英会話

我が子に英会話を学ばせたい!おすすめのオンラインレッスン

 

 

お子さんに英会話を習わせようと思っているママさん、あなたは今から準備しておけば子供は将来英語がペラペラになるなんて思っていませんか?

 

残念ながらそれはとんだ誤算です。

子供というのは大人が思っているほどロジカルではなく、思い通りにならないのがまた子育てでもあります。

 

そもそも、英語をはじめとする第二言語の習得とは年齢によってさまざまで、子供が学ぶのと大人が学ぶのとでは、取るべき学習法が根本から異なります。

脳や身体が成熟していない子供は、母国語修得と同じアプローチを取る方が成長に伴って関連づけやすくなります。

 

この記事では、これからお子さんに英会話を習わせたいママさんが、いかにバイリンガル教育ができるかの戦略をご紹介いたします。

ピンポンとマシンガン

子供が英語を続けてくれるためには

 

子供に何でも習い事を長く続けさせようとするのは、なかなか難しいですよね…。

すぐに飽きちゃう可能性も大いにあります。

でも親の気持ちからしたら、どうしても続けてもらいたい。

 

実は、子供が英会話を長く続けてもらうためには2つの「楽」がコツです。

 

 

① 楽しさ

 

何よりもお子さんが「楽しい!」と思えるようなものでなければなりませんし、つまらないと思わせてしまっては、逆に英語嫌いになってしまう可能性もあります…。

またその楽しいという感情こそが英会話のスキル向上にも影響します。

 

② 楽さ

 

どれだけ便利に「気軽」にできるかも大きなポイントとなってきます。

そもそも英会話をするのに、例えば遠い場所まで通うのは面倒で決して「楽」ではありませんし、ネイティブだらけのクラスにぽつんと日本人一人という状況もまた「気軽」ではありません。

 

他には、子供が「難しい!」と思った瞬間試合終了ですよ…。

難しいことをしなければ英会話はできるようにならないのは当然なんですが、何よりもまず楽しいと思ってもらわないとダメです。

最初に楽しいという感情があって初めて、難しい問題に出会った時にチャレンジングでやりがいがあると感じてもらえるのです。

 

英会話に関しても、こういった「楽さ」というのは非常に大切で、子供が続けたいと思うためには抑えなければならない大きなポイントです。

 

 

オンライン英会話を選ぶ理由

 

駅前留学、カフェ英会話、インターナショナルスクール、ディズニーチャンネル…

今の時代、英会話を習わせようと思って挙げてみればキリがないですが、そんな中でも「オンライン英会話」がもっとも効率的でコスパも最強です。

 

参加型であること

 

まずお子さん本人が参加できるというのが大きなポイントで、既存のテキストベースの勉強スタイルではやはり限界があります。

 

これが俗にいう「アクティブラーニング」というものです。

受け身の学習では定着がしにくい一方、自分から参加するようなアクティブな学習だと、英会話の定着も見違えるほど違ってきます。

 

英会話教室の落とし穴

 

じゃあ英会話教室に通えばいいじゃん!というのには、実は落とし穴がありまして…

集団型のクラスがメインであることが、お子さんのアクティブラーニングを妨げる可能性があります。

 

子供というのは基本人見知りです。

なかなか新しい環境下で馴染めるようになるのに、やや時間がかかります。

 

クラスに馴染むまでの時間は明らかにアクティブじゃないわけで、さらにその教室が合う合わないというのが分かるのは馴染んだ後であることも考えると、子供に合う英会話教室かどうかを判断するのにたくさんの時間がかかることになります。

戦略的にコスパや効率性を考えるのであれば、こういう部分まできちんと考えるべきポイントですよね。

 

 

オンライン英会話の6つのメリット

 

さっきの続きになりますが、オンライン英会話ってじゃあ何がどういいの?と思うでしょう。

インターネットが発達した現在、英会話業界はもはやネットに集約したといっても過言ではないほど、たくさんメリットがあります。

 

 

① いつでもどこでも受講可能

 

2つ目の「楽」にもありましたが、圧倒的な気軽さがオンライン英会話の良いところで、基本24時間365日いつでも、インターネットがあればどこからでも参加することができます。

これが実際にどこかへ通うとなれば話は違ってくるわけです。

 

子供に行く準備させて、自転車の後ろに乗せて送り迎えする必要も全くないんです。

これほど「楽」なものは他にありません。

 

 

② 安全面は大丈夫

 

変な話ですけど安全なのもオンライン英会話の良いところです。

過去にN〇VAなんかでいかがわしい事件がありましたが、これの危険を回避できるのは、親御さんにとってもお子さんにとっても朗報です。

身の危険を感じる必要がない、これもオンラインのメリットと言えるでしょう。

 

 

③ コスパは最強

 

オンライン英会話のコスパはやはり一番いいです。

英会話教室は基本週に1回であるのに対し、オンライン英会話だと週に3、4回のところもあれば毎日可能なものもあります。

 

それでいて毎月1万円を切るというのは破格です。

大人の人でも魅力的な価格だと思いませんか?

 

 

④ 基本マンツーマン

 

少し触れましたが、英会話教室に通うと、基本は集団のクラスであることが多いです。

集団であると、その分ネイティブの先生の労力は分散され、お子さんが一度も参加せずに終わってしまうこともありえます。

(今日は機嫌が悪かったのかな?何かあったのかな?くらいの感覚で)

 

それってめちゃくちゃ損じゃないですか?

同じお金を払っているのにきちんと見てもらえない可能性があるなんて…これは避けるべき案件であり、これを解消してくれるのがオンライン英会話なんですね。

 

 

⑤ 子どものレベルに合わせた授業プラン

 

集団授業ですと、どうしても最大公約数的な、まんべんなく、なるだけクラスの多くの生徒にとってメリットのある授業になってしまい、可能性としてあなたのお子さんのレベルに見合っていない授業になってしまうということがありえます。

 

一方、基本マンツーマン、もしくは少人数制であるオンライン英会話はお子さんのレベルに合わせた授業プランを組むことができます。

レベルに合った授業なので、もちろん成長するスピードも早くなります。

 

 

⑥ 人見知りしなくてOK

 

子供によくありがちな人見知りを避けることができます。

マンツーマンだと、仮に人見知りをしても、仲良くなればそれだけ強い絆になります。

 

「あの先生がいい!」

 

こう思えるようになれば、英会話もどんどん楽しくなって成長していってくれることでしょう。

 

 

 

オンライン英会話のデメリット

 

じゃあオンライン英会話のデメリットって何があるの?という質問に対して…

初期費用でスカイプを使う端末にお金がかかるだとか、Wi-Fiを通すのにお金がかかるだとか、そういったことだと思います。

 

もちろんiPhoneやiPad、パソコンを買おうと思えば結構高いですけど、実際お手持ちのスマホで十分OKなんです!

 

つまりタダ!

 

ひゃっふううう!!!(違う)

 

 

 

オンライン英会話を選ぶ時の3つのポイント

 

 

① 実績だけに目を捕らわれるな

 

よくありがちな、そこポイントじゃないよ!という部分があります。

それが実績です。

実績ってその会社としての信頼でありブランディングでもあり、そこ見ないでどこ見るんですかとおっしゃるのもよおく分かります。(分かります)

 

しかし実際にそれがお子さんの英会話スキルと相関性はありません。

例えるのであれば、東大実績のある河○塾だから自分も東大に受かるみたいなロジックと同じと考えてもらえればいいです。

 

そんなわけないでしょ?

当事者である学習者が頑張ったから合格なり、目標を達成するわけですよね。

 

だからポイントは「子供が楽しく続けられる所を選ぶ」ことです。

英会話だってそもそもお子さんの意思ではなく、親であるあなたの意志で習わせたいわけですよね?

英語学習者の中でも大人は自分の意志で勉強しているのに対し、たいていの子供は勉強させられているのが現実です。

実績があろうが授業の内容が濃かろうが、子供本人に興味なければすでに負けゲームです。

 

 

② 週に1回の所は避けるべき

 

これは非常に大事です。

週に一回だとなかなか習慣化されない上に、実際にそれが合っているのか合っていないのかが判断するのに時間がかかります。

それだと非効率ですよね。

 

子供は忘れやすく飽きやすい性格です。

週に一回だと、仮に休みの週が出てしまうと次の回までに2週間空いてしまうことになり、かなり危険です。

週に3回なり4回であれば、一回休んでしまっても取り返しやすいです。

 

 

③ 日本語が分かる先生を選ぶ

 

よく「やっぱり英語はネイティブの人に習った方がいい」なんて言葉を聞きます。

この言葉の裏側は「やっぱり英語は白人のアメリカ人かイギリス人に限るわね」というメッセージが込められているのですが、これが大きな落とし穴です。

 

最近ではフィリピン人でも英語を教えるのに優秀な先生はたくさんいますし、アメリカ人でもアジア系だったりアフリカ系とさまざまです。

どの英語が一番!というのは無く、必要なのは楽しめる環境であることをお忘れなく。

ネイティブ至上主義は危険です。

 

 

 

オンライン英会話おすすめTOP2

 

散々オンライン英会話はいいよ!と言い続けてきましたが、じゃあどこのオンライン英会話がいいの?と思うでしょう。

今回は超厳選して2つに絞りました。

なので2択です。

どれにしようかな…ではなく、どちらかです。

 

 

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

 

グローバルクラウンは日本語サポートしているところで有名です。

子供にネイティブ環境を提供するのは必ずしも良いとは限りません。

分からなければ日本語で質問できるようにしてあげることは、子供の成長を促進してあげることにもつながります。

 

一番困るのは、子供が発言できなくて時間が進むことです。

そしてそんな時間が子供の英語嫌いを促してしまいます。

 

それだけではなくグローバルクラウンにはたくさんの特徴があります。

 

 

① 英語成長段階に沿った21のレベル

<引用:https://www.global-crown.com>

 

子供の成長は、身体でも見られるように、脳の成長も著しく早いです。

固定された英会話カリキュラムではなく、グローバルクラウンのように年齢ごとに細かくレベルを刻んでいるのはとても信頼性があります。

21もあるなんてすごいですね!

 

 

② バイリンガル採用

 

ネイティブ至上主義は危ないということを書きましたが、バイリンガルを採用することはとても良いことです。

日本人でかつ海外の文化にも精通しているバイリンガルは、言葉のニュアンスやチョイスを、日本人目線で教えてくれるということがどれだけ心強いか…。

 

ネイティブの先生だとこれができないんですね。

日本語で質問できるし、どこでつまずいているかも分かってもらえる、こういう環境は不安だらけの子供にとってはありがたいですね。

 

 

③ 専用アプリで完結

 

面白いのが、スカイプを使わずに専用アプリを扱っている点です。

スカイプのようなビデオ電話機能だけではなく、単語や文法といったテキストも全てアプリに搭載されており、使いやすさとしては抜群です。

 

スカイプだと知らない誰かから電話がかかってくるなんてこともありえるでしょうが、グローバルクラウンのアプリではそういったことが起こりえません。

安全面と使いやすさで勝ちです。

 

 

④ でも授業料は高い?

 

グローバルクラウンの授業料が高いとよく言われます。

それは合っていますが間違いです。

 

クラスは週3行われ、月額は14,8000円です。

だいたい5,000~10,000円が相場だと言われている中、グローバルクラウンは15,000円弱。

ただし週3なので実質他のオンライン英会話と変わりませんし、むしろ費用対効果は高いです。

 

仮に英会話教室に通うとして、10人規模の英会話教室で週に1回60分、授業の3分の2が子供が発言するとしても、計算上は1回につきせいぜい平均4分しか発言するタイミングがありません。

それがマンツーマンで先生を独占できちゃうのは非常にコスパ良いと言えるでしょう。

 

 

⑤ 時間は予約制ではない

 

いつでもどこでも!というわけではなさそうですが、意外にデメリットのようでそうではないんですね。

時間と曜日は固定されますが、これって使いようによってはメリットです。

 

例えば夜ご飯の後の時間であれば、夜ご飯食べたら英会話という一連の流れによって習慣化されやすいです。

子供の頭の中では、夜ご飯を食べている時には「あ、次は英会話だな」となっているはずで、ここに楽しいという感情が加われば継続します。

次のイベント(英会話)が楽しくて楽しくてたまらないからです。

こういう使い方もできるんですね。

 

 

⑥ 子供専門である

 

子供専門を謳っているだけあって、やはり子供が楽しいと思えるような工夫がたくさんされているのが特徴です。

アプリ内でもたくさんそういう要素が入っているのが嬉しいですね。

 

グローバルクラウンの登録はこちらから。
↓↓

>>子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN (グローバルクラウン)

 

 

LEARNie(ラーニー)

 

LEARN(学び)とie(家)を掛け合わせた名前のLEARNie、とても人気があるそうです。

 

グローバルクラウンと違って、週に1回60分の授業が月額で6,000円です。

少人数グループのクラスで行われるため、少し慣れるのに時間がかかったり、発言する時間も限られたりするのかもしれません。

 

ただグローバルクラウン以上に「子供たちが楽しめる授業を提供できるバイリンガル人材を採用」しているため、ここに重点を置いているようです。

 

また授業枠で取っているため、キャンセル制ではありません。

予約は前日まで可能です。

 

LEARNieの登録はこちらから。
↓↓

>>小学生向け・子供のオンライン英会話レッスンLEARNie(ラーニー)

 

 

総合すると?

 

金銭的な問題であれば、LEARNieでも全然OKだと思いますが、総合的な意味ではやっぱりグローバルクラウンに軍配が上がりそうです。

 

ぜひこちらから登録をしてみてください。
↓↓

>>子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN (グローバルクラウン)

 

 

 

オンライン英会話を使いこなすためには

 

適正年齢って?

オンライン英会話に適正年齢ってあるんですよ。

やはり早すぎてもダメで、4歳からがベターだとよく言われます。

しかしそれも加味してグローバルクラウンは、3~5歳の学習レベルに合ったカリキュラムも組んでいるあたりさすがですね!

 

時間を決める

予約制じゃないというのもありましたが、決まった時間に英会話をするというのは非常に大事なポイントで、子供の習慣化に大きく影響します。

夜ご飯食べたら英会話よ!なんて会話も飛び交うようになれば、もう習慣化ばっちりです。

子供に英会話をするのが当然という流れが欲しいですね。

 

レッスン終わりには必ず褒めてあげる

これを忘れがちな親御さんが多いんです…。

子供はやっぱり褒められて伸びます。

 

頑張ったね、これだけでいいんです。

ぜひレッスンが終わるごとに、お子さんに声かけてあげてくださいね。

 

約束ですよ!!

 

 

 

対面が苦手ならテキストもあり

 

もちろん子供の中にはとっっってもシャイで、会話どころじゃない子もいます。

でもママとなら、パパとなら会話できるというお子さんにはテキストベースで英語を学ぶのもありです。

 

ネイティブイングリッシュ

 

河北麻友子がモデルになっているネイティブイングリッシュ。

1日6分という気軽さがポイントです。

やはり「継続」を念頭に考えられたカリキュラムテキストで、満足度も96.1%とかなり高めで信頼できます。

 

分厚いテキストをやらせるより、こういう手軽なものから小さな成功体験をお子さんと一緒に築いてあげていくと効果的です。

 

そんなネイティブイングリッシュはこちらから。
↓↓

英語が楽しくなる英会話教材 | Native English(ネイティブイングリッシュ)

 

 

 

お友達作りのためなら英会話教室に通うのもあり

 

ヒューマンアカデミーランゲージスクール

 

大手のヒューマングループの一つですね。

留学斡旋もしているヒューマングループは、やはり英語に強いです。

大手ですが、教材費込みで月額10,000円と他社と比較しても平均的で驚きました。

 

ネイティブ講師も充実しており、大手の良さがふんだんに入った英会話教室です。

 

※ちなみに内緒ですが、留学斡旋の英語クラスはSUNYというニューヨーク州立大学のESL(English as a second language)クラスのモジュールを使っているので、カリキュラムは最高です。(内緒ですよ!)

 

もし実際に英会話教室に通って、楽しく、かつお友達も作りたい!なんてご家庭があれば、ぜひヒューマンアカデミーを使ってみてください。
↓↓

ヒューマンアカデミーランゲージスクール

 

 

 

まとめ

 

  • オンライン英会話がコスパ最強
  • 英会話は週に1回以上はやるべし
  • 日本語対応が実は成長早い
  • 子供が楽しい!と思える環境下で学ばせるべし
  • 決まった時間で習慣化させるべし
  • テキスト学習も英会話教室も使いようではOK

 

いかがでしたでしょうか。

英会話って、できないとダメ!みたいな気持ちが先走ってしまいがちですけど、実際はお子さんが楽しいと思って続けてくれたら結果的に英会話も上達したという流れがほとんどなんですね。

逆をとれば、続けるための施策というのが一番のポイントで、今回はそれが楽しいという感情だったわけです。

 

お子さんと楽しく英会話を!

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-英会話

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.