臭いの悩み

知らなきゃヤバイ!自分に合ったデリケートゾーンのにおい対策

更新日:

 

デリケートゾーン臭い専用のケア商品って色々あるよね?

 

デリケートゾーン臭い専用のケア商品のほとんどは良質なものばかりですが、やはり自分の臭いレベルに合ったケアをしなければなりません。

 

スプレー?ソープ?クリーム?

 

どれが自分の状況に合っているのかわかりませんよね!

 

ここでは市販のものではなく、デリケートゾーン臭い専用ケース別のおすすめをご紹介します!

 

市販のデリケートゾーン用スプレーの注意点

デリケートゾーン用のスプレーは今、ドラッグストアなどでも簡単に手に入る時代です。

見かけてみて買ってみたことがある人も居るのではないでしょうか?

 

シュっと吹きかけるだけでアソコの臭いが消えると言われているデリケートゾーン用スプレーなので、手軽であそこの臭いが気になっている人は特にその効果が気になるでしょう。

 

確かにデリケートゾーン用のスプレーは効果があるものもあります。

しかし、きちんと成分を見ていなければ私たちにとってデメリットが多い事もあるので注意が必要です。

 

特に市販のものは成分よりも「安く売る」ことを頑張っている商品がほとんどなので、しっかり自分で見て見極めることは何よりも重要です。

そんな市販品のデリケートゾーン用スプレーでよくあるトラブルの注意点を紹介します。

 

デリケートゾーンにシミができてしまう可能性がある

市販のデリケートゾーン用スプレーは強い洗浄力を持つものが多いです。

一見、洗浄力は強ければ強いほど良い、そう思うかもしれませんが、実は洗浄力が強いと敏感肌なデリケートゾーンの皮膚はただれてしまうことがあるのです。

 

わかりやすい例を挙げると、アルコールスプレーを手などにふりかけた時に乾燥するような状態と似ています。

デリケートゾーンは体の中でも特に弱い部分であり、刺激が強すぎるものを使うとただれてしまうことがあるので注意しましょう。

 

ただれは放っておくとシミになってしまうこともあります。

陰部で見えないところだからとシミを放っておくと、デリケートゾーンの毛のお手入れなどをしたいと思った時にシミを見つけてショックを受けることもあるので、できるだけシミのできない工夫をしたいですね。

デリケートゾーンがかぶれてそのまま黒ずみになる可能性がある

市販のデリケート用スプレーは刺激が強いため、かぶれてそのまま黒ずみになってしまうこともあります。

陰部の黒ずみで悩む女性は結構多いです。

脱毛などをした時に、初めて黒ずみに気づいてショックを受けたという人も居るくらい、黒ずみは無視できないものですよね。

 

そんな黒ずみの原因は刺激を受けた結果であるため、市販のデリケート用スプレーもまたかぶれからの黒ずみの原因になってしまうことも否めないのです。

顔などが肌荒れしやすかったり肌が弱い人は特にデリケートゾーンもとても弱いと言えるため、刺激の強い成分が含まれる市販のデリケート用スプレーはおすすめできません。

 

デリケートゾーンにかゆみがでる可能性がある

ただれによるシミ、かぶれによる黒ずみとまではいかなくとも、かゆみが出る可能性があります。

初めて使った時はかゆみが何もなかった場合でも、使い続けることで刺激を与えすぎてかゆみが出る場合もあるため注意しましょう。

 

私たちもハンドソープで手を洗い過ぎたら段々と荒れていきますよね。

1回目はよくても続けることでかゆみが出る可能性は大いにありえます。

肌が強い人でも刺激の強いものを使い続けてダメージが全くないわけではないので、できたらデリケートゾーンに優しい成分の入ったものでデリケートゾーンケアを行っていくようにしましょう。

デリケートゾーンの臭いは石鹸かクリーム、もしくはミストで改善できる

デリケートゾーンの臭いケアでおすすめなのは、石鹸かクリーム、ミストになります。

スプレーでも臭いは軽減できたり、気にならないレベルにまで落とすことはできるのですが、ショーツが汚れてしまったり市販品だと肌荒れの原因になってしまうため、できたらデリケートゾーンの臭いケアに特化したものを使うようにしたいですね。

臭いのレベルやデリケートゾーンの症状によって使いたいアイテムが変わってくるので、それぞれ解説していきます。

 

デリケートゾーンの臭いがキツイ人にはクリームがおすすめ

 

アソコの臭いがキツイ、そう感じている人にはデリケートゾーン専用の臭いケアができるクリームがおすすめです。

デリケートゾーン専用の石鹸とクリームできたらこのどちらも使いたいところですが、、、

 

「臭いがキツイ」

「今すぐどうにかしたい」

 

そう考えてスプレーを選んだのであれば、ぜひスプレーではなく、しっかり元から改善させるためにクリームを選ぶようにしましょう。

石鹸でも臭いケアはできます。

しかしクリームのメリットは、ニオイが気になったその都度塗ることができる事ですね。

 

また、デリケートゾーン専用の臭いケアに特化したクリームはショーツとの摩擦などからも肌を守ってくれるため黒ずみ対策にもなって一石二鳥です。

デリケートゾーン専用臭いケアクリームを使用する場合は、清潔な指で塗るということを守ってくださいね。

スプレーと比べ、手間だと思うかもしれませんが、デリケートゾーンにクリームが密着するためスプレーよりも消臭効果が長続きして、臭いがキツイと感じている人にはぴったりですよ。

 

クリームであれば、以下の成分、特徴が当てはまっているかどうかで見て選ぶと、間違いないでしょう。

 

選びたいクリームの成分と特徴

  • イソプロピルメチルフェノール(消臭成分)
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛(消臭成分)
  • 無添加
  • 植物由来

 

デリケートゾーンにかゆみと臭いがある人はソープがおすすめ

かゆみと臭いがある人にはソープがおすすめです。

デリケート専用の臭いケアができるソープの中でも、刺激が少なくかゆみケア成分である保湿成分が含まれているものがおすすめです。

お風呂の時に洗うため、クリームやスプレーよりも手間が少ないというメリットもあります。

ただこれもきちんと選ばずに刺激が強いものを選んでしまうと、上で挙げた「市販のデリケートゾーン用スプレーの注意点」のようなことになりかねないので注意が必要です。

 

デリケートゾーンに使用するものしっかり成分にこだわることこそがトラブル回避のための方法とも言えるので、デリケートゾーンだからこそ成分にこだわっていきましょう。

 

デリケートゾーン専用ソープは以下の成分が含まれているものを選びましょう。

 

●臭いをおさえる成分

消臭消毒臭い抑制収れん、発汗抑制

・イソプロピルメチルフェノール
・ミコナゾール硝酸塩

・サトウキビエキス
・茶葉エキス
・柿タンニン
・ビンロウ果実
・ミョウバン
・ジャムウ

・イソフラボン
・フェノールスルホン酸亜鉛

●かゆみケア成分

抗炎症成分保湿成分

・グリチルリチン酸ジカリウム
・グリチルリチン酸2K

・ジャムウ
・グリセリンなど

 

この他にも、クリームと同じように無添加で植物由来のものを選んでいきましょう。

 

☆彡おすすめソープ・クリアネオパールはこちら⇓

>>お得な定期便あり!【クリアネオパール】



クリアネオパールの公式HPを見てみる

 

デリケートゾーンの臭いを今すぐ消したい人はスプレーかミストがおすすめ

デリケートゾーンの臭いケアは石鹸とクリームでのケアがおすすめですが、しかしもっと手軽に行いたい、そういう人も居るでしょう。

そんな時はミストタイプのものを選びましょう。

吹きかけるだけで簡単に臭いをケアできる手軽で便利なアイテムです。

スプレーと似ていますが、ミストタイプは肌に優しいというメリットがあるためどうしてもスプレーを使いたいという人は似ているミストタイプを選んでください。

 

ただしミストタイプも、ものによっては刺激が強かったり香りが強すぎるものもあるため注意が必要です。

ここで肌に合わないものを選んでしまうと、逆に肌が荒れて臭いがキツくなることもあるので、デリケートゾーンに使えるような優しい成分を選んでくださいね。

 

デリケートゾーンに使えるミストタイプの臭いケアアイテムを選ぶ時に押さえておきたい成分と特徴は以下になります。

 

選びたいミストの成分と特徴

  • イソプロピルメチルフェノール(消臭成分)
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛(消臭成分)
  • 低刺激
  • 無添加
  • 植物由来
  • トイレでさっと取り出せるサイズ

 

ミストを使う前からかゆみがあったりした場合は、ソープと合わせて使うようにするのがおすすめです。

 

デリケートゾーン専用ミスト・おすすめはインナーブラン⇓

医薬部外品のデリケートゾーンミスト!【インナーブラン】

インナーブラン公式ページはこちら

 

>>デリケートゾーンの緊急臭い対策はこちら

 

まとめ

デリケートゾーン用スプレーは臭いを改善できても市販のものだと「ただれによるシミ」「かぶれによる黒ずみ」「かゆみ」に繋がることもあるので注意したいですね。

成分さえきちんと見ておけば、問題ないこともあるので成分はしっかりチェックしておくようにしましょう。

デリケートゾーンはその名の通り、とてもデリケートな個所ですから、一度かぶれたりしてしまうとかゆくてかゆくて日常生活に支障をきたしてしまう事もあります。

また、シミや黒ずみはデリケートゾーンでなくても取るのに一苦労なものでもあるので、できるだけそういった肌トラブルに繋がらないようなデリケートゾーンのケアを行っていくようにしたいですね。

デリケートゾーンに優しい臭いケアを心がけていきましょう♪

 

>>敏感肌のデリケートゾーン臭い対策はこちら

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-臭いの悩み

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.