黒ずみの悩み

知らないと怖いよ?アソコの黒ずみを改善するレーザー治療の費用と副作用

更新日:

あそこが黒ずんでいるから治したいけど、レーザー治療をするのが怖いし、副作用はもっと怖い・・・

あそこの黒ずみ治療の相場はいくらくらい?

病院に行かなくてもあそこの黒ずみを消すことはできる?

ここではデリケートゾーンのレーザー治療、その副作用をご紹介した後で、自宅でもできるあそこの黒ずみ対策を教えていきます!

 

自宅であそこの黒ずみを改善したい!と言うかたはこちら

 

黒ずみの治療法とは?何科を受診したらいい?

まず黒ずみを治療してくれる科は皮膚科、もしくは美容皮膚科です。

美容皮膚科での治療は、黒ずみの原因となるメラニン色素を直接破壊するため、皮膚の深いところにレーザーをあてる治療法です。

長い年月をかけて黒くなってしまった黒ずみを消すためには肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を利用します。

レーザー治療により破壊されたメラニンはレーザーをあてることでターンオーバーが働き、徐々に表面に出て垢として剥がれ落ちていきます。

一度でメラニン色素を破壊するのは難しいため、レーザー治療は複数回に分けて行われますので治療には複数回通院が必要になりますね。

 

レーザー治療の種類

あなたの黒ずみのお悩みはVライン、Iライン、Oラインのどの部分でしょうか?

レーザー治療にはいくつか種類があり、皮膚の厚さや症状によって使うレーザーが違います。

Vラインや大陰唇とよばれる部分は、デリケートゾーンの中でも比較的、皮膚が厚いですが、

小陰唇とよばれる部分は、粘膜なのでレーザーであてる刺激の強さを落とさなければなりません。

 

レーザーの主な治療法

レーザートレーニング

デリケートゾーンの中でも、VラインやIライン大陰唇(表面)のあたりの黒ずみは、顔などのデリケートゾーン以外シミにも使われるレーザートレーニングを使って除去していきます。

麻酔などはなく、冷やしながら徐々にレーザーをあてていきます。

費用は1回あたり10,000円〜30,000円程度が相場で、複数回パックで契約する方がほとんどです。

人によっても回数は変わりますが、最低でも10万円程度はかかるとみてよいでしょう。

通院の回数は平均5~10回通う必要があります。

 

インティマレーザー

小陰唇の黒ずみ除去や、膣の中の縮小などに使われるレーザーです。

入浴時などに感じる膣のゆるみの治療にも使われます。

インティマレーザーは最小限の熱で治療ができるため、粘膜表面へのダメージを最小限にとどめます。

インティマレーザーは、他のレーザー以上に皮膚の奥深くから細胞の再構築を行うことができるため一回の治療で黒ずみが改善されるメリットがあります。

しかし治療費が非常に高額で1回あたり10〜20万円近くの費用がかかる金銭的デメリットがあります。

インティマレーザーの治療自体は15分~20分で終わってしまうほど簡単な治療ですが、人によっては一時間ほどヒリヒリとした痛みがある場合もあります。

中には「レーザー治療が怖い」「病院に通うのがしんどい」と言う女性も少なくないでしょう。
そんな方には簡単にデリケートゾーンの美白対策ができる黒ずみ改善専用クリームをおすすめします。

クリームなら毎日、手軽にアソコのケアができるかと思いますよ!
おすすめのクリームの詳細はこちらの記事に書かれています。

>>AV女優がひそかに使っている黒ずみケアコスメはこれ

 

では実際にはどのような流れで治療が行われているのでしょうか?

レーザー治療をするまでの3つの流れ

1、カウンセリング・問診

まずはじめにカウンセングを行います

そこでは、どこの部分のの黒ずみを落としたいのか、どのくらい落としたいかなどについて、問診があることが多いです。

治療後のイメージを医師にしっかり伝えましょう。

2、レーザー照射

レーザー治療は、手術のようなおおがかりなものではなく、麻酔もありません。

黒ずみを消したい部分にレーザーを照射します。

軽く輪ゴムで弾かれたような痛みが連発するといった感覚です。

我慢できる程度の痛みですが、結構痛いと感じる方も多いようです。

痛みに弱い人向けに、痛みを軽減するための麻酔クリームなどもありますので、相談してみると良いでしょう。

3、アフターケア

レーザー照射した直後から少し赤くなったり、ヒリヒリとするかもしれません。

状態や希望によって回数を重ねる場合が多いため、1回で終わる人もいれば、10回ほど行う人もいます。

レーザー照射は、妊娠中は治療できない、シャワーはOKでも入浴ができない、性行為は数週間から1ヶ月できない

といったこともお約束もでてくるので、注意して治療をすすめましょう。

 

レーザー治療の副作用

レーザー治療を受ける前に必ず確認しなければいけないのが副作用のリスクです。

現代のレーザー治療は副作用はほとんど無いと言うくらい進歩していますが、人によっては副作用がみられるようです。

ヒリヒリする場合がある。

2週間ほど内出血を起こす間合いがある。

赤みがでる場合がある。

にじむ程度の出血が一週間ほど続く場合がある

これらの副作用は人により体質にもよるので、治療を受ける前に医師に確認をとってから治療を受けるようにしましょう。

さらに治療中の副作用の一つとして「日焼けをしてはいけない」と言う注意があります。

レーザー治療中に注意を無視し、日焼けをすると取り返しのつかないことにもなりかねません。

この写真はレーザー治療中に海に行きやけどのような状態になってしまった女性の写真です。

治療することは可能のようですが、長い期間と高いお金がかかってしまいます。

ヤフー知恵袋より転用

レーザー治療が怖いと言う女性は大勢います。
そんな女性におすすめなのがデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームです。

黒ずみ専用クリームなら自宅で安心して黒ずみを緩和させることが可能です。

 

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームの詳細はこちら

 

レーザー治療をうける方のよくある質問

参考

痛みはありますか?
術中は局部麻酔を施すのでほぼ痛みはありませんが、痛みに弱い方はカウンセリングの際、医師にご相談ください。
入浴はいつから可能ですか?
シャワーは手術当日から浴びる事ができますが、入浴は一週間はお控えください
お酒は当日から飲めますか?
手術当日の飲酒は痛みが増強する場合がありますので、手術翌日以降をおすすめします。
性行為はいつからできますか?
性行為は2週間ほどはお控えください。

こんなところでしょうか!

 

東京でレーザー治療を行う病院

では実際にこのレーザー治療はどんな病院で行っているのでしょうか?

そこでは、デリケートゾーンのレーザー治療ができる美容クリニックについてお伝えします。

レーザーを照射する機械は基本的には同じなので、設備にはどこもあまり差がないようです。

なるべく大きいクリニックであれば、症例数も多い、価格を安めに設定していることも多いので、安心感があります。

 

参考

>湘南美容外科クリニック      インティマレーザー 東京(新宿) ¥98,000/1回〜

>ノエル銀座クリニック       レーザートーニング 東京(銀座) Vラインor Iライン¥6,000/1回〜

>自由ヶ丘ロジエクリニック     レーザートーニング 東京(自由ヶ丘) Vライン¥20,000/1回〜

>ガーデンクリニック        インティマレーザー 東京(池袋・品川)神奈川・名古屋・大阪・福岡 ¥90,000/1回

>イナバクリニック        レーザートーニング 神奈川(横浜) デリケートゾーン¥12,000/1回

 

病院選び3つのポイント

1、カウンセリングに重点をおいていること

カウンセリングを怠る病院はお勧めできません。
病院によっては無料カウンセリングの相談を受け付けている病院もあります。
自分の話を丁寧に聞いてくれる病院を探しましょう。

2、料金体系が明確であること

公式ページを見て料金が不透明な病院は避けた方が賢明です。
安い!を掲げる病院は追加オプション料金がかかる事がありますので、しっかり確認する事が必要です。

3、通いやすい場所

インティマレーザーの場合は一日で治療が終わる場合がほとんですが、レーザートレーニングの治療は複数回(5~10回)の通院が必要になります。

行くのがめんどくさくなった!

そんな「通院あるある」を避けるために、できる限り近郊で通いやすい病院を探しましょう。

 

レーザー治療をしても黒ずみは再発する

レーザー治療を受けて黒ずみが改善されてもケアを怠れば2~3年ほどでまた黒くなります。

レーザー治療はあくまで今の黒ずみを改善するための治療であって再発防止効果はありません。

せっかく綺麗になった部分のアフターケアはきちんと行うようにしましょう。

 

レーザー治療後のアフターケアの方法は?

保湿

デリケートゾーンは非常に乾燥しやすい部位で、乾燥してしまうと外部からの刺激から肌を守る力が弱まってしまいます。
再発を防止するためにも保湿には最善のケアをしましょう。
ケア方法で一番有効なのはデリケートゾーン専用のクリームで保湿をしっかりとすることです!

 

洗い方

ゴシゴシ洗いすぎるとそれが刺激となり黒ずみを誘発します。
あそこを洗うときはデリケートゾーン用ソープを使い優しく洗いましょう。

 

肌に優しい素材の下着をつける

肌に優しく通気性の良い素材はシルクです。
敏感肌の方にもおすすめですが少々値段が高いのがデメリットですね。

 

まとめ

美容皮膚科クリニック臭いて用いられる治療法「レーザー治療」は副作用の少ない安心の治療法ではありますが、インティマレーザーもレーザートレーニングも金額が髙い!(平均10万円前後)と言うデメリットがあります。

さらに治療を施しても日々のケアを怠れば再発します。

ですので、日々のケアが可能であれば、レーザー治療を受けることなく黒ずみ改善をしてみる事をおすすめします。

 

AV女優のデリケートゾーン黒ずみケア方法とは!

脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみが目立ってショック!夏までに解消したい

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

Copyright© ツナガル , 2019 All Rights Reserved.