キャッシュレス決済

【最新情報】ゆうちょPay|2019年最新スマホ決済サービスが便利すぎる

更新日:

【2019年版キャッシュレス】最強のクレカ決済おすすめ人気ランキング

  あなたにピッタリなキャッシュレス決済は一体どれなのか?このページではそんなシンプルな疑問にお答えしていきます。 キャッシュレス化をしたいけど色々ありすぎて、どれにすればいいかわからないっ ...

キャッシュレス(現金を介さないで売買をする)が浸透してきた現代、多くの企業が決済サービスに力を入れています。

 

 

>>キャッシュレスとはなんぞや?という人はここから読んでください!

 

 

クレジットカードやID支払いなんかもキャッシュレスに類するサービスですね。

 

そんな中、日本郵政が展開するゆうちょ銀行からも新たにキャッシュレスサービスが展開されるということをご存知でしょうか?

ゆうちょ銀行独自のスマホ決済サービス。

 

その名も

 

 

ゆうちょPay(略してゆうペイ)

 

 

今回はゆうちょ銀行が独自に開発し展開予定であるゆうペイについて、メリット・デメリットの観点から解説していこうと思います!

 

ゆうペイと相性の良いクレジットカードは楽天カード

>>年会費永年無料の楽天カード

ゆうペイとは?

ゆうペイとは、日本郵政グループが管轄する金融機関・ゆうちょ銀行が手がけるスマホ決済サービスです。

 

利用金額がゆうちょ銀行の普通預金口座から引き落としされるもので、スマホを用いてデビット決済ができるサービスをイメージしているようです。

 

店頭に設置されているQRコードを読み取ることで支払いが可能になるのだとか。

中国で流通しているAlipayやWeChatに似ていますね!

 

このサービスは、2019年2月から開始予定 (2019年5月から開始予定に変更されたようです)だそうで、今まさに開発段階にあります。

 

銀行間や地域間でのサービスの利便性に格差が生じないように全国の銀行と提携を予定しており、このサービスもGMOペイメントゲートウェイという機関との提携によるものだそうです。

 

すでに福岡銀行・横浜銀行では導入されており、今後は熊本銀行・りそな銀行・近畿大阪銀行などの大手金融機関も導入を検討しているとのこと。

 

実現すればかなり便利な世の中になりますね!

 

 

ゆうペイのメリット

ゆうペイという新たなサービスに手をつけようとしても、やはり明確なメリットを分かっていないと手をつける意味がありませんよね。

 

ゆうペイ使ってどんな得あるの?(´・ω・`)

 

気になるメリットをいくつかご紹介していきますね!

 

おサイフケータイ未搭載のスマホでも使える

おサイフケータイが未搭載の機種(古い機種)を使っている人にとっては嬉しいですね!

 

QRコードをスキャンするアプリをインストールできる端末さえあれば支払い手段が一つ増えるわけです!

 

そして、そのアプリのインストールに対応しているOSの要件も厳しくないので型落ち機種でも全く問題ありません。

 

【対応OS】

・iOS:8.0〜 対応可

・Android OS:4.2〜 対応可

 

お使いの端末のOSを確認してみてください。

ほとんどの人がこの要件を満たした端末をお持ちですよ!

 

というわけで、「ほとんどの人が使える」というのがメリットの一つです。

 

機種変更してもゆうペイならめんどくさくない

おサイフケータイの話が出たのでこれに関するメリットをもう一つ。

 

おサイフケータイって機種変更の時の手続きがめんどくさいですよね・・・(´-ω-`)

 

プリペイドタイプならデータを移行し忘れて残金が無駄になったりというのも、よくある話です。

 

そうでなくても、移行せねばならないデータの量がかなり多いので大変な面倒を強いられてしまいます。

 

 

その点ゆうペイは銀行Payであることから、移行に必要なデータの量がお財布ケータに比べて少ないです。

 

具体的には、機種変更した後の新しい端末に同じアプリを入れて、設定してあるIDとパスワードを入力するだけ。

 

これなら他のゲームアプリとかでも良くやることですし、必要な手間はほとんどありませんね!

 

バックアップを取っておけば(機種変更するときにはバックアップとると思いますが)アプリのインストールの手間も省けます!

 

 

なお、古い方の端末を処分する際にはきちんと初期化しておきましょう!

 

 

ゆうペイはクレジットがなくても利用可能

一部キャッシュレスサービスはクレジットカード経由のものがあります。

これではクレジットカードを持っていない人は使えませんし、利用したければカードを発行せねばなりません。

クレジットカードは審査が面倒ですし煩わしいですよね。

 

その点ゆうペイは審査の必要がない支払い方法ですので、誰でも気軽に利用可能です。

 

また、詳しくは発表されていませんが学生でも利用可能になると思われます。

 


 

でもでも。

クレジットカードを使えばさらにお得にキャッシュレスライフを送れることは間違いないです!

やっぱりキャッシュレスはクレジットカードを使うべき・・・!

 

>>お得なクレカがたくさん!?詳しくはここから読んでみてね(`・ω・´)

 

セキュリティ面で安心

クレジットカードで支払う場合、カードを店員に一瞬預けなければいけませんよね。

そのとき、何と言ってもスキミング(情報を盗まれること)が心配です。

 

ゆうペイは支払い端末を店員に預けることが不要なので、データの盗難や不正利用につながるリスクが極めて低い安全なサービスであると言えます。

 

個人情報も第三者に渡ることがないので、セキュリティ面では固いサービスですね!

 

現金のめんどくささがナシに!

キャッシュレスの最大のメリットはこれです!

現金を持ち歩いたり、レジ前でお金を数えることが不要なのはデカいですよね♪( ´▽`)

 

また、現金払いのみだとお財布の中身がどんどん減ってATMで現金を補充しなければいけなくなります。

それもまためんどくさいですよね・・。

 

こういった時間を省けることで、やりたいときにやりたいことができる生活を送ることができます!

ストレス対策にもなりますね(笑)

 

【公式】→スマホ決済サービス「ゆうちょPay」の開始に向けて~銀行間相互連携を実現し、更なる利便性の向上を図ります~(PDF/187KB)

 

ゆうペイのデメリット

メリットばかりに目が行っていると冷静な判断はできません。

デメリットもしっかり知って納得した上で行動に打つづことが何事も肝心になります。

 

そこで、ゆうペイのデメリットもメリットと合わせていくつがご紹介していきますね!

 

ゆうペイが利用可能な店舗は限定的

ゆうペイが使える店舗は加盟店だけになります。

新参者の支払い方法ですから、世間に浸透するまではかなり限定的な場面でしか利用できないでしょう。

 

楽天スーパーポイントやdポイントのように全国的に流通してくれれば、ゆうペイの利用価値もかなり向上することと思いますがそれは展開されてしばらく様子を見ないとなんとも言えません。。。

 

ただ、ゆうちょ銀行は全国各地に点在している大企業ですから、それなりに名前もあります。

 

このネームバリューに期待して先駆けて利用を開始するという選択も悪くはないのかもしれませんね。

 

ゆうペイには還元システムがないかも?

詳しくはまだ未発表ですが、ゆうペイが横浜銀行などと同様のサービスになるようですと、ポイント還元のシステムが採用されないかもしれません。

 

現に、今全国で流通しているキャッシュレスサービスには楽天スーパーポイントやdポイントなどのポイント還元機能が備わっています。

 

 

使うからには得したいわぁ( ´Д`)y━・~~

 

 

1円も得をしないなら、わざわざアプリを取る手間なんてかけたくありませんよね。

 

情報が開示されるまでなんとも言い難いですが、もし利用しても還元してくれるようなシステムがなければ筆者は利用を考えません・・・!

 

ガラケー利用者には使用不可

スマホがこれだけ普及した世の中でも、高齢の方なんかはまだガラケーを愛用しているということも多いでしょう。

 

ゆうペイはスマホ限定の決済サービスですから、ガラケーユーザーには全く関係のないサービスです。

 

したがって、利用できる人とそうでない人が明確に線引きされてしまいます。

 

ちなみに、スマホはスマホでもwindowsスマホでは利用ができないそうなのでご注意ください!

 

 

クレジットカードでさらにお得に?!オススメクレカ詳細

一長一短のゆうペイ。

キャッシュレス化が浸透していく現代社会の中で、より”賢くお得に”キャッシュレス生活を送るためにどうしても外せないツールがクレジットカードです。

 

今ではクレジットカード各社も利用者にかなり寄り添ったサービスを展開しており、その中でもここに挙げる3つは筆者が自信を持ってオススメできるものです!

 

一長一短のゆうペイもいいですが、より優れたキャッシュレスツールも併用していくのが賢いのではないかと思ってご紹介しようと思います(=゚ω゚)ノ

 

オススメ度 ★★★ :楽天カード

 

現金払いが主流であった今までの生活からキャッシュレスに移行するのであれば、利用するぬあたってメリットが多いければ大きいほどうれしいものです。

 

そこでまず真っ先にご紹介するのが楽天カードです!

 

 

楽天カァァドマァァァン♪(`💳 ω 💳´)ムムッ

 

 

でおなじみのこのクレジットカードは、何といっても年会費が永年無料なのが強みです!

 

また、国内最大級のネットショップである楽天市場では対象商品を楽天カード決済で購入すると楽天スーパーポイントが10倍付与されるんです!

 

通常商品でも何を買っても2倍のポイントが付きますから、ネットショッピングをする人であれば強い味方になってくれそうなカードです。

 

さらに、電子マネーEdyも標準搭載ですので普段のちょっとしたお買い物も一気に便利になること間違いありません!

 

ちなみに、ポイントは基本的に100円で1ptたまり、1pt=1円としてお買い物に使えます!

 

オススメ度 ★★☆ :Tカード

 

よくお買い物の際に「Tポイントカードはお持ちですか?」と聞かれるかと思いますが、それ、これです。

 

このTカードは若い人(特に25歳以下)に非常に強いカードで、実はこの年齢層の人が利用すると無条件でTポイントが2倍付与されるんです!(ファミリーマートでのお買い物限定)

 

ポイントは200円ごとに1ptというレートが基本ですので楽天カードに比べたらポイント稼ぎには向かないかもしれませんが、ポイントカードからクレジット御カードへの切り替えが容易にできますので、初めてクレジットカードを持つという人にとってはかなりハードルが低いものだといえます!

 

オススメ度 ★★☆ :ミライノカード

あまり聞きなじみがないかな・・・?と思われるこのカード。

 

実は隠れた名カードであることを皆さんはご存知ですか??

 

ネット銀行で最強として有名な住信SBIネット銀行と連携していたクレジットカードが2018年1月をもってサービス終了してしまいましたが、ミライノ カードはその後続カードとして発行されたものです。

 

今回はポイント付与にフォーカスして紹介しているので、このミライノカードに関してもどの程度還元されるかをお伝えします。

 

ミライノカードには、独自の「ミライノポイント」というポイントシステムが実装されており、200円で1pt貯まるようになっています。(このへんはよくあるクレカと同じ。)

 

しかしこのミライノポイントは、1pt=1円で現金と交換できるのが最大の特徴でありメリットであります!

 

貯めたポイントをポイントとして利用するのではなく、現金として還元されるのはネット銀行の強みといえますね!!

 

そもそもキャッシュレスって?

色々お話ししてきましたが、そもそもキャッシュレスってなんなんでしょう?

 

漠然と・・・

 

 

現金を使わなくていいヤツのことでしょ?笑

 

 

と思ってる人に向けて、今一度キャッシュレスサービスとは何か説明しますね!

 

キャッシュレスとは、文字通り現金を使わない支払い方法のことです!

 

 

あってるんかい( ゚д゚)w

 

いや、合ってるんですがそれだけではここまで社会で浸透しなかったはずですよね?

 

キャッシュレスの魅力といえばやはり「お得」になることが多いということです。

 

世の中に普及しているキャッシュレスは、会員にポイントや商品券など何かしらの形で還元されるものです。

 

ですから、今回取り上げたゆうちょPayにも還元システムあるのかどうかがかなり気になるわけです!

 

一方で、ここで取り上げているクレジットカードは還元システムに関しては超一流ですので利用検討の価値は大いにあるといえるでしょう!

OrigamiPayで外食費節約!わかりやすい使い方解説

OrigamiPayは支払いが便利なだけでなく、買い物や外食で割引してくれるキャンペーンやクーポンを使って節約できる方法があるのを知っていましたか?これからその方法についてわかりやすく説明するの ...

 

ゆうペイまとめ

2019年2月に展開予定のゆうちょPay(ゆうペイ)。

そのメリット・デメリットはおわかりいただけましたでしょうか?

 

詳細が明かされていない分まだ不透明なこともあるかとは思いますが、可能な限り事実を述べてきました。

今後のゆうちょからの情報に注目しつつ、検討することをお勧めします!

 

>>SOFTBANKとYahoo!の共同電子決済システム「paypay」って?

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-キャッシュレス決済

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.