トレンド

鬱病で今の会社を退職するなら、迷わず傷病手当を申請せよ!

務めている会社でのパワハラや、人間関係が上手くいかず鬱病などの精神疾患を患い会社に行くことができず、心療内科や精神科に通院していて、退職を考えている方の中で、傷病手当制度を知らない人が多いようです。

 

 

鬱病は心と脳の病気です。

 

 

 

大人は「鬱は甘えだ!人間はみんな我慢して働いているんだ!」と言ってきますが、人間には合う人、合わない人がいて当たり前なんです。

 

 

そんな古い考えを押し付けられるこっちはひとたまりもありません。

 

 

 

それに誰だって風をひいたり、病気になったりするでしょう?

 

 

 

鬱病は、風邪と同じように、誰しもが患う可能性のある病気なんです。

 

 

鬱病を患ってしまったら、まず会社を休む手続きをするか、「鬱病なんて気合で治る」と説いてくる会社は、辞めることも検討すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだら終わりでしょう?

 

 

 

 

今回は鬱病を患ってしまい、退職を考えながら通院している方のために、プロニートが損をしない退職の方法を教えます。

 

 

 

会社を辞めようと思ったら

 

鬱病や他の病気や怪我で、会社を休んだり退社をすると決めた場合、ほとんどの方は「傷病手当」を受ける事ができます。

 

傷病手当とは、病気や怪我で働けない場合に、健康保険組合から毎月お金をもらう事ができる制度です。

 

 

助かるけど、なんか難しそうだなぁ・・・

 

傷病手当の申請方法は、それほど難しくありません

 

 

 

しかし、いくつか重要な注意点があります。

 

注意ポイント

・1年以上、健康保険を支払っている事

・4日以上、会社を休んでいる事

・病気や怪我で会社を休んでいる事

・休業中に給与の支払いがないこと

・通院歴があること(6ヶ月だったかな?)

・現在の職場に1年以上勤めている事

 

これらをクリアーしていれば、あなたは会社を辞めても、給与の額の約3分の2相当額が、最大1年6ヶ月の間、健康保険から貰う事ができます。

 

 

更に言えば、その1年6ヶ月の間に病気が治らなかった場合は、障がい者年金を受け取る事も出来ます。

 

 

 

今回は「傷病手当で得をする退職方法」について書いていきますね。

 

傷病手当をもらえる事になるまで、会社との関係はできるだけ良好にしよう

 

傷病手当金の申請用紙の一部に会社側に記載してもらう書類があります。

 

中には意地悪をする担当もいるので、できる限り会社とは良好な関係でいるべきです。

 

申請用紙を会社に書いてもらえなければ、傷病手当金の申請は極めて難しくなってしまいます。

 

傷病手当金の申請を考えた場合、傷病手当を受けるための書類を会社が書いてくれるまでは、会社との関係は良好に保っておくことをおすすめします。

 

主治医との関係は良好に!

 

これはすごく大切な事で、傷病手当どころか、障がい者年金や、障がい者手帳をもらうのにも、主治医に対するあなたの印象で、もらえる金額が変わったりします。

 

傷病手当金の申請にあたって申請用紙の一部を主治医に記載してもらう必要があり、主治医が労務不能と判断してくれなければ、傷病手当金の申請ができないからです。

 

更に言えば、あなたがいずれ障がい者年金をもらいたいと思うなら、主治医の前で元気な姿を見せる事は禁物です。

 

まぁ、鬱病の場合、だいたい労務不能と判断してくれるのが現状です。

 

傷病手当はいつ支給されるの?

社会保険事務所などで審査の結果、受給が決定したら、「健康保険傷病手当金支給決定通知書」が郵送されてきます。

これに傷病手当で受け取れる金額や、振り込み予定日などが記載されています。

 

 

まとめ

まとめ

・会社や主治医との関係を良好に保つことが重要であること

・申請は在職中にしたほうがよいこと

・現在の職場で在職1年未満の場合は退職後はもらえなくなるケースが多いこと

 

あなたが鬱病などで退職を考えているのであれば、傷病手当をもらわない手はありません!

 

1年6ヶ月間は、次にやりたい仕事の準備期間になるのです。

 

ただ転職を考えているのなら、働いていない期間や傷病手当を受けていたと言う事実はデメリットになりますので、私としましては、この1年6ヶ月は、起業をするための「スタートアップ」期間にすれば良いかと思います。

仕事辞めて起業しようと迷っている君へ

今回はザックリと書きましたが、もっと詳しく知りたいと言う反応が多ければ、詳しい詳細を書いていこうと思いますので、ぜひ「いいね」をしてください。

 

 

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-トレンド

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.