無添加おすすめキャットフード

子猫の健康を守る無添加キャットフード格付けランキング

更新日:

ここでは、色んな種類があるキャットフードの中から、「無添加」「穀物不使用」の安全キャットフードの成分や原材料から格付けしていきます。

 

横綱・モグニャン

人気急上昇中!注目のキャットフード

栄養価 
安全面 
食いつき

ポイント

モグニャンの成分

粗たんぱく質30.00%、脂質16.00%、粗繊維3.00%、粗灰分 6.00%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.95%、オメガ3脂肪酸2.08%、カルシウム0.62%、リン0.53%、ナトリウム0.30%、マグネシウム0.12%、代謝エネルギー374kcal/100g

ポイント

モグニャンの原材料

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン

 

メモ

・無添加
・穀物不使用
・人工添加物不使用
・脂質少なめ(ダイエットに最適)
・1歳~成猫に最適なキャットフード

 

大関・カナガン

子猫から成猫に愛されるキャットフード

栄養価 
安全面 
食いつき

ポイント

カナガンの成分

粗たんぱく質37.00%、脂質20.00%、粗繊維1.50%、粗灰分 8.50%、炭水化物19.21%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、マグネシウム0.09%、ナトリウム0.36%、カルシウム1.58%、カリウム0.64%、リン1.40%、代謝エネルギー390kcal/100g

ポイント

カナガンの原材料

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

メモ

・無添加
・穀物不使用
・人工添加物不使用
・たんぱく質が豊富(成長に必要な栄養素)
・生後4カ月~2歳くらいまでの猫に最適

 

 

関脇・Simply(シンプリ―)

猫に必要な栄養素を贅沢に配合したキャットフード

栄養価 
安全面 
食いつき

ポイント

シンプリ―の成分

粗タンパク質37.00%、脂質20.0%、粗灰分9.50%、粗繊維1.50%、水分7%、オメガ6脂肪酸1.33%、オメガ3脂肪酸3.89%、リン1.32%、マグネシウム0.13%、カルシウム1.89%、カリウム0.59% エネルギー(100gあたり)/約380kcal

ポイント

シンプリ―の原材料

骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

メモ

・たんぱく質超豊富(シニア向けではない)
・穀物不使用
・添加物不使用
・人工添加物不使用
・子猫の成長期に最適なキャットフード

 

小結・ジャガー

子猫の成長期にあげたい高たんぱくなキャットフード

栄養価 
安全面 
食いつき

ポイント

ジャガーの成分

粗たんぱく質40.0%以上、脂肪20.0%以上、粗灰分9.0%、粗繊維3.0%以下、オメガ6脂肪酸3.0%、オメガ3脂肪酸1.4%、ナトリウム0.6㎎、リン1.58%、マグネシウム175㎎/㎏、カリウム0.95㎎,カルシウム1.7%、タウリン2.000㎎、ビタミンA26.000IU/㎏、ビタミンD3300㎎/㎏、カロリー:384kcal/100g

ポイント

ジャガーの原材料

骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

メモ

・たんぱく質多めで子猫の成長期に最適
・穀物不使用
・添加物不使用
・人工添加物不使用
・子猫から成猫にピッタリの成分と原材料

安全なキャットフードを格付けのまとめ

今回のキャットフード格付けランキングは「安全面」を重視した格付けとなります。

ここで言う安全とは「穀物」猫が成長するのに必要のない雑物を原材料にせず、無駄に猫の食いつきだけを良くするためだけで発がん性も認められていて、人間が食べるもんじゃない!これは毒だ!と規制がかかった防腐剤などの「人工添加物」を使っていない、猫の健康を第一に考え、作られた安全性の高いキャットフードの事を指します(=゚ω゚)ノ

特に子猫は成長真っ盛り!
この成長期にあげたキャットフードで未来の愛猫の健康が決まる!と言っても過言ではないです(; ・`д・´)

子猫の成長期には穀物などは与えずに動物性たんぱく質が豊富で、無添加なキャットフードを選ぶべきなのです。

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-無添加おすすめキャットフード

Copyright© 情報ランキングサイト・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.