無添加おすすめキャットフード

キャットフードの成分|市販のフードは添加物や穀物は子猫にとって百害あって一利なし

更新日:

添加物?何の事だい?
穀物?それはなんだい?

今まで成分や原材料までみなかった飼い主さんは意外に多いのではないでしょうか?

人間の体調管理は食事や運動が大事ですよね!
それは猫も一緒です!

ここではタイトルにあるように「人工添加物」「穀物」さらに「防腐剤」が猫に与えるリスクをご紹介します。

>>「無添加」「穀物不使用」「防腐剤不使用」のキャットフード・モグニャンが今なら100円でお試しができる

 

人工添加物とは

2009年6月から法律で、愛玩動物用飼料の安全性の確保をしなければならないと定められました。
要するにペットに与える餌を製造する業者は、添加物を含む、全ての原材料を表記することが義務付けられるようになったのです。

そんな法律が改正されても、猫が体内で合成できないビタミン、ミネラルなどを添加しているキャットフードは多く見られます

添加物にはたくさんの種類がありますが、体に悪影響を及ぼす恐れのある添加物は正直多いです。
飼い主さんは、添加物の表示を注意してみる事が重要です。

特に着色料なんかは「何故入れているのか?」不明です。

餌の色を変えれば良いって理由だよね
俺たちに色はたいして関係ないぜ?

 

猫に身体に良くない添加物

では、猫にとって危険な添加物とは具体的にどれなのでしょうか?
そしてどんなリスクがあるのでしょうか?

赤色102号

見た目をよくする着色料として添加されます。
○○色号という名を付けられた着色料の多くは、石油が原料です。
発がん性・アレルギーを起こしうることなどから、このような着色料のほとんどがアメリカ・EC諸国で使用を禁止されています。
赤色102号は、人間では蕁麻疹を起こすと言う事で知られていますね(´・ω・`)

 

亜硝酸ナトリウム

この成分発がん性物質が認められています。

しかしながら保存料として、また発色剤として広く使用されています。

プロピレングリコール

半生フードに対して、保湿作用や静菌作用、カロリー源を目的として使用されています。
プロピレングリコールを摂取した猫が血液検査をすると、悪い値が現れることがある事がわかってるんです

 

エトキシキン、BHA、BHT

保存料として、また発色剤として広く使用されています。
これもまた発がん性が示唆されています。

 

グリシリジン、アンモニエート

人間が食べる食品への使用が禁止されている添加物です。
要するに人間にすら安全性が完全に認められていないという事ですね!

>>市販のキャットフードの成分をすっぱ抜く!

 

猫にとって穀物は良いもの?悪いもの?

本来、肉食である猫は穀物(トウモロコシや小麦)を食べません。
しかしどのキャットフードを見ても穀物が入っていますよね!

その理由は、生産者側のコストを下げるためです。

穀物をキャットフードに混ぜる事によりキャットフードのボリューム感がでるので、肉類が少ない低コストなキャットフードができるためです(´・ω・`)

猫はもともとタンパク質だけ食べていれば生きていける動物なんです。

キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することがむずかしいので、下痢や嘔吐、内臓の皮膚のアレルギーの原因になるんです!

人間も同じでしょう?
トウモロコシが腸で消化されず、そのままの状態でうんちと一緒に出てきますよね!

しかしながら腸内改善や毛の排出に期待ができると言う声もあります。
さらに穀物入りの方が好きな猫ちゃんもいます。
そして科学的根拠で言えば、穀物が猫の寿命を短くしたりすると言う根拠はありません。

ちょうど良く配合されているのであれば、穀物が絶対悪いと言う訳ではありませんが、その「ちょうど良く」が非常に難しく、猫の年齢や体重などが個体により違うため、ちょうど良い配合ができないんです;つД`)

ただし・・・
成長していない子猫には穀物は必要のない成分です。
消化器官が発達していない子猫にとって穀物はリスクしかない成分となりますので注意が必要ですね!

うちの子の成長期は無添加のキャットフードをあげて育てました!

>>獣医が言う!子猫が吐く理由は成猫とは違う!

>>「無添加」「穀物不使用」「防腐剤不使用」子猫に最適なフード・モグニャンが今なら100円でお試しができる

 

防腐剤とは

防腐剤はキャットフードの酸化を防ぐために配合されていて、農薬やゴムを作る際に使われている成分です。
過去に防腐剤について大騒ぎになったようで、今では法律で、人間の食材には配合してはいけないと定められています。

人間が食べちゃいけないものを猫に食べさせるの?

キャットフードの防腐剤として多く使用されている成分は「エトキシキン」という成分です。
この成分は動物医療センターからも「発がん性」や「アレルギー」「皮膚病」の恐れがあるため警告をされています。

もしこれを見ている飼い主さんが愛猫の健康を望むなら食べさせるべきではないでしょう。
だって人間が食べてはいけないものなんですよ?

>>子猫の健康をそこないかねない市販のキャットフード一覧

まとめ

この記事は「添加物」「穀物」「防腐剤」についてまとめてみました。
私個人的には「無添加」「穀物不使用」「防腐剤不使用」のキャットフードをおすすめします。

>>「無添加」「穀物不使用」「防腐剤不使用」のキャットフード・モグニャンが今なら100円でお試しができる

その理由は我が家はその3つにこだわりキャットフードを与えた結果、病気知らずの健康な猫に育っているからです。
毛並みも非常にいい状態ですよ(*'ω'*)

安価なキャットフードは毛並みにも表れると言います。

特に防腐剤は人間でも接種してしまうと体調が悪くなると言う成分です。

猫ちゃんが病気になると、かかる治療代は半端なく高いですよ?
体質にもよるので一概には言えませんが、人間が食事で体調管理をするのと同じで、キャットフードが猫の健康を支えているのは間違いのない事実であります。

一度、今のキャットフードの見直しをおすすめしますよ(=゚ω゚)ノ

 

  • この記事を書いた人

sora

当サイトの管理者のSoraです。 各方面のプロフェッショナルを集めてサイトを運営しています!

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.