英会話

英語でリスニングできるようになるための初心者必見!無料アプリとは?

更新日:

 

英語のリスニングって、一番大事なスキルだと思うんです。

 

だって聞こえないと何も始まらないし。(当然ですけど)

 

読み書きだけでいいのであればそれでいいんですけど、会話というコミュニケーションを取る前提の英語スキルであるならば、リスニングは避けては通れないものですよね。

 

 

だからこそリスニングの勉強で間違った方法でやりたくない!

 

この記事はそんなあなたが見るべき大事な内容となっております。

 

 

 

初心者が英語でリスニングができない2つの理由

 

英語初心者が必ずつまずくリスニング…

日本人ってなんで英語を話せないんだろう?の議論がずーっとされてきてますけど、答えはもう分かっているんです。

日本人がどうとかではありません。

 

  • そもそも英単語を知らない
  • 英語の音を知らない

 

この2つの要素だけが、あなたが英語でリスニングができるようになるためのキーポイントです。

 

まぁ前者「そもそも英単語を知らない」のは個人で覚える他ないわけなんですが、問題は後者「英語の音を知らない」ことですよね。

 

 

英語の音って?

 

日本語と英語って、子音と母音が全く違うんですよ。

例えば日本語も英語も同じ「トマト」を例に発音記号を並べてみると…

 

日本語→[toˈmaˌto]

英語→[təˈmeɪˌtoʊ]

 

よく見たらトマトの「マ」のところの発音が違うんですよ。

なんか英語だと「メイ」的な発音になって、カタカナで書くと「トメイトウ」ってなります。

 

本来の外来語であるトマトですら発音が違うんですね!

 

 

英語の知らない音は雑音と処理される

 

人間の脳ってすごくよく出来ていて、自分の知らない音は全て雑音として処理され、理解できる言語(音)だけを拾うことができます。

なので母国語である日本語だけが耳に残って、英語が聞き取れないのは当然なんですね。

 

これがさっきの例でいうと、トマトだからまだアメリカ人が「tomato」って言っても「あ、トマトって言ったのかな?」と予想できますが…

もしこれが全く知らない単語だったらもう聞こえないでしょうね。苦笑

 

だからこそ単語を知る必要性、音そのもののシステムを知る必要性というのがあります。

 

話を戻しますと、英語の音のシステムを理解することで、脳に英語を雑音として処理させない。

ここが一番の大きなポイントです。

(後ほどこの続きをお話します)

 

 

 

英語リスニングに最適なアプリ3選

 

スタディサプリENGLISH

 

 

英語学習のお供として知られているスタディサプリから、英語のアプリがあります。

こちら、発音記号を確認しながら練習できるだけではなく、自分の録音で発音チェック、しかも改善点もアドバイスしてくれるような優れものです!

これでどう改善できるか、つまりどうやって英語のシステムを理解するかを一人で学ぶことができるんですね!

 

アプリ内では、なりきりスピーキングというのがあり、そこでは自分がそのシチュエーションにいる人になりきって英語を話すというものです。

なので、シチュエーションでも覚えることができるというのはとても大きいポイントとなります。

 

 

NHKゴガク 語学講座

 

 

やっぱり語学といえばNHKですかね。

昔からの王道といいますか、基礎英語のNHKはやはり英語初心者の味方です。

実際、NHKの「ラジオ第2」で放送している語学講座を無料でストリーミングできるアプリとなっており、ラジオを聞きながら番組内でのキーフレーズと解説で効率的に勉強することができます。

 

 

 

誰も教えてくれなかった英語が聞こえるようになる驚くべき方法

 

先ほど、英語の音のシステムを理解すれば、必然と脳は英語を雑音として処理しなくなるというお話をしたと思います。

 

リスニングと聞けば、あなただけではなく多くの人が「耳で聴くもの」だとイメージします。

そしてだからこそ「耳で聴く」という練習をしなければならないと勘違いしてしまいます。

 

 

リスニングを鍛えるには耳だけではなく口も鍛えろ

 

既存の勉強法では、スピード○ーニングをはじめ、多くの耳で聴くタイプのリスニング教材が占めていました。

しかし残念ながら、これだけが決定的なアプローチ法ではないんですね。

 

聴くより話すことの方がリスニングで大事だったりします。

 

思い出していただきたいのが、日本語でも自分が話すことができる言葉はもちろん聴くこともできますよね。

英語でも例えば簡単な、I have a penなんかでも、話すことができますし聴くこともできます。

 

特にI have a penだからI have a bachelor degree in Linguistics at the Tokyo Universityなんて長い文章でも、要は話せたら聴くことも可能なわけです。

英語の単語や文法、文章の難易度とリスニング力に相関性はありません。

あなたが知っているか知らないか。

そこに大きく比重がかかってきます。

 

 

シャドーイングこそ王道

 

シャドーイングという練習法があります。

 

シャドーイング

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。

参照:Wikipedia

 

 

かえるの歌みたいに、聞こえてきた音をそのまま繰り返す、ただそれだけの練習法です。

簡単なんですけど難しい、簡単なんですけどかなり効果的、それがシャドーイングです。

 

これめちゃくちゃしんどいんです。

メモ

 

聞き慣れない音を必死に聞き取る

さらにそれを即座に真似する

 

 

超シンプルなのに超高度な練習法です。

 

1日10分でいいです。

10分でいいので、何かのお手本を使ってシャドーイングをしてみましょう。

単語帳に付いている例文読み上げをシャドーイングしてもいいでしょうし、好きな洋画やドラマのワンシーンでもいいでしょう。

何かしら続けられるものを探してシャドーイングをするのがコツです。

 

 

誰も教えてくれなかった「Text-to-speech」って?

 

シャドーイングの話もなんですけど…

多くの人たちが知らない、教えてくれない、そんなアプリがあります。

 

Text-to-speechって何かご存知ですか?

 

「読み上げ」を意味するこの単語、google翻訳とか、iPhoneのsiriでもそんな機能がありますよね。

 

実はむかーーーしから知っている人は知っている機能なんですけど、筆者であるざきやまは留学前なので2012年とかに英語学習に使っていました。

 

昔はSound Geckoというウェブサイトがありましたが、今はもうないみたいですね…。

 

なので探しに探して、今とてもアツいtext-to-speech(読み上げ)をしてくれるアプリを見つけてしまいました!

 

.

.

.

.

.

.

.

 

アイテクストスピーカ~~~。(だみ声)

 

 

 

Itextspeakerというアプリが今、とても、アツいです。

 

何がって、とてもシンプルでかつ、機能面でも充実しているからです。

 

 

Itextspeaker

 

 

Itextspeakerは、好きな記事などの文字をコピペ登録をし、それをスタートボタンで読み上げてくれるといったシンプルなアプリです。

これの嬉しい機能は、音声は男性女性5種類、スピード調整やリピート調整まで出来ちゃうんです!

スピード調整は本当にリスニング初心者の練習で大活躍ですよ!

 

他にも読み上げアプリはありますが、これが一番シンプルで使いやすさ的にも良いと思います。

 

 

…とまぁこんな感じで、シャドーイングをすることでリスニング力も上げていこう!ということです。

 

 

ただ、問題点が…

 

 

発音自体の向上も大事になってきますよね。

発音ができれば→つまりあるレベルまで正確な発音ができれば

という裏返しなので、もちろん発音自体もレベルを上げていく必要があります。

 

そこで役立つアプリをご紹介しますね。

 

 

 

英語発音に最適なアプリ3選

 

スタディサプリENGLISH

 

 

やっぱりスタディサプリです。笑

さっきご説明した通りなので、こちらでは割愛しますね。

 

 

スピーキング&リスニング 英語発音ドリル

 

 

これ意外に良いんですよ。

 

自分の発音と聞き比べることが大事だって言いましたよね。

シチュエーション別の会話で、手本音声と自分の音声を音声波形で表示、自分がどこで間違えているかを視覚的に見ることができるアプリです。

 

音声学で言うと、これは非常に理にかなっているので、ぜひ使ってみてほしいアプリです。

 

 

ELSA Speak-Practice speaking

 

 

最近ちょっと話題になっていたELSAです。

 

 

英語ばかりでちょっと取っかかりにくいアプリではありますが、とても良いアプリです。

リスニングテストをしたり、自分の言いたいことの発音練習にもなるので、実際に英語で会話をしたときのあの相手に伝わらないもどかしさ恥ずかしさみたいなものは、これで払拭できます!

 

 

 

まとめ

 

    • リスニングには英語の音のシステムを知る必要がある
    • 聴くだけではなく、発音することもリスニングには大事
    • itextspeakerでシャドーイングしまくる
    • ELSAとかで必ず発音自体もレベルを上げる

 

いかがでしたでしょうか?

リスニングって意外にやること多いんですよね…。

 

ただCDや音源を聞きまくるだけ、みたいなそんな単一的なものではなく、構造はシンプルだけれどやることはたくさんあるといったものです。

システムを知り、そこに質と量を投入する。

おそらく他の誰も教えてくれなかったリスニング練習法だと思います。

 

これは本当に序の口です。

人それぞれに合った勉強法というのがあります。

 

今回お話させていただいたのは、独学でどうやって練習するか…

独学ができれば苦労しないよ!とおっしゃる人はたくさんいます。

 

もしあなたがお困りでしたら、ざきやままでご連絡ください。

→→<プロフィールはこちら>

→→<ツイッターはこちら>

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-英会話

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.