スポーツ

ヌンチャクにもワールドカップがある?ヌンチャクの歴史と基本から学ぼう

更新日:

ねぇねぇ!ヌンチャクの使い手ってカッコ良くない?
ヌンチャクで叩かれたら痛そうだよね!
そもそもヌンチャクって何?

ヌンチャクとは沖縄の琉球古武術で使われている武器の一つで、ブルース・リーによって世界的に認知されるようになったものです。

えっ!ヌンチャクって日本発祥なの!?

ヌンチャクの歴史

沖縄では馬具(ムーゲー)からの発生説が一般には知られているが、他にも麦や稲の脱穀用具「くるまんぼう」からの発生説などもあるのですが、日本では江戸時代に脱穀用農具のくるまんぼうを武器にしていたと言う記録が残っているようです。

さらに深くヌンチャクについて調べると、フィリピンでは1300年代後半にはヌンチャクがフィリピン武術の「カリ・エスクリマ」で使われていたと言う記録も残っていました。

フィリピンではヌンチャクを日本より先に武術として取り入れられていたようですね!

「カリ・エスクリマ」とはフィリピンで行われている素手、棒やナイフ、紐といった武器を使う武術で、フィリピンの国技と認められていて、学校の体育教育でも教えられているくらいの公式競技だそうです。

カリ・エスクリマと言う名前は、フィリピンがスペインに統治されていた時代にフィリピンのオリジナル武術を見たスペイン人によって付けられたようですね。

しかし更にヌンチャクは歴史が古く、当時フィリピンに海洋貿易で立ちよったアラブ人がその武術を教えたと言う記録も残っています。

16世紀にスペイン軍がフィリピンに上陸した際、フィリピンの民衆はヌンチャクの起源とされる武器でスペイン軍に戦いを挑んだと言うのですから驚きですね!

すげえな!軍にヌンチャクで対抗するなんて!
日本だってB-29に竹やりで挑んだって話あるじゃない!

まぁまぁ!そんな歴史的な経緯から、アメリカでも広く普及しているようで実戦的な武術としても人気があるようです。

アメリカでは警察でも採用されているほか、アメリカ軍やFBIの格闘術にもエスクリマの技が取り入れられたりしているようですね!

初心者のヌンチャク選び

私、ヌンチャクの使い手になりたいんだけど
えっ!女の子がヌンチャク!?危なくない?

ヌンチャクにはある程度種類があり、「木製」「ゴム製」「スポンジ製」「ウレタン製」「ラバー製」さらに「金属製」などがあります。

これは普通にAmazonや楽天で800円くらいから購入できますが、初心者の「木製」や「金属製」は痛さで死ねるとますよ(笑)

心者はスポンジ製かゴム製を選ぶべきかと思います。

私はAmazonで1000円ほどの「ゴム製」のヌンチャクを購入しました!

これがそのヌンチャクですが、肩や腰に当るとある程度の衝撃はありますが、特に痛みは感じません。

ただしヌンチャクを回転させ、脇の下に回したヌンチャクを逆の手で掴む練習をしていると、時につかみ損ねる場合があり、その時指にぶつかると結構痛いです(笑)

れはもはや立派な凶器だなって思いました!

実際、日本では携帯すると軽犯罪法に触れる恐れがあったり、海外では単独所持を法律で禁じている国(カナダなど)があるようです。

持ち運ぶのはヤバいですね!

えっ!人に向けちゃだめだよ?
私は夜中コッソリとぶん回してるわよ!
それはそれで危ない人だな!

ヌンチャクの基本的な回し方は動画でじっくり観ながら、一緒にやってみると良いでしょう!

私はこの方の動画を観て、回せるようになりましたよ!

フリースタイル・ヌンチャクワールドカップ

実は東京に「ヌンチャク」を教えてくれる教室があるようで、ぜひ一度私も行ってみたいのですが、そこではフリースタイルと呼ばれるヌンチャクさばきを教えてくれるようです。

場所は東京都中野区にある「フリースタイルin中野」と言う教室ですね!

うおおーー!結構生徒がいるんだな!
いつも満員になるみたいよ!予約制かしら
いや、個人レッスンもやってるみたいだよ

フリースタイルin中野にお邪魔したわけではないので、いい加減な事は言えませんが、この動画を観た限りでは、丁寧に教えてくれるような気がしますね!

ヌンチャクの貸し出しもしてくれるようですが、「マイ・ヌンチャク」を使いたい場合どうなんでしょう。

レッスンを受けに行く道中、職務質問されてヌンチャクが発見されたら・・・

私、超きょどりそう(笑)
レッスン行くならヌンチャクレンタルした方が良いね(笑)

興味がある方はぜひ!こちら⇒フリースタイルin中野ホームページ

フリースタイル・ヌンチャクについて、このホームページでは・・・

フリースタイルヌンチャク』は決まった型がなく、特殊な回し方をしたり、放り投げたり等、自由にヌンチャクを扱うパフォーマンススタイルです。

日本ではあまり知られていませんが、世界ではパフォーマンスの一種として確立されています。

技のバリエーションは無限にあるので、ダンスやジャグリングなどのステージパフォーマンスにも活かすことが出来ます!

と、書かれていますね!

沖縄の琉球古武術とは、全く異なる新たなジャンルなのかと思いきや・・・

さらにヌンチャクについて調べていると、なんと!!

ワールドカップ!?!?

えっ!待って!ヌンチャクってワールドカップもあるの!?

調べてみると過去、日本でも開催していたようですが現在開催しているかは不明ですが、上記の動画は2018年のものですので一応ヌンチャクワールドカップは行われた形になるのでしょうか(笑)

そして、下記の動画は2013年モスクワで「Nunchaku トーナメント」なるものが開催されていた模様。

すっげええ!!ナニコレ!

細かいルールなどはわかりませんが、ヌンチャクさばきの華麗さを競うのが、Nunchaku チャンピオンシップなんだと思いました!

サッカーと同じで4年に1度行われるのでしょうか・・・

それなら2017年にも開催されているはずだよ!
んんっ!私ワールドカップ目指すわ!

ヌンチャクの使い手は、絶対数は少ないでしょう。

あくまで日本国内を見て!の感想ですが、現段階ではマニア向けの競技だと思いますね。

じゃあ私、Nunchaku 日本代表になりたい!
予選にでるなら観にいくよ!
え!予選があるの?
知らんよ・・・

ヌンチャクの華麗すぎる技

ヌンチャクには華麗な技が多数存在するようで、現在私は練習中です!

ヌンチャクのすごすぎる技をご紹介します!

リストスピン

回転が速すぎてわかりません(笑)

一緒にやってみてるけど、まだまだ修行が足らないのですごく難しいですね!

小手返し

あっ、これリストスピンと同じか!
けど、なんかわかりやすい動画だね!

リストロール

メビウス回し

登り龍

どれもこれも凄すぎて何だかわからんね(笑)
でもこれってヌンチャク協会みたいのが公式で認めている技なのかしらね!

調べているとどうやら技の命名は個人的な趣向でつけられている模様(笑)

沖縄の琉球古武術

沖縄の琉球古武術はフリースタイル・ヌンチャクとは全く別物で、歴史と伝統をひしひしと感じることができますね。

しかし沖縄のヌンチャクにも技名があり、フリースタイル・ヌンチャクと同じく「リストロール」「フロントハンド」「バックハンド」と言った技があるそうです。

そして見目は、ヌンチャクのチェーンの部分が紐でできていて短めです。

沖縄のヌンチャクは長さ7寸5分(約23cm)から長くて10寸(30cm)までと定められているみたいですね。

ヌンチャクのまとめ

ヌンチャクってかなりディープなジャンルかと思ってましたが、全国に教室があり、東京では満員になるくらい人気の競技だったんですね!

しかしやはり今の所マニア向けの競技だと感じました。

ですのでとことん練習して、真のヌンチャクの使い手になりたいと思います!

そして!ヌンチャク市場は割と熱いと言う事が理解できたので、私もワールドカップを目指してフリースタイル・ヌンチャクを真剣に練習しようと思います!

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

Copyright© ツナガル , 2019 All Rights Reserved.