子供向け英会話

英会話で子供をバイリンガルに育てたいパパ・ママ必見!

更新日:

 

これからのグローバル社会…

 

自分の子供には世界で羽ばたく大人に成長してほしい!なんて思ってらっしゃる親御さんはたくさんいらっしゃいます。

 

 

小学校英語教育の導入もありますし、英会話を始めるのは早ければ早いほど良いのでしょうか?

 

賛否両論ありますが、今回は「子供をバイリンガルに育てたい!」と意気込む親御さんがいかに戦略的に理にかなった方法でお子さんを教育するべきなのかを記していきたいと思います。

 

英会話はできて当然?でもどうやって?

 

大人でも習得するのに苦労している日本で、どうやってこれからの子供たちに英語をマスターさせるの?

 

そんなことに興味のあるあなたにオススメの記事です。

 

>>子供に英語を学ばせたい!効果のあるオンライン英会話とは?

 

子供が英会話を学ぶメリット

お子さんに何か習い事をさせるには、親御さんが納得す良なメリットがあることが必要ですね。

 

ではまず、これからの子供たちが英会話を学ぶメリットって一体何なんでしょう?

 

職業の幅が広がる

当然ですが、英語ができれば英会話ができない人のために海外の窓口に立って活躍することができます。

 

そうでなくとも単純に英語ができるというだけで選択肢が広がるのは間違いありません。

 

日本に住まなくても海外で生活もできますし、固定された生活というのがなくなり、生きていくための手段という意味でも職業の幅は英語を話せない人の何倍にも増えます。

 

寛容力のある子供に成長する

異文化理解というやつですね。

 

英会話ができるというのは単に語学力を磨くだけではありません。

 

相手があってこそのコミュニケーションツールであり、会話です。

 

相手の育ってきた、また今住んでいる文化を理解するということは、言い換えれば「相手のことを考え、思いやる」ということであり、寛容力のある人にすくすくと育っていきます。

 

感情表現や意思表示のできる子供になる

よく海外の人はストレートだと言いますよね。

表現が直接的だとか。

 

言語の特質上そう言わざるをえないというのが答えなのですが、それはさておき、他国の言語を扱う子供は感情表現や意思の表示をしっかりする人に育ちます。

 

日本人はやはり謙虚で、控えめになってしまう傾向がどうしてもあります。

 

それを逆手にとって、ストレートに表現せざるをえない言語である英語で話す環境で育てば、それはきちんと自己を表現できる人になります。

 

逆に「空気が読めない」と思われがちですが、上記にもありましたが「職業の幅が広がる」ので、仮にその職場が合わなければご自身に合うような環境を探せばいいだけなので特に問題はありません。

 

どの英会話教材を選べばいいの?特徴は?

なるほど・・・!

確かに子供には英会話をやらせたほうがいいかもしれない!

 

でも、何をやらせればいいのかわかんない・・・。

 

英会話教材っていろいろありますよね。

 

DVDやらテキストやら、オンライン英会話なんかも最近はやってきましたが、実際それぞれはどういう特徴があって、どういう風に使えばよいのか…

 

 

選択肢が多すぎてよくわからない・・・(´・ω・`)

 

 

ということで、そのあたりについて触れていこうと思います。

 

CD・DVD

 

CDやDVDの特徴はやはり視覚・聴覚に働きかけることにあると思います。

 

つまり、

 

・流しておくだけでOK

・自然な形で学習できる

・場面を選ばない

・持ち運びも可能

・車の中、旅行先でもできる

 

こういったことは親御さんにとっても、お子さんにとってもメリットだと言えます。

 

デメリットとしては、結局親御さんがどの素材を扱うかを選ばなくちゃいけないということが挙げられます。

しかし、いくつ所持していてもそんにはなりませんし、目につくものはだいたい人気商品というのは間違いがありません。

 

ものによってはコストも結構するものもありますが、それは中古入手したり知り合いに譲ってもらったりと、それなりの手段があります!

 

テキスト

 

絵本やら何やら文字で働きかけるタイプの教材です。

 

当然ですが、お子さん自身がそのテキストに興味を持たなければだめです。

 

 

しかし一方で、並べて置いておいて子供が積極的に興味を持って好きなものを視覚的に選べるというのはメリットです。

 

今日はこの本、次はこの本…こういう風に楽しみながら学べるようにしてあげるのが親御さんのしてあげられる工夫だと思います。

 

オンラインレッスン

 

大人の方でも最近はやっているオンライン英会話。

 

これはさすがに適した年齢というのがありまして、0~3歳だと集中が続かず、そもそも英語話せないというのがネックとなり不適切です。

 

おおよそ母国語も理解し始めた4~6歳がスタートに適切であると言えます。

 

メリットとしましては「英会話スクールよりも安い」「時間に融通が利く」というのがあり、非常にお得です。

 

例えば1日に25分英会話を毎日続けても1ヶ月で5,500円ほどのところもあります。

英会話に、月に1万円も使わずしっかり学ぶことが可能な時代となりました。

 

 

若干困るのは、英会話講師の方がどういった授業をされるのかという質の部分で分からなかったり、仮に人気の講師だとすれば予約が取れないこともあります。

 

もちろん講師によって合う合わないがありますので、探っていく他なさそうです。

 

お子さんの年齢に合った英会話学習法を!

ひと言で「英会話」と言えど、もちろん年齢に見合った英会話学習法というのが存在します。

 

えっ、話せば出来るようになるんじゃないの?と思われる方が多いのですが、一概にそうとは言い切れません。

幼児、児童、青年、大人、老人などなど、老若男女一人ひとりに合うように勉強法を確立する必要があります。

 

英会話力がグングン伸びるクリティカルピリオドって?

 

クリティカルピリオド(臨界期)とよばれる年齢を過ぎると言語の習得が不可能になるという仮説である。

<参照:臨界期仮説

 

日本語で臨界期と呼ばれるこのおおよそ5歳から12歳までのゴールデンタイムに、子供たちは母国語をはじめとした言語をどんどん学んでいきます。

 

子供の中でもアプローチが違う?

ひと言で「子供」としてしまうのには大雑把すぎます…。

 

そもそも子供、幼児とはまさに成長している過程であることを前提に話を進めるべきで、多くの人たちはそれを無視してしまっています。

 

なので、年齢ごとの特徴、成長過程を踏まえて、それに見合った勉強法というものを提示していきたいと思います。

 

0~2歳

生まれてすぐですと、物を「認知する」という段階です。

 

脳も当然に未熟ですし、せいぜい共通の認知した物を指さしたり、簡単なレベルの単語を理解したり、誰が親か、自分というものを認知する年齢にあたります。

 

1歳になる頃には1語もしくはそれ以上の単語を口にすることができるようになります。

2歳になる頃には、単語と単語を組み合わせただけのような文章を扱い始めます。

 

こういった段階では「音遊び」をすることが大きく影響を与えます。

 

 

当然ですが、赤ん坊に大人と同じように英語を教えたって「???」なわけです。

 

音で興味を引き付け、英語特有のに慣れさせることが大切なポイントとなってきます。

 

3~5歳

この時期から子供は短い文章を扱い始めます。

 

ここからブーストをかけていい時期です。

 

言い換えれば興味さえ持たせればどんどん突き進む時期なので、お子さんが楽しい面白いと思えるようなテーマを扱えば良いです。

 

 

有名どころで言うとディズニーのシリーズがそうですね。

夢を見せてくれる国だけあって、子供が興味をひくようなエッセンスがたくさん詰まっています。
(※価格はミッキーびっくりのリアルさ……)

>>子供・幼児英語教材「ディズニーの英語システム」

 

胎児教育|お腹にいる時から英語を!

実は妊娠中のママにも朗報が!

 

胎児はもちろん外の音が聞こえにくいというのがありますが、まだ生まれてきていない赤ちゃんに英会話教育をすることができます。

 

驚くことに、妊娠6ヶ月頃には聴覚や脳の形成はできているというのです。

 

 

発達はもちろんしていないものの、一番最初の刺激として聴覚が備わっているため、直接赤ちゃんに音を届けることができるお母さんの声というのがとても大事になってきます。

 

つまり、腹壁から聞こえるBGMだったりとかはあくまで聞こえづらいので、英語を聞かせるには「お母さんの声」である必要があります。

 

 

ということは・・・(´-ω-`)?

 

 

そうです!

 

ママが妊娠中に英語に触れれば、赤ちゃんの英会話教育にもつながるということです!

 

学生時代英語が嫌いだった人も、可愛い我が子のためにちょっとだけ頑張ってみましょう!

 

 

子供を英会話に目覚めさせる環境づくり

先ほどにも述べましたが、お子さんが英語に触れやすい環境を整えることが必要不可欠です。

 

 

子供は非常に感情に左右されます。

 

子供が嫌がってしまえば、意地でもやりません。

しかし、興味があるものには我を忘れて没頭する子がほとんどです。

 

お子さんの気持ちをうまくコントロールして、英語がやりたい!と思えるような環境をぜひ作ってあげてください。

 

そのためには以下の3つの要素が大事です。

 

話し相手

話し相手がいなければ会話は成り立ちません。

 

最初の内は親御さんが一緒にお勉強してあげてください。

 

そこから徐々にネイティブの先生(オンライン英会話など)へシフトしていくと良いでしょう。

 

題材(トピックス、教材)

もちろん楽しいトピック、英会話教材がなければ子供は集中しません。

 

ディズニーをはじめとした教材でお子さんと楽しく英語を勉強なさってください。

 

話す場

話す場所にも考慮が必要です。

 

例えば大人のあなたでも日本語で話すのは楽ですよね。

子供も同じで、疲れてしまうと日本語にシフトしてしまい、ぐずって英語で話したくなくなってしまいます。

 

そのためにも、英語を継続的に使いたいと本人に思わせるようなイベントやコミュニティーを探す必要があります。

 

そういった意味でも、英語のみを扱った英語キャンプやサマースクールを利用されると良いでしょう。

※都内のサマースクールは特に人気ですのでお早めに!

 

もしも見つけられなかったり満員だったとしても、オンライン英会話の講師さんからいろいろ耳寄りな情報が得られたりします。

そういった意味でもオンライン英会話というのは非常に情報収集に長けたツールだと言えます。

 

まとめ

  • 年齢に応じた英語勉強法がある
  • 聴覚を刺激するために音遊びから始める
  • 子供の興味、モチベーションを維持させることに集中
  • 子供が自ずと突き進む環境づくりが大事

 

いかがでしたか?

英語とひと言で言えども、アプローチの仕方が異なります。

ポイントは「お子さんと二人三脚で」ということだと思いますが、ぜひ楽しく学んでいっていただきたいと思います。

 


 

最後にどうしても言いたいことがあります。

お子さんに期待しすぎないこと、です。

 

どうしても子育てに力んでしまうご家庭が多い印象ですが、本来そういうものではありません。

 

お子さんに好きなものを好きなだけ学んでもらう、その上で選択肢が広がる英語ってとてもレバレッジが大きい…ただそれだけのことだと思います。

 

教育熱心な日本人はステキですが、あまりにプレッシャーを与えてしまっては意味がありません。

 

ぜひ「楽しく」をモットーにお子さんと二人三脚で英会話を学んでいってくださいね。

  • この記事を書いた人

zakiyama

英会話の専門家・ネイティブとしてDMMなどで翻訳業務をこなしている。

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.