臭いの悩み

【乾燥と蒸れの季節】アソコが臭い!冬でも快適に過ごす方法

更新日:

デリケートゾーンから嫌な臭いを振りまくのは夏だと思い込んで油断している人はいませんか?

 

あれっ、もしかして冬の方が臭いがきつくなるの!?

 

もちろん夏は要注意しなければならない季節で、意外かもしれませんが冬はデリケートゾーンにとって「厳重注意」の季節なんです。

 

その理由は「乾燥」と厚着をした時に起きる「蒸れ」

 

厳重注意だからと言って、冬のデリケートゾーン対策が無い訳ではありません!

 

結論を言うならデリケートゾーン臭い対策には「保湿」が重要です!

 

ここからはデリケートゾーンから放たれる悪臭は、夏より冬の方がキツイ理由を解説した上で、快適な冬を過ごせるように冬のデリケートゾーン悪臭対策をご紹介しますね!

 

デリケートゾーンの嫌な臭いは夏より冬の方がキツイ

冬のデリケートゾーンは悪臭を放つための準備が揃っていますので、まずは簡単にその理由をあげていきます。

冬のデリケートゾーンは厳重注意!

  • お肌の乾燥から起きる悪臭
  • 厚着による蒸れ、汗による悪臭
  • 蒸れから繁殖する雑菌による悪臭
  • 夏より油断をしてケア不足による悪臭

 

では、1つずつ解説していきますので、ゆっくり読んでみてください!

 

お肌の乾燥から起きる悪臭

冬は乾燥の季節、しっかり保湿をしていないデリケートゾーンから痒みがあるなら、すでに危篤状態!

痒みを抑えるために誰にも気づかれないように股をこすったり、掻いたりしてしまうとデリケートゾーンは、名のごとくデリケートな部分なのですぐに小さな傷がついてしまうんです。

 

小さい傷なら大丈夫でしょ!

 

その小さな傷が致命傷になるんですよ!

 

話を乾燥に戻します。

皮膚は乾燥すると人間の体は、必死に皮膚を潤そうとして皮脂腺(ひしせん)という脂を毛穴から出します。

 

簡単に言えば、皮脂腺からでた皮脂が常在細菌を餌にして中鎖脂肪酸と言う雑菌となり臭いを放ちます。

皮脂腺の働きは皮膚を柔らかくし湿潤に保つ働きをしており、肌を健やかに保つために欠かせない存在です。

ですが、皮脂腺から出る油脂成分により「アポクリン汗腺」「エクリン腺」から出る汗が混ざり合うことで、細菌が繁殖し臭いが発生してしまうのです。

 

発生した雑菌が、先ほど記述した「小さな傷」に入り込み、臭いのレベルアップどころか、黒ずみの原因になってしまう事も覚えておけば、むやみやたらに掻いたりしないし、下着やナプキン、洗い方にも気を使うようになるでしょう。

 

厚着による蒸れによる悪臭

夏は冬に比べて比較的露出が髙く開放的な服を着る場合、女性はしっかりデリケートゾーンのケアをするでしょう。

水着を着たりする人も多いので、人に見られていると言う意識が高くなり、ほとんどの女性は夏のデリケートゾーン対策は万全だと思います。

 

しかし冬は寒いので露出が少なく厚着をします。

冬のレジャーも露出や開放感が無いので、人に気にされていると言う意識が低くなります。

 

この油断こそが最大の敵となるんです。

 

蒸れからくる悪臭

そして寒い日は女性ならデニール数の高いタイツにブーツ!中にはタイツの重ね履きをしたり、パンツスタイルの中にタイツを履いて防寒対策を万全にしている事でしょう。

 

そうなんです!厚着をすれば当然、蒸れます!

 

冬のブーツを脱いだ時にムワァ!とくる、あの臭いも同じ原理です。

 

 

厚着をする事でかく汗は蒸れとなり、先ほど記述したように、皮脂腺から出る油脂成分により「アポクリン汗腺」「エクリン腺」から出る汗が混ざり合うことで、細菌が繁殖し臭いが発生してしまうと言う事です。

 

雑菌は高温多湿に生息しますので、冬はデリケートゾーンにとって「乾燥を避け、湿度を上げすぎず」とバランスが難しい季節でもあるのです。

 

 

夏のデリケートゾーン対策のリバウンド

ここまで読んでいただけた方は、もうおわかりでしょうが夏は露出の高い服を着る分「脱毛」などのデリケートゾーン対策がしっかりなされている場合が多いです。

そして、そのリバウンドが冬の意識に跳ね返ります。

 

デリケートゾーン対策は、汗をかく夏にしておけばいいんじゃないの?

 

実は夏、自然にかく汗と冬の蒸れは、大まかにわけるとこんな感じで違います。

 

夏はサラサラ!

 

冬はベトベト!

 

夏は基本的に外に居れば自然に汗をかきます。

そのため食事でとりすぎた体内毒素を、汗で自然と流しているのですが、冬は運動をしなければほとんど汗をかくことがありません。

 

毒素を流さないベトベト汗の方が雑菌が溜まっているため、臭いは強烈になるのです。

 

ですので、毎日運動や軽いストレッチなどをして、しっかりと汗をかき、毒素を流せば臭いは軽減されるかと思います。

 

冬のデリケートゾーン臭い対策

ここからは冬のデリケートゾーン臭い対策について触れていきましょう!

 

先ほど書いたように「毎日、軽い運動をして毒素をしっかり流す」←これもデリケートゾーン臭い対策の一つです。

その他のデリケートゾーン臭い対策はこんなのがあります!

 

下着でデリケートゾーン臭い対策

デリケートゾーンのお肌は非常にデリケートで、蒸れ等による汗の影響を受けやすい部位です。

通気性の悪い「化繊の下着」は色々なトラブルの原因になりかねません。

できれば、コットンやシルクなどの天然繊維の下着を選ぶようにすると良いかと思います。

 

お勧めの下着の形は以下の画像の通りです。

 

そして、せっかくオフロに入って清潔にしても、フィット感抜群の化繊の下着を着用してしまったら雑菌の住処になりかねません。

 

さらに下着と肌が擦れて静電気が発生すれば、下着の縫い目などに汚れが集まったり、小さな傷をつけかねません。

 

特に冬場は乾燥していますので、擦れで傷がつきやすい季節なので厳重注意です!

少しゆったりとしていて、通気性の良い下着を選ぶ事も大切ですね。

 

デリケートゾーンの洗い方で臭い対策

 

ドラックストアなどで販売されている身体全身を洗えるボディーソープではデリケートゾーンを洗うのは刺激が強すぎたり、保湿ができなかったりするのをご存知でしょうか。

 

弱酸性だから大丈夫でしょ!

 

そうですね!ドラックストアでボディーソープを購入するなら弱酸性が良いかと思いますが、デリケートゾーンをゴシゴシ洗ってしまっては弱酸性の意味がありませんからゴシゴシ洗いは避けましょうね!

 

 

冬のデリケートゾーン臭い対策に一番大事なのは保湿

そして冬場のデリケートゾーン臭い対策に一番大事なのは「ほどよい保湿」です。

体の中で、もっともデリケートな部分ですから対策には専用のソープやクリームを使うと良いでしょう。

 

もしあなたが自分のデリケートゾーンの臭いに悩まされていたとしたら、その悩みは「ほどよい保湿」で改善されるかもしれません。

 

私もデリケートゾーンの臭いに長年悩まされてきた一人です。

 

そんな私の悩みを改善するために友人がデリケートゾーンの臭い専用ソープを紹介してくれました!

コチラAV女優の友人からデリケートゾーン対策について聞いてきた!

 

 

冬場のデリケートゾーン臭い対策のまとめ

意識を変えれば、長年悩み続けてきたデリケートゾーンの悪臭を解決できるかもしれません!

 

夏場のデリケートゾーン対策は当たり前!

 

本番は寒くなってからやってくる!と言う意識があれば、デリケートゾーンの悪臭の不安は軽減、もしくは解決します!

 

まとめると・・・

冬場のデリケートゾーン臭い対策

・乾燥を避ける

・軽い運動で毒素を流す

・下着を変える

・むやみに掻いたり、お風呂でゴシゴシ洗わない

・デリケートゾーン専用ソープでほどよく保湿をする

 

何度も言うように冬場デリケートゾーンの敵は「乾燥」「蒸れ」です。

そしてデリケートゾーンの臭い対策には「ほどよい保湿」が重要です。

 

ぜひ、この冬こそ自分に自信が持てるような生活を取り戻してくださいね。

 

  • この記事を書いた人

sora

当サイトの管理者のSoraです。 各方面のプロフェッショナルを集めてサイトを運営しています!

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.