英会話

英会話もできないのに海外赴任を命じられた!緊急英会話対策

更新日:

 

君、今度海外赴任になるからよろしく

 

もし上司からこのようなことを言われたらあなたはどうしますか?

 

まず国外という慣れ親しみのない土地での生活に不安が挙がるでしょう。

 

食事や文化の違いも不安になるかもしれません。

 

しかし、やはり一番不安になるのは「会話」ですよね。

場所によっては日本語がある程度通じる所もあるかもしれません。

 

しかし、生活をする上で、さらには仕事をする上で相手とのコミュニケーションは必須であり、そこの土地で言葉を使うことはどうしても避けて通ることができません。

 

世界には6900以上の言語があると言われています。

 

確かにその土地の言語を知っていて損することはありませんが、今回は世界の共通言語である英語に絞ってどのように勉強すればいいのかを紹介していきます。

 

英語を実用レベルで使っている人はだいたい17.5億人いると言われており、世界の人口の25%を占めています。つまり4人に1人は英語を話せるということ人あります。

英語が使えるようになれば多くの国で活躍でき、今後のキャリアアップにも繋がっていくでしょう。

 

そもそも英語を使うために必要な能力は?

海外赴任の必須項目

聞く

話す

書く

 

この3つの能力がある程度有ると海外赴任をすることになっても安心できるでしょう。

 

まず聞く能力に関しては、有る程度早口で話されても理解できるようになる必要があります。

普段から英語に触れていないとそもそも何を言っているのか聞き取ることは難しいですし、たとえ単語などを知っていたとしても英語の会話では言葉同士を結合して読んだり、略したりすることもあるので慣れないうちは単語でさえ聞き取るのが難しいです。

 

そのために一番重要なのは実際にネイティブレベルの会話を何度も聞いて耳をそれに慣らせることです。

 

次に話す能力に関しては、まずは文よりも言葉の意味を伝えることが大切です。

そのためには会話で使う単語を覚える必要があります。

また、話すことに関してはメンタル面も大事で相手に対して話している時に

 

こんな会話で通じているのだろうか…

 

こんなに変な英語を話しいて相手から笑われないだろうか…

 

と、さまざまな不安が浮かぶと思いますが、まずはその不安を無くすことも大切です。

 

これに関しては実際に現地に行って話しているうちに慣れてくることもありますが、早めに解決しておくとその後もスムーズに英語が上達していきます。

 

書く能力臭いてはそれほど重要視していませんが、ある程度英語をかける方が現地で書類を作ったりするのに役にたちます。

 

また書く際は文章の確認をする十分な時間が取れることが多いので、ネットの翻訳なども上手く駆使すればさほど苦労はなくなります!

 

今回は聞くこと、話すことを重点的に勉強方法について紹介していきます。

 

英会話スクールなどで教わる

まず多くの人が最初に思いつくのは英語のスクールに通うことでしょう。

スクールによってはビジネスに特化した教室もあり海外赴任を考えると上手く利用すれば効果は非常に高いです。

また、スクールによってはネイティブの講師のレッスンを受けることが可能だったりするので聞く能力、話す能力を効率よく伸ばしていくことができます。

 

英会話スクールのメリット

英会話スクールのメリット

・体系的なカリキュラムで学べる

・カウンセラーに相談ができる

・体系的なカリキュラムで学べる

・英会話カウンセラーに相談できる

スクールごとにカリキュラムが組まれておりどのように授業を行なっていくかが決まっています。

また、教科書などの教材も充実しています。

勉強面での不安があればいつでもカウンセラーや講師に相談できるのが英会話スクールのいい点です。

独学では解決できないことも解決できます。

 

英会話スクールのデメリット

英会話スクールのデメリット

・受講料が高い

・通学に時間がかかる

・受講料が高い

・通学に時間がかかる

どこの英会話スクールでも少なくとも数万円は必要になります。

スクールによっては数十万円するところもあるので金銭面が心配になるかもしれません。

さらに英会話スクールが自宅と会社の通勤の途中にあれば良いですが、そうでない時はわざわざ移動することが必要になり、スクールに行くことが目的になってしまいかねません。

 

英会話を上達させるなら短期留学がおすすめ

 

もし海外赴任まで時間が十分にある場合やいつか海外赴任をしたいと考えている人にオススメなのが短期の海外留学です。

 

特にオススメなのがフィリピンへの留学です。

 

フィリピンは大小さまざまな島からなる東南アジアの島国で1年を通して温暖な気候でなんと言っても1番オススメの理由は日本からそれほど離れていないので費用面で安く済むからです。

 

また、フィリピンはアメリカの植民地であったという歴史的背景もあり公用語として英語が使われています。

 

そして近年フィリピンへの留学が人気になってきたためスクールも充実しておりレベルや目的に合った選択ができるようになってきています。

 

フィリピン短期留学のメリット

 

フィリピンへの留学のメリット

・留学費用が安い

・マンツーマンの授業が受けられる

・事前のビザ申請が不要

・留学費用が安い

・マンツーマンの授業が受けられる

フィリピンでの留学は費用が安いことが売りです。

 

なんと言っても物価の安さなどもあり1カ月だとだいたい30万円もあれば大丈夫です。

 

オーストラリアやアメリカなどへの留学となると1カ月の費用はフリピンの倍近くになります。

そう考えるとフィリピンでの留学はお得に行くことができます。

 

留学となるとそこまで英語が話せないけど大丈夫かが心配になるかもしれません。

 

フィリピンの留学では多くの学校でマンツーマンの授業が行われており、その人のレベルに合った授業を受けることができます。

 

また、1対1で話をするので英語で話すことへの抵抗がなくなり、話す能力が身につきます。

 

1カ月であれば30日の観光ビザで大丈夫なため、事前のビザ申請の必要がありません。

 

また、就学許可書の取得の必要がありますがそのような手続きは学校が代行でしてくれるので安心です。

 

そのほかにも学校側でのサポートを受けることができるので心配は要りません。

 

フィリピン短期留学のデメリット

フィリピンへの留学のデメリット

・学校ごとの差が大きい

・学校の外では治安に気をつけなければならない

・ホームステイではなく寮での生活

 

学校ごとの差が大きい

留学のための学校が多いため学校ごとの差がどうしてもあります。

授業の内容に関してもしっかりと基準を設けて行なっている学校もあればそうでない学校もあります。

また、宿泊施設に関しても清潔感やインターネットの有無など違いがあるのでホームページを活用して情報を集めるしかありません。

 

学校の外では治安に気をつけなければならない

学校の中では24時間体制のセキュリティーを完備しているとこも多く安心できますが、一歩学校の外に出るとそこは日本とは違う外国であるという自覚が必要です。

服装などを華美な物にせず、治安が悪いと言われる所にはいかないなどの注意が必要です。

 

ホームステイではなく寮での生活

寮では数人の留学生との集団生活になります。

これは他の国から来た留学生と仲良くなりたいと考えている人にはメリットになりますが、集団生活が苦手な人にとっては苦痛になります。

 

 

英会話を独学で勉強するには?

アプリ

最近ではスマホのアプリで英語を勉強する人も増えてきています。

そこでオススメするのがリクルートが提供しているスタディサプリ ENGLISHです。

 

>>英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH



このアプリではメインのレッスンは漫画のようなストーリに沿って進められます。

レベルも1から7まであり自分に合ったレッスンを受けることができます。

 

特にオススメなのが話す能力と聞く能力を効率よく鍛えることができる点です。

音声をスマホのマイクに話すだけで発音をチェックしてもらうことができ、会話を聞き流せば自然と英語が聞き取れるようになってきます。

 

アプリのメリット

アプリのメリット

・月額料金が安い

・空き時間に勉強できる

・月額料金が安い

・空き時間に勉強できる

 

スタディサプリENGLISHは月額980円から始めることができ英会話スクールなどと比べると非常にお得です。

 

また、はじめの1週間は無料で体験できるため自分に合うかどうかの検討ができます。

今の時代、スマホを持ち歩かない人はほとんどいませんよね?

スマホで手軽に勉強できるのでちょっとした隙間時間に勉強することができます。

そのような少しの積み重ねで大きな効果が期待できます。

 

アプリのデメリット

アプリのデメリット

・ネット環境が必要

・対面形式で実際の先生に教われない

・ネット環境が必要

・対面形式で実際の先生に教われない

 

どうしても音声のダウンロードなどでネット環境が必要になります。

wifi環境では大丈夫でしょうがスマホでは通信制限になってしまう可能性もあります。

アプリの性質上仕方がないのですが英会話スクールのように実際の先生と会って授業を受けるわけではないので質問などがしにくいです。

 

外国人相手に実践してみる

これは正直言って強引なやり方ではありますが、外国人が集まるパブなどに行って本物の外国人に対して英語を実践していくやり方です。

 

特に狙い目がALTの先生と仲良くなることです。

 

実際に英語を教えているだけあって親切に教えてくれる人が多いです。

筆者自身はこのやり方が一番合っていて英語を聞く、話す能力を鍛えました。

 

実践のメリット

・本物の外国人と話せる

・外国人の友達ができる

・本物の外国人と話せる

・外国人の友達ができる

 

英語はやはりネイティブの発音を聞いて勉強できるのがいいです。

さらに日本にいる外国人なので本当にわからない時は日本語が通じます。

日頃から遊んだりするような仲にまでなってしまえば否応無しに英語を使う機会が増えて自然と聞いて話なせるようになります。

 

実践のデメリット

・コミュケーション能力が必要

・お酒が飲めない人には合わない

・コミュケーション能力が必要

・お酒が飲めない人には合わない

 

向こうから話しかけてくれることもありますが、やはり自分から話しかけていくことが重要です。

そのため、初対面の人と話すのがにがてな人は誰とも話せない可能性があります。

パブの性質上お酒を飲む所なのでお酒が飲めない人が行くとただただ辛いだけなのでやめましょう(笑)

 

 

まとめ

まとめると、英会話を本格的に学ぶなら↓

 

こんな方におすすめ

  • 英会話スクールに通う
  • フィリピンへの短期留学をする

 

英会話を独学で学ぶなら

・アプリで隙間時間に勉強する

・外国人を見つけて実践する

今回は、突然「海外赴任」を命じられてしまった方へ、速く英会話が上達する方法をご紹介しました。

正直、どれも微妙かも知れませんが、やらないよりマシです!

赴任先で慌てないように、すぐにでも勉強を始めましょう。

 

>>英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

 

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-英会話

Copyright© 情報ランキングサイト・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.