく投資ができるはずです。

 

 

仮想通貨=取引じゃない

 

仮想通貨の良いところは、取り引きで稼ぐだけではありません。

アフィリエイトも充実しています。

 

特に海外だと結構幅広い商材でアフィリエイトが適用されているのが特徴で、この仮想通貨も例外ではありません。

そして今回ご紹介しているBinance、もちろんアフィリエイト制度もあります。

 

Binanceをはじめ、結構多くの海外取引所では「Commission 20%」と書かれてあることが多いのですが、これは「紹介したユーザーが取引所に支払った額の20%がアフィリエイト料として紹介者に支払われる」といったものです。

 

 

まとめ

  • 利益の上げ幅を考えれば草コイン
  • 草コインの豊富さは海外取引所「Binance」
  • しっかり背景を考慮した上でのTRX
  • 仮想通貨はアフィリエイトも充実

 

いかがだったでしょうか。

初心者の方でも始められる投資が仮想通貨の良いところだと思っております。

負けても1万円と思えば安いですし、それが怖ければ5,000円でも別にいいわけです。

 

 

あまり知らないものに対して怖いと感じるのは当然です。

「投資」と聞くと何やらハードルが高いものを感じますが、この仮想通貨というものに関してはかなり初期費用自体がかなり低いためオススメです。

※もちろん投資は自己責任です。

 

海外の取引所で、海外の草コインの中から宝探しをする。

そのマインドがあれば日々チャレンジできることも増えるかもしれないし、あなたも何かできるかもしれませんね。

  • この記事を書いた人

ran

Copyright© ツナガル , 2019 All Rights Reserved.