猫を撫でるタイミング|愛猫とのスキンシップのとり方

更新日:

 

飼い猫が愛らしくて、ついついナデナデ。

でも「あれ?嫌がってる?なぜか噛んでくる・・」といった時ありませんか?

このような時が多い場合、もしかしたら間違った撫で方をしているのかもしれません。

猫はとてもデリケートです。今回は、猫もうっとり、安心する撫で方のポイントをご紹介します。

猫が嫌がるスキンシップ・撫で方

飼い主に主導権を握られる撫で方

可愛くてついつい撫でたくなるのは、猫と一緒に暮らしているとよくあることですよね。

しかし、猫はむやみやたらに撫でると「もうやめろー!」と噛んできたり、逃げてしまうことも多いです。

猫は、マイペース。気分屋です。

自分の気分で甘えてきたり嫌がったり、そこが可愛いとこでもありますよね。

強引に引き上げて膝に乗せて撫でたりするとすぐ逃げてしまう子が多いのは、猫の特徴なのかもしれません。

基本的には、猫ちゃんの方から寄ってきたときに撫でるのが一番ベストなタイミングなのです。

正面から近づいていく撫で方

猫は、正面から近づくと「捕まえられる」と思って怖がってしまうことがあります。

撫でる前から、警戒して逃げてしまう猫もいますので、気付かれないようにそっと背後から近づいて撫でましょう。

猫が特に怖がりな場合は、摩擦が少ない手の甲で撫でてあげても良いかもしれません。

お腹を撫でる

猫にとって、お腹は急所にあたります。

猫のお腹は、他の部分と違ってふわふわとした毛並みで、とても気持ちよさそうに見えます。

だからといって、お腹を急に撫でると怒ってしまう猫がほとんどです。

人間でも急所を急に触られるのは、不快なことですよね。

猫ちゃんもそれは人間と同じなのです。

神経の密集してる箇所を撫でる

足先やしっぽなどは、神経が密集しており、そこを撫でられるのは嫌がる猫ちゃんが多いです。

猫ちゃんから甘えてきて、しっぽなどを撫でてみても嫌がるようだったら苦手なのかもしれません。

猫が安心するスキンシップ・撫で方

基本的には、顔周りから背中にかけて撫でられると嬉しい猫ちゃんが多いようです。

顔に関しては、自分では毛づくろいができない部分のため、より気持ちよく感じるのかもしれません。

猫は基本的に、自分で舐めにくいところを撫でられるのを喜びます。

また、普段から匂いをつけるために人や物に体をよくこすりつけていますよね。

このこすりつけている箇所は、触られて嬉しい箇所でもあるようなので、飼い猫の様子をみて参考にしてみるのも良いでしょう。

各部位の撫で方のポイント

あごの下から首回り

口の下から喉の方へ、毛の流れにそって指先で軽く撫でてあげましょう。

コチョコチョとかいてあげるように撫でるのもポイントです。

また、首周りは後ろ脚でかくこともあるため、少し強めに撫でてあげても大丈夫です。

喉や首回りを撫でられるのは好きな猫が多く、撫でられるのが嫌いな猫ちゃんでも目をつむってとても気持ち良さそうにしている顔をよく見かけるのではないでしょうか。

ひげの付け根もポイント。

付け根から、ひげの生えている方向へ、指先や手の甲で撫でましょう。

おでこ

眉山・眉間からおでこにかけて、指の腹で優しく撫でましょう。

一方方向だけではなく、円を描くようにおでこ部分を撫でられるのも好きなようです。

耳の周り

手でそっと耳全体を包むようにすると、撫でやすいです。

耳の付け根の周辺を、親指などで優しく撫でてあげると良いでしょう。

尻尾の付け根

尻尾の付け根を撫でると喜ぶ猫も多いです。

尻尾の付け根は、猫の性感帯なので、最も快感になる場所のようです。

トントンと軽く叩いてあげると、しっぽをピンと立てて喜ぶ猫もいます。

撫でるベストなタイミング

 

先ほども述べたように、猫は主導権を握りたがる生き物です。

こちらのタイミングだけで撫でようとすると、さっと逃げてしまうこともあります。

猫が撫でられるのを嫌がらない、ベストなタイミングを見極めるポイントはあるのでしょか?

家にいて、床などでお腹をだしてごろんと寝転がっているときは猫がリラックスしている証拠です。

弱点でもあるお腹を見せるということは、信頼している証なのです。

外にいるような野生の猫ではなかなか見ない行動です。

警戒心がないお腹を出して飼い主さんを見つめているときなどは、ゆっくりと近づいて行き撫でてあげましょう。

また、猫ちゃんの方から顔や体をくっつけてくる時や、膝の上に乗ってくるときは、撫でてほしい合図で、甘えたい時なのです。

そんな時は、ぜひソフトタッチで優しく撫でてあげましょう。

逆に、遊んでいるとき・食事中・グルーミング中などに撫でるのは避けましょう。

可愛らしい仕草に、ついつい撫でたくなりますが、そこはぐっと我慢です。

何かをしているときに邪魔されたら嫌な気分になりますので、そっと見守るだけにしましょう。

このように、愛猫の行動や仕草から撫でてほしいタイミングを見極めて、コミュニケーションをとりましょう。

撫でられて嬉しい!サインはある?

撫でられた猫ちゃんが気持ち良いと分かるサインなどはあるのでしょうか?

もしそんなサインがあったら、飼い主としても嬉しいですよね。

まず分かりやすいのは、のどの音です。

気分が良い時やリラックスしている時には、のどをゴロゴロ鳴らす猫が多いです。

毛布の上でもふもふしているときに鳴っている子も多いですよね。

また、目をつむって分かりやすくリラックスした表情を見せる猫ちゃんもいます。

しっぽをピンと立て、すり寄ってくるのも、喜んでいるサインです。

もともと、しっぽを猫が立てるのは幸せを感じているときに見せる行動であるといわれています。

撫でているときに突然噛まれた!気持ちよさそうにしてたのになぜ?

さっきまで気持ちよさそうに撫でられていたのに、突然「ガブッ!」と噛まれたことはありませんか?

気分屋過ぎる‥しかし猫にも突然噛みつく理由があるようです。

猫が手を突然噛む理由

触りすぎ

猫が可愛くて気持ちよさそうにしてるからといって、ついつい過剰に触りすぎてしまうと、

触り過ぎ!といって突然噛みつくことがあります。

その時の、猫の機嫌や状況にも大きく影響されますが、数秒ですぐにガブッとされてしまうときもあるので注意です。

気持ちが良い!興奮し過ぎて甘える

撫でられているのがあまりにも気持ち良すぎて、ありがとう!と、興奮して噛むことがあります。

猫にとって噛むというのは、嫌がってるときだけに起こす行動ではありません。

甘えてたい、嬉しい、飼い主さんに何かしてほしい、そんなときも噛むのが猫です。

飼い主としては、喜んでいるのか嫌がっているのか判断が難しいとこですが、そこは信頼関係を築いていくことで、

なんとなく感じてくるものがあるのではないのでしょうか。

まとめ

猫と飼い主のより良いスキンシップには信頼関係が一番です。

飼い猫の様子を見ながら、徐々に信頼関係を築き、ベストな撫で方を見つけていきましょう。

また、撫でることは人間から猫への愛情表現のひとつです。

猫が慣れるように、撫でる前に手の匂いをかがせてあげる、手が冷たくないように温めてから撫でる、ゆっくり優しく撫でる、

など少しの気遣いで変わってきます。

焦らずゆっくり信頼関係を築き、少しでも猫ちゃんとのベストなスキンシップをとってくださいね。

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.