都市伝説

【都市伝説】堀川くんサイコパス伝説|サザエさんにまつわるお話

投稿日:

日曜日のお茶の間のスター、サザエさん。

子供の頃は、サザエさんを見たら「明日は学校」という現実に毎週精神を病んでいました・・・。(懐かしい)

 

そんなサザエさんに出てくるキャラクターに、堀川君というサザエさん史上最強のサイコパスがいるのをご存知でしょうか。

 

アニメ版にのみ登場するキャラクターで、本名は堀川誠司というそう。

 

初期の頃はワカメと仲良しで、ワカメが密かに恋心を抱く相手でもあったそうです。

 

 

しかし、登場を重ねるごとにだんだんと堀川君の狂気じみた行動が目立ち始め、ついにはサイコパスキャラとしての地位を不動のものにしたのです!

 

 

( ;´Д`)<サイコパス怖すぎワロタw

 

 

今では個人のファンサイトも存在するほど人気のキャラクターになっています。

今回はそんな堀川君の狂気10選をお届けしていきます!

 

ヘイキチ

まずは堀川君の逸話の中でも特に有名なお話です。

ある日、作文の授業で堀川くんが自身の作文を発表しました。

 

そこで堀川君は「弟のヘイキチとキャッチボールをしている」と発言します。どうやら堀川君には弟がいたようです。

 

 

 

え?弟いたの・・・( ゚д゚)?

 

 

 

教室内は騒然とします。

今まで弟がいるなんてこと一言も言ってませんでしたからね。

 

 

しかし真実は少し違いました。

 

 

真相が明らかになったのはカツオが堀川君と堀川君の弟と3人でキャッチボールをするために堀川君の家に向かった時の事です。

 

カツオはそこで見た光景に固唾飲みました。

カツオが見たものとは、なんとただのコンクリートの壁だった。

堀川君が言っていた弟のヘイキチとは、コンクリートの壁についた人間の形に似た染みのことであった。

 

その時の堀川君の表情はいたって冷静だったといいます。

 

 

噂では堀川君は今もコンクリートの壁を弟と信じ込み、毎日弟と一緒にキャッチボールを繰り返しているとかいないとか。

 

頭がおかしいの一言につきます・・・。

 

ストーカー

堀川君は、ワカメに対してストーカーと言えるほどの執拗なつきまといを繰り返しています。

 

ワカメからも「家の周りをウロウロするな!」と注意されたこともあります。

 

 

ワカメから注意を受けたときの堀川君はというと、一瞬は困ったような表情を浮かべましたが、まるで反省していないかのように口元は不気味に微笑んでいました。

 

不法侵入

ある日カツオが、「サザエがいかに怖いか」について話していました。

 

それをを聞いた堀川君は、実際にサザエがどれだけ怖いのかを確認するために、磯野家の庭に勝手に忍び込みます。

 

そしてあろうことか、磯野家の窓からこっそりと中を覗いてしまいます。(※これは犯罪ですので良い子はマネしないように!)

 

 

これは一説によれば、サザエの怖さを確認するというのは建前で、本当はワカメのストーキングだったという可能性も指摘されているとかいないとか。

 

その後、堀川君の覗き行為は見つかってしまい、堀川君はこっぴどく怒られましたが、その時発した一言がこちら。。。

 

 

 

(=゚ω゚)ノ<次からは見つからないようにするよ(ネットリ)

 

 

 

普通だったら「ごめんなさい」「もうしません」というところですが、こんなセリフを平気で履けるだなんて・・・!

これは再犯の可能性が非常に高いですね。

 

 

しかし堀川君の異常行動は止まりませんでした。

 

 

後日、磯野家の床下から見知らぬ缶が発見されます。

 

そしてその缶にはなぜかオタマジャクシが入っていました

この事件の犯人はもちろん堀川君。

 

堀川君に話を聞くと、磯野家の軒下でオタマジャクシを飼育していたことが判明。

この時もまた「次からは見つからないようにする」と、以前と同じ発言をしていました。

 

この子には罪悪感という感情が存在しないのでしょうか・・・?

 

白い糸

ある夜中に堀川君はカツオに電話をかけ、カツオに対して

 

 

僕の赤い糸はお兄さん(カツオ)と結ばれてるのかもしれません

 

 

と発言。

 

これに対しカツオが

 

 

赤い糸は男の子と女の子が結ばれるんだよ?

 

 

と返すと、堀川くんは「じゃあ白い糸ですね」と答えました。

さすがに白い糸は意味深すぎます。。(ここで堀川くんホモ説が浮上)

 

 

ちなみに他の回では尿意を催す度に、今からおしっこをするので見守ってほしいと、カツオに電話をかけ、カツオをドン引きさせた事があります。

 

そして、用をたし終えた後は

 

 

(*´-`)<お兄さん!おしっこ完了です〜!

 

 

と、一回一回カツオに報告していました。

 

まさに狂気of狂気です・・・。

 

ワカメへの手紙

ある日、風邪を引いて学校を休んだワカメに対して堀川君は手紙を書きます。

 

その内容は

 

ワカメちゃん、ほんとうにかぜをひいてよかったね!

 

え・・・。

「お大事に!」とか「ゆっくり休んでね!」とかではないんですね・・・。

 

これだけは言える。堀川君は普通じゃない。

 

たくあん

ある日、磯野家ではワカメがたくあんをきちんと切れなくて一本につながったたくあんが夕飯に並んでしまうという事件が起きました。

 

 

その時カツオは「たくあんでネックレスでも作ろうとしたの?www」と、冗談を言いました。

 

 

この一連の話を耳にした堀川君は、たくあんのネックレスのことが気になりすぎて夜も眠れず、とうとう真夜中にもかかわらず磯野家に電話をかけてしまいます。

 

 

そしてこういいました「たくあんネックレス本当に首にかけてないよね?」

 

 

堀川君はサイコパスなので冗談が通じません。

 

 

そして、一度何かが気になりだしたら忘れえることができません。

 

 

また、他人の迷惑も一切気にしないので、真夜中に普通に電話をかけてしまいます。

 

ひよこ

堀川君が養鶏場からひよこをもらった時には、堀川君はそのひよこに「ワカメ」と名づけたうえで、

「わかめが卵を産んだら、真っ先にワカメに食べてもらう」と発言。

 

 

ワカメが「何で私の名前を付けたりしたの?」と聞いたところ、

 

堀川くんは「ワカメちゃんは片仮名だけどひよこは平仮名だよ」

 

と意味不明な回答をしました。また、その時描いたひよこのイラストも不気味とのことで話題になりました。

 

ピンポンダッシュ

堀川君はある日出来心からピンポンダッシュをしてしまいます。

出来心でピンポンダッシュをしてシムのは男の子ならよくある話なのかもしれません。

 

しかし、ここからがサイコパスたる所以です。

堀川君は家主にばれないようにワカメを使って工作するも、あえなく捕まってしまいます。

 

そして最後は一緒にピンポンダッシュをした友達に自分の罪をなすりつけるという暴挙にでます。

 

サイコパス特有ですが、堀川くんは平気で友達を売ります。。。

 

将来の夢

小学生の将来の夢というのは、心がほっこりする微笑ましいものですよね。

しかし、堀川君については少し違います。

 

 

堀川君の将来の夢は「牧師」ですが、その理由がどこかおかしいんです。

 

堀川君が牧師になりたい理由とは、「きれいなお嫁さんを毎日みれるから」

 

なんと、堀川君は今まさに永遠の愛を誓おうとする他人の妻に対して発情していたのです。

 

 

( ゚д゚)<なんという癖!

 

 


 

筆者はこの堀川君の夢の理由を聞いたときに、次の心理テストを思い起こしました。

ある女性は夫と子供の三人家族でしたが、夫が亡くなってしまいます。

未亡人となった妻は、夫の葬儀に参列していた男に一目惚れしてしまいます。

数日後、妻は自分の子供を殺してしまうのですが、一体何故でしょう?

 

この問題の一般的な答えは、「再婚するのに子供がいると邪魔だから」

 

しかしサイコパスの答えは、「その子供の葬儀で、またその人に会えるから」

 

人に会うために、誰かを眺めるために、その手段として行動を起こすということですね。

 

 

・・・(´-ω-`)?

 

 

堀川君にこの心理テストをしたとき、堀川君は一体何と答えるのでしょうか・・・?

 

波平リスペクト

将来について悩む堀川君に対して波平がアドバイスをしたことをきっかけに、堀川君は波平をリスペクトします。

そして、波平への気持ちが最高潮に達した堀川君はついにワカメに対して波平の写真を要求します。

 

波平の写真をゲットした堀川君は、その写真を自宅の机に貼ったのです。

これはもうリスペクトというより信仰に近い気がします。

 

将来カルト教に身を投じなければ良いですが・・・。

 

 

まとめ 

いかがでしたか?

堀川くんがサイコパスなのは結構有名な話ではありますが、詳しく知らない方も結構いるかと思います。

 

この他にも堀川くんのサイコパスエピソードは調べれば無限に出てきますので。興味がある方は検索してみてください!

 

最後に・・・

 

信じるか信じないかはアナタ次第です!!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-都市伝説

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.