スポーツ

野球のパフォーマンスを上げるための鍛え方

更新日:

 

野球が好きな方なら誰しもが、打球の飛距離を伸ばしたい!速いストレートが投げたい!守備範囲を広くしたい!など色々と考えるているかと思います!

 

でもいくら野球の練習をしてもパフォーマンスUPに結び付かないなんて事ないですか?

 

結論を言えば、その理由は野球のための鍛え方出来てないと言う事が考えられます!

 

野球に必要な筋肉、身体を鍛える事はパフォーマンスUPに繋がります!

 

そこで今回は野球上達の為の筋トレメニューをご紹介します!

 

そしてそして、、

 

トレーニングの効果を飛躍的にアップさせる超有能サプリメントのご紹介もします!!

 

>>サプリの情報はこちらから!!

 

>>トレーニング効率を上げる”モリンガの小粒”はこちらからチェック!

野球のパフォーマンスをあげる鍛え方・体幹

まず最重要なのは体幹です

体幹とは頭部、四肢以外全ての部分の事を言います!

ではなぜこの体幹を鍛えると良いのか?

それは「投げてる時」「走ってる時」にブレるはずの重心が安定し目線や身体がブレなくなるからです!

 

野球では腹筋などの体幹が弱いと下半身から上半身へ力が伝わりにくくなります!

野球の動作は下半身で作り出した力を上半身へ、上手く伝達しバッテイングやピッチングを行っています!

下半身からの力を効率的に上半身に伝える為に体幹は必要なのです!

 

特に・・・

メモ

・バランス感がない
・怪我を良くする人

該当した方は以下の体幹トレーニングを是非実践してみて下さい!

 

1・プランク

メモ

1.両肘を床につき、うつ伏せの状態になります
2.かかとを上げて、つま先を床についた状態にします。(背伸びしてる感じです)
3.お腹に力を入れ身体を支えるようにして頭の先から足先まで一直線になるようにしましょう。
4.このままの姿勢をキープします。

これを1分1セット行ってください!

ポイント

・床の硬く肘が痛くなったりする場合肘の下にタオルを敷いてやるといいです!
・お腹の位置が落ちたり、お尻が天井に突き出ないように。
・目線は少しだけ斜め前の先を見る様にし下を向かない様にする!
・呼吸は止めないで行って下さい。

 

2・サイドプランク

メモ

1.身体を横にして寝ます
2.肘と肩が一直線になるように床につけます。
3.ゆっくりと腰をもちあげましょう。
4.頭から足先までが一直線になる状態でキープします!

これを左右各1分1セット行ってください!

 

ポイント

・お尻が前や後ろに突き出ないように意識しましょう
・お腹が落ちてきてしまうと効果が薄れます
・反対の手は天井に向けて真っ直ぐ伸ばします
・バランスを保ちながら筋肉の収縮を高めましょう。

 

野球のパフォーマンスをあげる鍛え方・下半身の筋トレ

体幹の次に鍛えるのは下半身です。

その理由は下半身を鍛える事によって、「投手ならば踏み込んだ足の踏ん張りが強くなる」事で、急速アップが見こめボールが高めに浮きにくくなる効果があります!

打者ならば「打つ際に軸足が安定する為にトップが安定します!」実際にスイングでは下半身から力が生まれるので回転力が増し、飛距離が伸びる利点があります!

1・ ウォーキングラウンジ

メモ

1・片方の足を一歩踏み出す
2・同時に後ろ足の膝を地面に近付けるように腰を落とす
3・立ち上がりながら、後ろの脚を前へと踏み込み込む

これを各足10歩計20歩行います!

ポイント

・ウォーキングランジは、深く足を踏み込むやり方により、下半身の筋肉全体に効果的な筋トレとなります。

・一歩一歩大きく、そして、しっかりと踏み込むようにしましょう。

ウォーキングランジは脚の入れ替え時に片足立ちとなる為、体幹とバランス感覚を鍛えることができます。

ただし肝心のバランスがぐらついては効果がないので、腹筋に力を入れてぐらつかないように意識して行いましょう!

 

そして下半身をしっかりと鍛える為には、立ち上がる際には、体の反動で立ち上がるのではなく、足の裏で地面をしっかりととらえ、立ち上がることもポイントです。

 

2・スクワット

メモ

1.足の幅を肩幅位に広げる

2.つま先はガニ股や内股にならないように真っ直ぐにして立つ

3.腕を肩のラインまで上げる

4.股関節を下げていくイメージで身体を下げていく

これを1セット10回行います!

ポイント

・膝がつま先より前に出ないように注意する

・つま先と膝が同じ方向を向いている

・身体をしっかりと下げる!じゃないと効果が薄れてしまいます!

 

野球のパフォーマンスをあげる筋肉・インナーマッスル

 

インナーマッスルとは?

骨格筋のうち、体の奥にある(インナー)筋肉(マッスル)の総称。肉眼で赤みを帯びて見えるため赤筋(せききん)ともよばれ、収縮速度が遅いため遅筋ともいう。

さらに体の中心部にあることから深層筋とよばれることもある。

持久力に富み疲労しにくい性質をもつ、筋線維の直径が小さな筋肉で、背骨に付着して姿勢を保持するための筋や、股(こ)関節や肩関節に付着して関節の位置を保持する筋など、長時間持続して緊張を要する部位などによくみられる。

すなわちインナーマッスルは、体の回転や関節の動きにあわせて背骨や関節の位置を微調整するように働いている。

その中の肩のインナーマッスル、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)

これらの部位を肩のインナーマッスルと言います。

なぜインナーマッスルを鍛えるといいのか?

肩の関節というのはとても不安でデリケートなです!不安定な肩関節を安定させてくれるのはインナーマッスルです!

インナーマッスルを鍛えると怪我や故障などを防ぐ事ができます!

さらに肩の関節が安定させる事で肩の力が強くなり球速UPや遠投の距離が伸びます!

インナーマッスルを鍛えると良いことだらけですよ!

 

それでは具体的にインナーマッスルの鍛えるトレーニング方法をご紹介します!

 

トレーニングを行う前に準備するものがあります

メモ

・チューブ

・タオル

この二つだけ準備して下さい!

 

1・棘上筋と小円筋のトレーニング

メモ

1.チューブを片方扉の取っ手などに固定する

2.固定した側と反対側の手でチューブを掴む

3.掴んだ手の方の脇にタオルを入れる(脇を締める意識をつける為)

4.肘は直角にして、チューブをゆっくりと引っ張る

これを1セット10回行います!

 

2・肩甲下筋のトレーニング

メモ

1.チューブを片方扉の取っ手などに固定する

2.固定した側の手でチューブを掴む

3.掴んだ手の方の脇にタオルを入れる(脇を締める意識をつける為)

4.肘は直角にして、チューブをゆっくりと引っ張る

これも1セット10回行います!

 

野球のパフォーマンスをあげる筋肉・大胸筋

最後に鍛えるのが大胸筋です!

胸の中で一番大きい筋肉で、胸筋はボールを投げたり身体の内側へ内側へ動かす際に必要になります!

 

投手は・・・

メモ

・腕の振りが良くなる

・回転数があがる

・変化球のキレがあがる

 

打者ならスイングスピードが上がるなど色々な効果があります!

 

それでは大胸筋の鍛え方をご紹介します!

 

1・ワイドプッシュアップ

メモ

1.うつ伏せで寝る

2.両手を肩幅の倍くらい広げる

3.肘を内に入れるイメージでゆっくりと下げる

4.ゆっくり戻ってくる

肩幅の広さより必ず広く両手を広げてください!それにより大胸筋に効いてきますよ!

 

2・ナロープッシュアップ

メモ

1.うつ伏せで寝る

2.両手を肩幅より狭くする

3.身体を床につけるイメージでゆっくりと下げる

4.ゆっくり戻ってくる

 

トレーニングの効率を上げるサプリ!

ここまで、筋肉の鍛え方や鍛えるべき部位などについてお話してきました。

 

でも、せっかくトレーニングするなら少ない努力で大きな効果を得たいと思いませんか??

 

 

 

(; ・`д・´)<そんな方法あるん・・・?

 

 

 

・・・あるよ。笑

 

 

それが、冒頭でちらっと登場した「モリンガの小粒」というサプリメントです!!

 

実はこのサプリ、「ダイエットによく効く」としていま話題沸騰中なのですが、最近筋トレにもプラスの作用があるようだと一部情報ツウの間で注目されています!

 

筋トレをする臭いて一番大事なのって、なんだかわかりますか??

 

 

・・・。

 

 

根性!!努力!!負荷!!継続!!(^ω^)

 

 

確かにこういうのってすごい大事ですけど、こう・・・脳筋思考はやめて・・・。

 

 

はい。

 

 

基礎代謝の良さ

 

 

ですね!!・・・ね??!!?わかりますよね???笑

 

代謝が良いと効率的に体を使えますからね。

 

具体的には、筋肉を使った後に溜まる乳酸の分解が早かったり、血流の向上により筋肉へ養分が届きやすくなったり・・・。

 

 

筋トレの効果を最大限引き延ばすために基礎代謝が良いことは必要不可欠なのです!!

 

 

そこで役に立つのが、モリンガの小粒です!

 

では、どう役に立つのかご説明していきますね!

 

端的に言えば、モリンガの小粒を用いることでこの基礎代謝が向上するんです!(; ・`д・´)

 

 

モリンガとはいま健康オタクの間で大注目されている植物のことで、体の内部環境を整えてくれる効果があるんです。

 

これがどう作用するかというと・・・

 

①モリンガに含まれる不溶性繊維によって腸内の善玉菌が増え、腸内環境が良くなる

②食事から摂った栄養素を効率的に吸収できる

③血流が良くなり、基礎代謝が向上する

 

という感じです!

 

また、必須アミノ酸も豊富に含まれているため、新たな筋繊維を構築するのに必要な栄養素が摂取できるのです!

 

 

というわけで、モリンガの小粒はあなたの筋トレのサポートをしてくれるのです!

 

>>筋トレに重要な「基礎代謝の向上」をサポート!”モリンガの小粒”はこちら!

 

まとめ

今回は野球のパフォーマンスが上がる筋トレを紹介させて頂きました!

自分が現役の時トレーニングは2日置きに行っていました!

またそれと並行して、プロテインはもちろん筋トレ補助サプリメントもいろいろ試してきました!

 

それを踏まえても、やはり基礎代謝はかなり重要だといえます( ゚Д゚)!

 

ただ休む事も練習です!筋肉は筋繊維が破壊された後修復する際に前回より強い筋肉になろうとします!(これが超回復ってやつ。)

 

効率よくトレーニングして、理想としてる野球選手になれるよう頑張りましょう!

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

Copyright© ツナガル , 2019 All Rights Reserved.