黒ずみの悩み

脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみが目立ってショック!夏までに解消したい

 

しっかり脱毛をしたし、今年の夏はスベスベのお肌で迎える事ができるなぁ!と思っていたのに、脱毛後「黒ずみが余計に目立って恥ずかしい!」

なんて思いをした事はありませんか?


言ってしまえば、レーザー治療をせずとも自宅でデリケートゾーンの黒ずみは改善できます!

ここではその改善方法を記述していきますね!

 

VIO脱毛治療を行った後、デリケートゾーンの黒ずみを気にする女性が多いようです。

しかし黒ずみはVIO脱毛を正しく行っていれば発生するものではありません!


その脱毛後に目立つようになったデリケートゾーンの黒ずみは、今までアンダーヘアで隠されていた黒ずみが露になっているのです。

 

 

>>脱毛後の黒ずみを緩和させるアイテムはイビサクリーム

 

脱毛後デリケートゾーンの黒ずみを助長する原因とは

自己処理による色素沈着

カミソリや電気シェーバー、ワックスなどで自己陰毛処理をしている方の多くは目に見えないレベルの傷が蓄積してターンオーバーが間に合わず、メラニンが大騒ぎしてしまっています。

 

その刺激が、あなたのデリケートゾーンを黒ずませる原因のひとつです

 

人間の体にはお肌を守るために「メラノサイト」と言う細胞を持っています。
メラノサイトは紫外線やかぶれ、摩擦などの攻撃を受けた時、お肌を守るために頑張ってメラニン色素を作り出します。

この時メラニン色素があまりにも大量に作り出されてしまうと肝心の排出が間に合わず皮膚に沈着。
俗に言う色素沈着を起こしてしまい、それが「くすみ」や「黒ずみ」の原因になるのです。

人間のお肌にはお肌の新陳代謝と呼ばれるターンオーバーと言う、人間が本来持ち合わせた力で肌を再生機能があります。

普通のお肌は28日サイクルでターンオーバーしますが、ターンオーバーが乱れるとお肌の再生サイクルに遅れがでて、排出するはずの黒ずんだ角質が残り、これも色素沈着を起こしてしまい黒ずみの原因になるのです。

 

美容皮膚科やクリニックのレーザー治療でよくある後遺症

火傷

生活をしている中、料理などで時折火傷をする事がありますよね!

「ヒリヒリする」「跡が残ってしまう」ひどい症状では「皮がズル向けになる」など。

デリケートゾーンも同じ皮膚なので、火傷をした場合、同じ症状が現れます。

しかも他の皮膚より薄いため痛みが強くでてきます。

ちゃんとしたクリニックやサロン、美容皮膚科で施術を行えば滅多にあるものではありませんが、以下の理由で稀に火傷をする場合があります。

・施術者の経験が浅い
レーザーはお肌の状態によって複数使い分ける必要があります。
レーザーにはアレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、ダイオードレーザーなど色んな種類のレーザーがあり、経験が浅い医師や看護師だと知識不足によりジュール数や最適なレーザーを選ぶことできず火傷などのトラブルを招く事があります。
Iラインのような弱い部分に一気にジュール数をあげて治療をしてしまうクリニックもありますが、弱い部分は低めのジュールで回数を重ねていくのが安全です。
ほとんどのクリニックが、無料カウンセリングを行っているため必ず受けるようにしましょう。
カウンセリングを受けてみて不安がなく信頼できるお店なのかをちゃんと確認する事がまず大事です。

光アレルギーによる反応

・日焼けに注意
脱毛治療を受けた場合、直後の日焼けは絶対NGです。
治療を始める前のカウンセリング臭いて必ず注意をされます。
紫外線をあび日焼けをする事で、皮膚に活性酸素が生まれます。

この活性酸素からお肌を守るために、メラニン色素が活発になり、肌の色が黒くなった状態が
日焼けです。
日焼けをすると言う事は、お肌にメラニンが多い状況という事で、医療レーザー脱毛や、光脱毛をすると、火傷のリスクが高まるのです。


出典:yahoo知恵袋

この画像はクリニックで注意されたにも関わらず脱毛期間中に日焼をしてしまった女性の画像です。
対処法は皮膚科からハイドロキノン、ヒルドイドが処方されたようですが今はどうなっているのかは不明です。
このように脱毛期間の日焼けは絶対NGなので、外出着はズボンで紫外線から逃れるように意識しましょう。

このようにレーザー治療には肉体的なデメリットもあります。

レーザー治療を選択する方は医師の話にちゃんと耳を傾け、治療におけるデメリットもちゃんと聞いておくことをお勧めします。

 

脱毛前からデリケートゾーンが黒ずんでいた可能性も!

脱毛をした後、自分のデリケートゾーンが黒ずんでいてビックリ!なんて話をよく聞きます。

それは脱毛のせいではなく、脱毛をする前から黒ずんでいた可能性があるんです。
日々の生活の中には皮膚を黒ずませるシーンはたくさんあるので、デリケートゾーンが黒ずんでいてた原因を探っていきます。

 

1.摩擦や刺激

下着のゴムの締め付けによる圧迫でビキニラインが刺激されている状態が続くとメラニン色素を増長させる原因になります。
また尿をたしたあと、トイレットペーパーで力強くこすってしまうのも摩擦になりますので黒ずみの原因となります。

 

2.炎症

生理中やおりものが多い日はムレてしまいムズムズしてついつい掻いてしまいがち!
デリケートゾーンの皮膚は薄くダメージを受けやすいため、痒いからと言って掻いてしまうのは避けましょう。
掻く事が刺激になり、黒ずみの原因になります。

 

3.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れる原因は次の通りです。

・ストレス
・飲酒
・喫煙
・睡眠不足
・過度なダイエット
・更年期
・妊娠~出産

これらは自律神経の乱れに繋がる、睡眠の質、女性ホルモン減少を促します。
ホルモンバランスが乱れると体はメラニンを大量に作り出し、結果ターンオーバーが乱れます。

※妊娠中は特に黒ずみにご用心!

妊娠中は、特にホルモンバランスの乱れやすく、メラニンが頑張ってしまう時期なんです。
普段より女性ホルモンが増えるため、メラノサイトが刺激されてしまうんです。

これは出産に向けて、母体が肌を守るための防衛反応とも言われています。

また、妊娠中はエストロゲンが減り、肌が乾燥しやすい状態になっているので、メラニンが頑張りすぎて刺激や摩擦を感じやすい時期のためお肌が黒ずみやすいのです。
出産後は少しづつホルモンのバランスは安定していきますが、新ママは黒ずみなんか気にしてられない状況でしょう!

しかしまだ安定したターンオーバーの通常周期に戻っていない皮膚の再生力は弱く、メラニンがカーニバル状態ですので妊娠~出産はデリケートゾーンが黒ずむには最適な期間という事です。
できれば刺激や摩擦、乾燥を避けて過ごしましょう。

 

4.乾燥

デリケートゾーンの乾燥は肌の保水力の低下を招きます。
さらに気温の変化、睡眠不足や加齢などによっても乾燥しやすくなります。
乾燥をほおっておくと、お肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激からお肌を守ることができず、メラニン色素がカーニバル状態になりかねません。

ターンオーバーの乱れも招きます。
通常28日の周期が早すぎれば、まだ不完全である細胞が表れる事で、摩擦などの影響をさらに受けやすくなり、遅すぎればメラニンが排出されにくくなります。

乾燥は保湿をする事で防ぐことができます。

清潔に保湿さえできれば乾燥は怖いものではありません。

 

5.市販のボディーソープでゴシゴシ洗浄

デリケートゾーンを清潔に保ちたいあまりにアルカリ性のボディーソープでゴシゴシ洗っていませんか?
例え弱酸性を使っていても、市販のボディーソープを使い、垢スリやスポンジ、タオルで洗うのはデリケートゾーンに刺激が強すぎます。

デリケートゾーンはデリケートゾーン専用のソープを使い、清潔な指や手のひらで洗うようにしましょう。
入浴中にも、あなたのデリケートゾーンを黒ずませる原因が潜んでいる事を覚えておきましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみ、有効な2つの解消方法

1・美容外科のレーザー治療で黒ずみ解消

レーザー治療は長年悩まされたデリケートゾーンの黒ずみや、脱毛治療後に露になったデリケートゾーンの黒ずみが消えるのですから、レーザー治療は魅力的な黒ずみ改善方法でしょう。

レーザーにより壊されたメラニンは、古い角質となり、ターンオーバーで排泄されます。

 

メラニンをレーザーで壊して排泄させるという流れを繰り返し行うため、レーザーの種類や黒ずみの具合により、何度か通院する必要があります。

一般的にレーザー治療は「レーザートーニング」「Vホワイトニング・インティマレーザー」の2種類に分類されております。

 

レーザートーニングと言う治療法は、シミや肝斑、くすみなどの治療にも使われている方法です。
レーザーの光自体があまり強くないので、V.I.Oへ安全にアプローチできると言う事で、多くの美容皮膚科でも使用されています。

 

レーザートーニングの流れは、冷しながら、比較的弱い光を当て、徐々にメラニンを壊していきます。
そのため麻酔を使わなくても痛みが少ない治療法です。

 

Vホワイトニング・インティマレーザーは、小陰唇や膣口周辺、膣内粘膜にレーザーを照射することで、角質層を削りながら除去するという方法を取っているますので、メスを入れずにに膣環境を整えることができます。

 

レーザー照射範囲を調整することにより、長年に渡り蓄積されたしぶとい黒ずみを消すために効果的で、気になる小陰唇や大陰唇部分も改善させることができます。

 

 

インティマレーザーの流れは、麻酔クリームを塗ってから、色素沈着したデリケートゾーンにレーザーを照射。浮き出た組織を清潔なガーゼでふき取り、色素がはがれるまで繰り返し照射していく治療法です。

施術中や麻酔が切れた後、痛みを伴う事がありますが、医師と看護師により正しい処置をしてもらえるので問題はありません。

 

黒ずみが消えるなんて、すごく魅力的!

 

ですが、もちろんメリットとデメリットが存在します。

 

レーザー治療のメリット

・短時間で黒ずみを取り除ける

レーザー治療は即効性が髙い事が最大の魅力です。
レーザートーニング治療はデリケートゾーンの黒ずみ具合により何回か通院する必要がありますが、インティマレーザーは1回の施術で黒ずみを解消させる事を前提とした治療法ですので、できるだけ早く黒ずみを消したい!と言う方におすすめの施術方法です(インティマレーザーも黒ずみの度合いで複数回通院が必要になる場合もあります)

・黒ずみを確実に解消できる

レーザー治療は医師の手で、メラニン色素だけに反応するレーザーを放射するため、黒ずんでいない部分には負担をかけず、確実に黒ずみを改善させます。
しかしその治療は今ある黒ずみを解消させる治療です。
黒ずみを改善した後、きちんと黒ずみ予防をしなければ再び黒ずみは現れてしまいますので、注意が必要です。

・レーザー治療を受けた方の良い口コミ

 

 

レーザー治療のデメリット

・複数回の通院が必要になる

黒ずみの度合いやレーザーの種類により複数回通院が必要となる場合があります。
近所に美容皮膚科やクリニックがあるのであれば良いのですが、誰しもがそんな環境にある訳ではありません。
治療をするために1時間、バスや電車に揺られて何回も通院したり、家から車で40~50分かかるような場所に病院やクリニックがあるので通院が大変!なんて話をよく聞きます。

・治療費用が髙い!

レーザートーニング治療を行っている、有名どころでは「Noel・ノエル銀座クリニック」ではV,I,Oの黒ずみ治療にかかる費用は5回セットで127,500円ほどかかります。
各美容皮膚科、クリニックは1回あたり1万~2万円の治療を5回、6回繰り返し行いますので、平均的な費用の合計は10万~15万円ほどかかります。

インティマレーザー治療も色んなクリニックで行っていますが、1回の施術にかかる費用は平均的に見ても10万円以上かかります。

「湘南美容クリニック」で行っているウルトラ美白レーザー(インティマレーザー)ではVライン、Iライン、Oライン、どれか1部位の黒ずみ除去は1回、通常価格98,000円かかるのでV,I,Oの3ヵ所を黒ずみをするとしたら、合計294,000円かかります。

施術部位の写真提供をする事でモニター価格となり、VIOのどれか1ヵ所、1回79,800円で通常価格より、2万円ほど割引されます。

ですので、ビキニライン1ヵ所の黒ずみを解消したいのであれば、モニターとなる事で79,800円、通常価格なら98,000円、やはり1回の施術に10万円ほどの費用は必要になります。

・レーザー治療を受けた方の悪い口コミ

 

 

このようにレーザー治療には麻酔や低温火傷などの肉体的なデメリットの他、院やクリニックによって違いますが治療費が非常に高額な事もデメリットと言えるでしょう。

2019年、今年の夏までに黒ずみを改善する方法は他にもありますので、参考にしてみてください!

 

2・自宅で簡単!デリケートゾーンの黒ずみを緩和させるアイテム

デリケートゾーンには専用のソープやクリームがある事をご存知ですか?

脱毛後、今まで隠れていた黒ずみをを改善、黒ずみ予防をしたいのであれば、美白成分がしっかり含まれた「デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム」をおすすめします!

脱毛をした方はせっかくムダ毛をスッキリさせたのですから、今度は脱毛後目立つ黒ずみを改善させましょう。
デリケートゾーン専用クリームは黒ずみ予防としても効果的です。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを緩和させるクリームのメリット

・自宅で簡単に黒ずみを改善できる

毎日の入浴後、清潔な指で1塗りするだけで黒ずみを改善する事ができます。
その理由はデリケートゾーンの黒ずみ解消専用クリームには美白成分が配合されているからです。
専用クリームなのでお肌にも優しく、しっとりとお肌に馴染みます。
脱毛後のケアに最適な保湿力があります。

・レーザー治療に比べて金額が安い

レーザーや光脱毛治療を終えてお金がない方や、学生や主婦にとって一番のメリットでしょう。
さらにデリケートゾーン専用商品のほとんどには、万が一お肌に合わなかった場合の事を考えて「全額返金保証」がついています。

・簡単に手に入る

リケートゾーン専用クリームを購入するには各メーカーの公式ページを通してお買い求めになれます。
スマホがあれば誰でも簡単に手に入れる事ができます。

 

最大のメリットは「レーザー治療に比べて費用がかからない」「ケア方法が簡単である」と言う事でしょう。

さらに言えば副作用によるトラブルもレーザー治療より格段に無く安全に使用できます。

 

参考

デリケートゾーンの黒ずみを改善する専用ケアアイテムランキング



2位・HOSPIPURE

湘南美容外科と本気の共同開発!



30代に人気のデリケートゾーン全般に使える専用クリーム!



 

 

デリケートゾーン黒ずみ解消クリームのデメリット

・レーザー治療より効果がでるのが遅い

某メーカーに「どれくらい使えば効果がでるか?」と質問してみたところ「早い人でも1ヶ月、できれば3ヶ月お使いになられることをおすすめします」と言う返事が返ってきました。
と、言う事は今からすぐにでも始めないと夏までに間に合わない!という事ですね。

 

レーザー治療は体質によっては長い期間を要する場合があります。
まぁ人間の体を治療する訳ですから、個人差で時間がかかるのも無理はありませんよね。

しかしレーザー治療の費用は高額なので、まずは自宅でできる黒ずみケアを試してみた方がいいかもしれませんね!

 

おすすめはデリケートゾーン専用クリーム

値段も高く通院がめんどくさい!と言って、脱毛を危険な自己処理されている方、脱毛後の黒ずみ予防のためのケアをしたい!と言う方には「デリケートゾーン専用クリーム」がおすすめです。

なんといっても簡単にケアができる!と言う理由が最大のメリットとなります。
言ってしまえばテレビを観ながらでもできる黒ずみ改善方法と言う訳です。

そしてデリケートゾーン専用美白クリームには、美容皮膚科で処方される薬と同じ美白成分が贅沢に配合されているクリームもあります。
ですので脱毛治療を終えてムダ毛が少なくなって、現れてしまった元からの黒ずみの解消、クリームをデリケートゾーンに塗る事で、今後の黒ずみ予防にも効果があります。

 

デリケートゾーン専用クリームを使うと、まるでエステ帰りのようなしっとり感を得る事ができます。

まだ脱毛をしていない!と言う方が自分のデリケートゾーンの黒ずみに気づいていて、使用する場合にも美白クリームは効果的です。

デリケートゾーンの色素沈着に対して効果がある成分

ターンオーバーを促す成分=プラセンタエキス、ビタミンC誘導体
黒ずみの悪化を防ぐ成分=トラネキサム酸
炎症ケア成分=グリチルリチン酸
美白成分=ハイドロキノン、アスタキサンチン

 

これらの成分が配合されているクリームは美白効果が期待できるクリームです。
Vラインはもちろん、Iライン、Oラインにも使用する事ができます。

 

デリケートゾーン黒ずみ専用の人気美白クリームはこちら!>>デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】

デリケートゾーンの黒ずみ改善には保湿が重要!その理由は?

デリケートゾーンの皮膚は他の部位より薄く弱いため乾燥しやすくなっています。
乾燥によりお肌バリアーが壊れてしまうため、人間の体は乾燥と言う攻撃から身を守るためにメラニンを作り出します。
メラニンはお肌にとって最大の味方ですが、過剰に発生してしまうと最大の敵にもなります。

この記事の中でも説明したように排出しきれなかったメラニンの残りが色素沈着、これが黒ずみ最大の敵です。

他、デリケートゾーンに限った事ではありませんが、お肌の保湿の鍵となるのは正常なターンオーバーです。
肌に保湿が必要なのは「お肌バリアー」を正常に保つために保湿が必要なのです。

 

デリケートゾーンに良くない生活習慣を積み重ねる事でその再生力は低下していきます。
そのためターンオーバーが正常に機能しないと保湿力が低下し、乾燥しやすいお肌になっていきます。
加齢によるターンオーバーの乱れは防ぐことは難しいので保湿不足を補わなければなりません。

 

それに加えて下着などの密着により摩擦が起きる事でさらに悪化をさせやすい環境にあります。

お肌が乾燥してしまうと角質が固くなり黒ずみをさらに悪化させてしまいますので、十分な保湿対策が必要になります。

 

わかりやすく例えるとひざ下や肘。 ここもすごく乾燥しやすい部位になるのでくすみや黒ずみが現れやすいですよね?

 

それと同じ現象がデリケートゾーンでも起きているのです。
乾燥からお肌を守るために必須なのは?


保湿です( `ー´)ノ

 

かと言ってデリケートゾーンに、ニベアやワセリンを塗るのはやめましょう。
しっかりと保湿成分が配合されたものを選んで使う事で効率よくデリケートゾーンの保湿ケアをする事ができます。

 

イビサクリーム公式HPはこちら

 

夏までにデリケートゾーンの黒ずみを消すには|まとめ

VIO脱毛治療をしてスッキリ!と思ったら、今まで陰毛で隠れていた黒ずみが目立ってしまいショックを受ける方も大勢います。

 

即効性や確実性を求めるのであれば脱毛サロンや美容皮膚科をおすすめしますが、お肌に直接、光やレーザーを当てるわけですから、どうしても火傷のリスクは伴いますし、効果がある分だけ、しっかりと料金もかかり、さらに複数回の通院も必要です。

 

ですので、VIO脱毛を検討中だと言う方は、まず安全で手軽に黒ずみを改善する必要があります。「デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム」をおすすめします!

 

またVIO脱毛治療ををしたとしても黒ずみが消える訳ではありません。

皮膚科で黒ずみ除去治療をしたとしても、その後、黒ずみ予防を怠れば2年ほどで黒ずみは戻ります。

せっかく脱毛治療や黒ずみ治療を受けたのですから、脱毛後もしっかりとしたVIOの黒ずみを予防をしなければ意味がありません。

 

しかし予防のためにいちいち病院やサロンに出向くのは、とても億劫だと思います。

なので、脱毛後の黒ずみ予防や、黒ずみ改善方法は、安全性や手軽さ、保湿力を考えると「デリケートゾーンの黒ずみ改善専用クリーム」が一番最適な方法と言う事です。

 

AV女優に学べ!デリケートゾーンの黒ずみが消えるケア方法

ビキニを着たい!でも勇気がない!夏までにできるVラインの黒ずみ美白ケア

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-黒ずみの悩み

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.