転職

スキルなしで転職に失敗しまくり20代前半ニートにおすすめの方法

更新日:

高校や大学を卒業して入った会社をすぐに辞めて20代前半でニートになる人は年々増えています。

最近はTwitterでインフルエンサーたちが嫌な仕事や会社はすぐ辞めようと言っているから、彼らに影響されて何も考えずに辞めてしまう人も居たり・・・(´_`)

 

しかし、辞めたは良いもののいつかお金がなくなります。実家暮らしの人でもしばらくすれば家族からの視線が痛くなってきます。

お金がなくなってきたからとりあえずバイトしようと思ってもニートは書類選考や面接で落とされやすいです。

マジで世間はニートに冷たすぎるわ(バイト50件落ち)

しかも誰でも出来るようなアルバイトはスキルにはなりにくい・時給が低いことが多い。

 

そんなアルバイトをいつまでも落ち続けてしかもやるメリットはないでしょう。

 

半年以上の空白期間が存在してスキルのないニートはもう人生終了・・・

 

 

なんて思うのは早すぎます!!!

実はニートでも転職に成功する方法はあります。

 

その方法は無料のプログラミングスクールを利用しプログラミングを勉強してIT業界を狙うことです。

 

プログラミングスクールって有料しかないんじゃないのと思っていた人には驚きでしょう。

 

え?IT業界ってものすごく人気でしょ?そんなところを狙うなんて・・・と思いましたよね。

 

たしかにIT業界は人気です。しかし同時にIT業界は人手不足でもあるのです!!!

これからなぜIT業界がなぜ人手不足なのかとなぜ無料のプログラミングスクールを利用すべきなのか説明します。

 

なぜIT業界は人手不足なのか?

IT業界といってもジャンルは様々で大きく分けてインターネット業界・web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界の4種類があります。

そしてどの業界も人材不足です。IT業界は人気なイメージがあるはずなのになぜ人手不足なのでしょうか。

その理由について見ていきましょう。

IT業界はまだ成長中である

インターネット業界・web業界にはwebサイト制作、ネット広告など企業向けのサービスを行うものと、SNS、ネットショップなど個人向けのサービスを行う企業があります。

今の時代は仕事でネットを必ず使いますよね。

ネットを使わない企業はないし、ネットを一切使わないという人は居ないでしょう。

これからも需要は増えること間違いないです。

 

情報処理サービスとは、ITを使って業務効率化を行うために必要なものを作ったり、売ったり、コンサルをしたりとかなり幅広いサービスです。

ITを使って業務効率化して経営を行う企業は増えています。(今どきITを使わないで生産性を上げることは不可能に近いでしょうw)

 

ソフトウェア業界は、システム全体を管理するソフトウェア(オペレーションシステム/OS)とOS上で特定の動作を行うソフトウェア(アプリケーション)の2つがあります。

プログラマーと聞いてみんなが想像するのはこの業界だと思います。

最近はスマホの普及により、AndroidやiOSなどのOSが生まれて、多種多様なアプリが求められて新しいアプリがどんどん作られているためこれからも需要は増えるでしょう。

 

ハードウェアは、パソコン本体やパソコン周辺機器(マウス、キーボードなど)を指します。

人間はより便利なパソコンやマウスを求め続けるのでハードウェアはどんどん進化していきハードウェア業界はこれからも成長し続けること間違いなしですよね。

 

IT業界はまだまだ成長しています!!!

 

既存のIT技術者が高齢化している

長くIT業界で活躍してきたベテラン達も歳をとっています。

データ:情報サービス産業の年齢構成・賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

IT技術者は高齢化してきて20代の割合がとても少ないです。

歳をとると技術者として働くよりも管理職として働く人が増えるため現役の技術者は減っていくばかりです。

 

しかし、先ほども申し上げた通りIT業界の仕事は増え続けている。

さらに少子化も進んでいるため若者の全体の数も減り続けています。

仕事は増えるのに人は減っていく・・・

 

今は残業を増やしたり休日出勤することで対応していますが、最近は働き方改革の影響でその対応がしづらくなっているのです。

 

しかし人は欲しいと思っても未経験をじっくり育てるほど企業には余裕がありません

だから人手不足と言われながらも未経験歓迎の職場は少ないです。

 

IT業界詰みかけてるやん…

 

進歩が早く新しい技術が出ている

IT業界の進歩は他の業界よりも速いでしょう。

今でも新しいプログラミング言語が出たり、すでにある言語も新しい機能が追加・アップデートされ続けています。

 

他のスキルについてみてみましょう。

例えば英語。これからグローバル化すると言われているから勉強をする人は多いでしょう。

英語に限らず外国語の勉強は大変ですが、毎年新しい言葉が出るということはありませんよね。

一度習得が済めば現状維持でも長くやっていくことが出来ます。

 

しかし、IT業界の進歩は指数関数的に進化しています。

一つ進歩すればそれに伴って周りにあるものが連鎖して変化する。

あまりの変化の速さに筆者もびっくりしています

 

だから、IT技術者は仕事時間以外にも勉強しなければ追いつくことはできず、淘汰(使い物にならない扱い)されてしまいます。

年をとったり、家庭を持つようになると勉強時間を確保するのが難しくなりますよね。

 

でも、若くて独身であるあなたは勉強時間を確保しやすい時期ですよね?

(ニートで家庭を持っていたらそれはそれですごすぎるw)

 

ニートは他の人に比べて時間はあるはずですよね。

他の職業にはない「時間」という武器を活かせます

 

せっかく強力な武器があるわけですからそれを活かさないでいるのもったいないと思いません???

 

 

無料のプログラミングスクールを利用するべき理由

IT業界を狙った方が良くて、プログラミングを勉強したら良いのは分かったけど、なぜ無料プログラミングスクールなの?しかも無料って怪しい

金欠ニートには受講料無料はかなり大きなメリット

プログラミングを勉強しようにもパソコンもなければお金もないという方のために無料のプログラミングスクールがあります。

パソコンがなくてもパソコンを貸し出してくれるスクールは多いです。

 

無料で勉強出来るのはお金のないニートにとってはありがたいですよね。

 

親からの信用が少ないニートでもプログラミングを勉強するためなら交通費は出してくれるでしょう。

 

説得が難しい???

プログラミングを勉強するのはとてもコスパが良いのに・・・

 

言語や学習する人の頭など差はありますが、最短1ヶ月で完了します。

 

IT業界は常に人手不足なんです。

1ヶ月で全部出来るようになれるわけではありませんが、少しでも経験したり勉強しているだけでも企業はそんな人材を欲しがります。

1〜2ヶ月分の交通費だけでスキルがある程度身について就職先が見つかるって凄いと思いませんか?

 

親としてもニートであるあなたに1日でも早く就職して欲しいと思っているし、しっかりとしたキャリアを築いて欲しいと思っているに違いありません。

別にスキルなしでもすぐに就職出来る場所なんて田舎じゃなければたくさんあるんですよ。

でもそういう仕事はキャリア形成に向いてないことがほとんどだしニートであるあなたが継続するのは難しいでしょう。

 

1~3ヶ月で親が安心出来る要素をたくさん揃えることが出来るのです。

それでも親を説得するのが難しいといえますか???

 

ポートフォリオを作ってスキルの証明が出来る

勉強して会社の面接に行ってもスキルを証明するものがなければ口でどれだけ勉強したと言っても説得力がなければまた採用試験に落ちます。

 

今までと同じように履歴書や職務経歴書などの書類選考と面接だけでは落ち続けるでしょう。
(今までにその方法だけで受かっているならこの記事を読んでいないでしょうw)

 

だからスキルを身につけたニートに必要なのはスキルを証明出来るポートフォリオです。

 

ポートフォリオとは「作品集」のこと。自分の実力や過去の実績を示すものになります。転職の際にはとても重要なものになります。

口でどれだけ出来るかを説明するよりもポートフォリオを見せる方が楽で、採用する側もすぐに分かるのがメリットでしょう。

 

プログラミングスクールでは卒業制作としてポートフォリオを作らせることがほとんどでしょう。

卒業生のポートフォリオの出来具合いがそのスクールの質を表すと言っても過言ではないため、ポートフォリオのアドバイスを真剣におこなってくれる講師が多いです。

 

人材紹介も行っているスクールが多い

無料だと質が低そう・・・
って思いませんでしたか?

 

実は無料のプログラミングスクールはボランティアで運営されているわけではなく、人材を紹介して欲しいと思っている企業が受講者の変わりに受講料を支払って運営されているのです。

 

企業はIT業界を志望しているだけでなくIT業界を勉強していている人材を求めてスクールを利用しています。

今は自社で研修する余裕がないところが多く、自社で研修するよりもどこかで勉強させた方が効率が良いのです。

 

つまり、スクールは良い人材を紹介することで企業からの信頼を得て稼いで運営しています。

だから良い人材を紹介するためにも教育にかなり力を入れているんです。

 

質は低くありません。むしろ高いでしょう。

 

オススメの無料のプログラミングスクールは?

CodeCamp

転職に成功すると受講料は全額キャッシュバック!!!

分割払いも出来るので今お金がなくても受講することは出来るので金欠のニートにはありがたいですね。

 

CodeCampはネットを使ったオンラインレッスン型のプログラミングスクールです。

オンラインレッスンなら全国どこでも受講することが出来る交通費もいらないので親や周りの人へ説得するのが面倒だという人にはオススメ

 

親を説得するの面倒だしありかも

 

無料体験レッスンが可能なのでまずは無料体験レッスンを受けて、まずは自分に向いている言語の相談、学習についての相談をしてみてはいかがでしょうか。

無料体験のお問合せ

 

GEEKJOB


こちらは講座を一通り終わった後に、GEEKJOBが紹介する会社に就職することが出来ます。

 

なんと転職成功率は95.1%!!!
(今まで落ち続けていたあなたの転職成功率は0%笑)

 

これなら転職に失敗する気がしないw

 

GEEKJOBなら最短22日で採用が決まります!

速すぎて筆者もびっくり!(◎_◎;)

 

GEEKJOBは通学とオンラインを組み合わせて行えるため自分の生活スタイルに合わせて受講出来るのが良いですね。

しかしこちらは場所は四谷と九段下しかないので関東に住んでない方は受講出来ません

 

まずは無料体験、説明会があるのでそこで自分に向いている言語の相談、学習についての相談をしてみてはいかがでしょうか。

GEEKJOBの無料体験・無料説明会のお問合せ

 

ProEngineer(プログラマカレッジ)

ProEngineerの転職成功率は96.2%!!!

 

ProEngineerは企業からの協賛金で運営されているための就職支援や転職支援の力の入れ方が半端じゃありません。

 

他のプログラミングスクールは途中で辞めたりすると料金が発生することもありますが、ProEngineerなら一切かからない。
(途中で辞めたら転職難しくなるから途中で辞めるメリットはないはず)

 

ProEnginnerの学習期間は3ヶ月。他のプログラミングスクールに比べてじっくりと学習することが出来ます。

他のプログラミングスクールは短期間なところが多いですがProEngineerならじっくりと勉強出来るのも推すポイントです。

 

しかしこちらは通学する場合場所は霞が関 インターノウス本社か池尻 研修センターにしかありません

東京に住んでいない方のために、Skype研修がありますが実践的な学習がしづらいでしょう。

Skype研修は関東での就職が前提となるためあまり推奨はされてないです。

 

まずは無料体験レッスン、授業見学があるのでそこで自分に向いている言語の相談、学習についての相談をしてみてはいかがでしょうか。

ProEngineerでは登録、来社すると1000円分のクオカードがもらえます。

 

ProEngineerの無料お問合せ

 

まとめ

人手不足のところはかなり採用されやすいです。特にIT業界は人手不足です。

人手不足のところなら転職の成功率は上がります。

 

IT業界は進歩が速く勉強するのは大変ですがキャリアの形成がしやすく独立しやすい業界でもあります。

 

無料のプログラミングスクールを3つ紹介しましたがGEEKJOBとProEngineerは東京にしかないので注意しましょう。

CodeCampは全国どこでも受講することが出来るオンラインレッスンなので家から出るのも面倒なニートにオススメです。

無料のプログラミングスクールは年齢制限を設けているところが多く20代しか利用出来ないところがほとんどなので早めに活用しましょう。

 

オンラインレッスンとスクールの違いについての記事はこちらから!!!

 

ITエンジニアは手に職つく職業で、実務経験がつけばフリーランスとして仕事することもできます。

 

フリーランスは会社で働くよりもやることが増えますが20代で年収1000万円が狙える世界です。

フリーランスになって稼ぐ未来を掴むためにもプログラミングスクールをぜひ活用しましょう。

  • この記事を書いた人

コウシリン

圧倒的プロニート!失業保険生活は終わったものの悠々自適に暮らす夢追い人。 フリーランスで活躍をする事を目標にしている。

-転職

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.