黒ずみの悩み

デリケートゾーンの黒ずみ対策は専用クリームで決まり!

更新日:

 

好きな男性に見せるのが怖い!

 

デリケートゾーンの黒ずみがコンプレックスになっている女性は一定数います。

特に夏場、肌の露出が多い時期は気になりますよね?

 

結論から言えば、そのコンプレックスのほとんどが今は改善できる時代になっています。

 

ここではデリケートゾーンの黒ずみの原因と黒ずみを改善するクリームの紹介をしていきたいと思います。

 

デリケートゾーンの黒ずみに考えられる3つの原因

メモ

①刺激・摩擦による黒ずみ

②圧迫による黒ずみ

③妊娠・出産などホルモンバランスの乱れによる黒ずみ

 

 

「刺激・摩擦による黒ずみ」

デリケートゾーンの皮膚は、他の部位より薄く弱い部分です。

その部分をカミソリで繰り返し剃ったり、脱毛などで頻繁に刺激を与えると、

刺激に対してメラニンを生成することで皮膚を守ろうとするために、色素沈着を起こして黒ずみが発生します。

また、ナプキンやおりものシート、トイレットペーパーの使用や股ずれなど日常生活の中に黒ずみの原因が潜んでいるのです。

 

皮膚の潤いバリアーは弱いので気をつけましょう!

 

「圧迫による黒ずみ」

ゴムの締め付けが強い下着や、狭いサイズのショーツの摩擦で、ビキニラインや股の下、腰回りなどの皮膚が赤くなったり痒くなったことはありませんか?

デリケートゾーンは、下着やショーツなどによる摩擦や刺激が、日々積み重なることで黒ずみになります。

特に下着のゴムの部分が毎日あたる『腰回り』や『脚の付け根(Vライン)』などは黒ずみになっている方も多く、その原因のほとんどは下着による摩擦や刺激の積み重ねが原因でできた黒ずみです。

小さめのショーツや下着のゴムで圧迫された皮膚は、外部から過度な刺激を受けてることから肌を守ろうとします。

そのため、黒ずみの原因であるメラニンの生成を活発にし、肌が赤くなって表面に表れます。

肌は締め付けや摩擦など、外部からダメージを受けると、肌細胞(メラノサイト)から、メラニン生成を活発にし、肌を守ろうとするのです。

毎日のことで、無意識に肌の摩擦や締め付けを繰り返し起こしているので、自然とメラニンの生成がさらに活発になり、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、徐々に肌に黒ずみとなって表れます。

 

デリケートゾーンはとにかく圧迫や刺激に弱いのよね

 

「妊娠・出産などホルモンバランスの乱れによる黒ずみ」

不規則な生活や食生活の乱れやストレスはホルモンバランスを崩します。

すると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルが乱れ、古い角質がスムーズに排出されなくなり、黒ずみの原因となる場合もあります。

また、妊娠するとホルモンバランスが乱れ、特に症状が強く表れる場合があります。

妊娠や出産を機に、急にデリケートゾーンや他部位の黒ずみが悪化してきたという方も多いです。

これは、妊娠することにより『母体が出産に備えて肌を守るためにメラニン生成が活発化する』ことが黒ずみの原因となります。

これにより皮膚全体のターンオーバーも乱れ、デリケートゾーンも黒ずむというわけです。

産後は、ターンオーバーも元の状態に戻り基本的に皮膚の黒ずみというのは徐々に薄くなっていくのですが、

デリケートゾーンだけは、出産の為に多くの肌ダメージを受けているため薄くなりにくく、軽度の色素沈着が残り改善しにくいといわれています。

 

ストレスも黒ずみに関係してるのね

 

簡単なデリケートゾーンの黒ずみ対策方法

メモ

①保湿をしっかりする

②洗い方に注意する

③デリケートゾーン用の美白クリームを使用する

 

 

「保湿をしっかりする」

日々の生活で刺激や摩擦によるダメージを受けているデリケートゾーンは乾燥しがちです。

お肌が乾燥すると固くなり肌荒れの原因となるため、さらに黒ずみを悪化させます。

ボディクリームなどをデリケートゾーンの粘膜部分以外のところへ塗布して、しっかり保湿しましょう。

 

しかし、敏感な部分なので、普通のクリームでは逆に刺激になってしまうことが多いです。

保湿するときは、デリケートゾーン専用のクリームやボディーソープを使用しましょう。

「洗い方に注意する」

ナイロンブラシやスポンジなどに石鹸をつけてゴシゴシとお手入れしてしまうことがあります。

デリケートゾーンは、常在菌の自浄作用により弱酸性の状態をキープし、雑菌などの発生を抑えています。

あまりボディーソープなどでゴシゴシ洗ってしまうと、常在菌も殺してしまい、逆に臭いやかゆみが発生したり、皮膚の刺激になってしまいます。

デリケートゾーン黒ずみは、洗うときの刺激によっても増すこともあります。

デリケートゾーンは、優しく泡立てた弱酸性の石鹸やボディーソープで軽く洗う程度で、黒ずみの原因となる古い角質や毛穴の汚れも取り除くことが可能です。

 

黒ずみ対策と予防にはデリケートゾーン用の美白クリームを使用する

黒ずみの原因が摩擦や圧迫、ホルモンバランスの乱れだと分かっていても、日々の積み重ねからくるものではなかなかすぐに解消できることではありません。

 

そこで大切なのが、ダメージを受けた肌を少しでもケアしてあげることです。

 

皮膚の黒ずみにはちゃんと黒ずみ対策専門の商品があるんです!

 

黒ずんだ皮膚の色を薄くしていくためのケアに最適なのは・・・

あそこの黒ずみの予防や対策に最適なのはデリケートゾーン専用のクリームです。

しかしいくら効力のある美白美容クリームを使ったとしてもすぐに効果は得られません。

毎日、クリームを塗る事で皮膚の黒ずみを少しづつ薄くしていきます。

 

基本、黒ずみ対策のクリームは、美白有効成分が入ったものを選びましょう。

美白成分といえば主に、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタなどがあります。

美白成分は他にもありますが、このような医薬部外品の認可を受けている美白有効成分配合のものがおすすめで安心です。

 

これら全ての成分が配合されたデリケートゾーン黒ずみケアの中でも「イビサクリーム」が注目されています。

 

また、デリケートゾーンは皮膚が薄く、とても敏感な部位です。

どんなに美白効果や保湿効果が高いものを使っても、刺激になる添加物が多いものだと逆に荒れてしまう原因となります。

無添加で、できるだけアルコール、着色料、香料、パラベン、鉱物油などが配合されていないものを選ぶことをおすすめします。

 

お肌にやさしい処方になっているかは、デリケートゾーンの黒ずみケア臭いてとても重要なポイントです。

それらのポイント全てを凝縮した美白美容クリーム・イビサクリームは品切れが起きるほど人気の商品です!

 

イビサクリームの料金形態

イビサクリームの購入方法にはいくつかのプランがあります。

とりあえず試してみたい!と言う方が思いつくのはもちろん単品購入!

単品購入プランの場合、7,000円(税別)+送料360円+手数料150円=7,510円と言う価格。

単品4本まとめセットで4本まとめて買うと19,800円(税別)

 

単品購入7,000円で4回購入すると28,000円となる計算なので、4本セットで購入すると8,200円お得に買える事になりますね。

 

まぁ、4本まとめ買いする人はすでにイビサクリームのリピーターかと思われます!

 

イビサクリームにはさらに難解なプランがあり、毎月2本集中ケアコースと言うプランもある。

 

この場合の料金は2本で8,800円(税別)、単品購入で2本買うと14,000円(税別)なので5,200円お安く購入する事ができますが、このプランは2ヶ月間購入をしなければなりません。

 

解りやすく言うとこのプランは、毎月2本、2回以上の継続を条件とし2本で8,800円と言う値段になるわけです。

2ヶ月間は購入をしなければならないので合計で17,600円かかるという事になる。

この場合、単品を4回購入した場合、28,000円となるため、10,400円ほど割安になります。

 

そんな難解なプランの中で私、サイト管理人が選んだプランは毎月1本集中ケアコース!

最低2ヶ月継続して利用する事で4,470円(税別)+(送料無料)

合計金額8,940円(税別)、単品購入2本で14,000円だとすると、このプランは4,060円お得に購入する事ができます。

 

デリケートゾーン専用ケアグッズの多くは、効果がなかった場合「全額返金保証」がついています。

このイビサクリームには初回購入に限り28日間の全額返金保証がついています。

万が一お肌に合わなかった場合、半分以上使っていたり、複数本購入して開封していないかぎり、商品購入後28日以内に「お買い上げ明細書」「商品の容器」を返送すれば初回に限り、この保証が使えます。

私が、試しに返品してみたところ、振り込み手数料324円と事務手数料1,080円を引かれた金額が返金されました!

 

 

 

 

 

 

 

なので全額保証は少し言いすぎかな!

と、思いながら注意事項をよく見るとちゃんと書いてありましたね!

効果の方はさすが厚生労働省公認・美白成分トラネキサム酸配合のクリームだけあって、2ヶ月ほどでくすみが薄くなりました。

分量もほんの少し塗るだけでいいから皮膚に刺激を与えずに黒ずみを薄くしていきます。

デリケートゾーン美白人気No.1商品【イビサクリーム(医薬部外品)】

 

合わせて読みたい記事

>>AV女優に聞いたデリケートゾーンの黒ずみ対策について!

 

>>20代のうちにもっとかわいいビキニを着たい!今年の夏こそ黒ずみ改善

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-黒ずみの悩み

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.