猫の病気

猫のうんちが固い便秘と予防方法

更新日:

みなさんの愛猫ちゃんは毎日排便をしていますか?

猫は便秘になりやすい動物だそうです。人間では特に女性がなりやすいと言われる便秘。

猫の場合は性別の差はないようですが、やはり猫の排便の量や回数に個体差はあります。

ここでは猫の便秘原因と解消方法について詳しくまとめました。

猫の便秘ってどれくらいから?

猫はもともとあまり水を飲まないことや、毛づくろいにより毛を飲み込みやすいことなどから

便秘になりやすい生き物と言われています。

毎日排便していることがベストだと言えますが、食べる量や生活状況によって、

時には排便のペースにばらつきが出るといこともあるのではないでしょうか?

猫の場合、「便秘」と呼ばれるのは、丸々2日間排便がない状態をいうことが多いようです。

また、毎日排便していても硬くて小さいポロポロしたものであれば、それも便秘と呼びます。

飼い主は、普段愛猫が一日何回くらいうんちをするのかしたのかを記録しておくと良いでしょう。

丸々2日排便がないというのは、あくまでも目安です。

愛猫ちゃんが普段と明らかに違うペースでの排便をしていた場合は注意が必要です。

 

便秘の症状は?

やはり、排便が数日に一度しかでないということが一番分かりやすい症状になります。

他にも、

・一回の便の量が少ない

・いきんでいるが出ない(しぶり腹と似ているため注意)

・1日に何回もトイレに行く
・左下腹部にコリコリとした硬いできものがある
・便の水分量が多い(奇形性下痢)
・食欲不振
・嘔吐

などがあります。

左下腹部にコリコリと硬いできものがある場合は、非常に高い確率で便秘の疑いがあります。

腸の中に便がたまってくると、左の下腹部がゴツゴツとした手触りになるためすぐに気付くことができます。

普段から愛猫とのスキンシップをとり、マッサージなどで猫の体に触れておくこともとても大切です。

更に便秘になってしまうと、有害ガスが発生してお腹が痛くなったり、

肛門のすぐそばにある結腸に便が溜まって、巨大結腸症という病気にかかる可能性もあります。

巨大結腸症とは、大腸の一部である結腸(けっちょう)と呼ばれる部位の収縮力が弱まり、

便秘によって滞留した便が結腸を押し広げてしまった状態を言います。

巨大結腸症になると、何度トイレに行っても排便することができなかったり、

数週間、一ヶ月以上に及ぶ便秘になることもあります。

また、便秘とよく間違えられやすいものに「しぶり腹」という症状があります。

しぶり腹とは、直腸が炎症によって過敏になり、便の量が少なくても肛門周辺の筋肉が痙攣するため、便意を感じやすくなるというものです。

しぶり腹のになると、排便はでないのにトイレの中で排便ポーズをとる回数が増えるため、飼い主さんが便秘かなと誤解をしやすいようです。

しぶり腹と便秘を見極めるのは非常に難しいです。

便の形や量などで判断するのですが、もし判断ができない場合は、医師に相談してみることをおすすめします。

便秘が重症になると、嘔吐をしたり、活発さがなくなったりもします。

重症化しないように飼い主さんはしっかりとした知識を身につけましょう。

 

猫の便秘の原因は?

代表的なものとして

・偏食
・運動不足
・排便時の痛み
・排便が固い
・ストレス
・薬剤の影響
・遺伝

があります。

偏食

猫が消化しにくい「穀物類」のたくさん入ったペットフードばかり食べていたり、

異物を飲み込んでしまっている場合、排便がうまくできなくなることがあります。

また、水分が足りていなくても便が出にくくなるため、便秘の原因となります。

運動不足

人間と同様、猫の場合も運動不足は便秘に大きく影響します。

筋力が弱いと、便を押し出す力も弱まります。

運動をすることで、筋力は強くなりますし、消化器官をコントロールする自律神経を整える効果があります。

毎日、時間を決めて遊んであげることで運動不足は解消されますよ。

排便時の痛み、うんちが固い

身体は元気でも、痛みがあるために排便できない状態です。

腸の中に異物を含んでいたり、痔になっていたりする場合は、痛みが出て、排便すること自体を嫌がります。

また、痛みで排便を嫌がっている場合、肛門や直腸の通り道が狭くなっていたり、肛門周辺の傷ができている、骨盤や後足の骨が負傷している

、腫瘍、脱肛なども考えられる可能性があるため、医師に相談してみるのが良いでしょう。

水分をとる量が少ない場合も、うんちが固くなってしまい、排便時に痛みを生じる場合があります。

 

ストレス

精神的なストレスを感じると便秘になりやすい傾向があります。

環境の変化、トイレの変更、部屋の温度や湿度の変化などが様々なことがストレスの原因になります。

人間でもストレスを感じると、一時期的に便秘や下痢になってしまうといった人は多いですよね。

薬剤の影響

投薬によりが便秘を誘発した状態で、「医原性便秘」とも呼ばれます。

具体的には、鎮痛剤、硫酸バリウム、スクラルファート、抗コリン剤、抗ヒスタミン剤、制酸剤、利尿剤などの副作用によって

の誘発が考えられます。

遺伝

遺伝が原因で便秘を発症していることもあります。

マンクスは生まれつきしっぽがない猫種ですが、

尾骨の形の神経系に先天的に異常を起こしているため、便秘になりやすいようでます。

他にも、10歳以上の高齢猫や、毛を飲み込んでしまいやすい長毛の猫、避妊手術を受けたあと、肥満になった猫は便秘になりやすいといわれています。

 

便秘の予防方法は?

猫の便秘を解消する方法の中には、自宅でできるものもあります。

食事の見直し

便秘によくなる猫ちゃんの場合は、便秘用のキャットフードを与えるのもおすすめです。

また猫は、穀物が入ってるものは消化しにくいため控えた方が良いです。

突発的な便秘の場合は、最近変えたキャットフードが合っていないことが原因の場合もあります。

特にキャットフードを変えてない場合は、普段のキャットフードに蒸したサツマイモやカボチャを少量トッピングして、

食物繊維を取らせる方法もおすすめです。

さつまいもなどを水で濡らした後にラップをして、レンジで加熱すれば簡単に蒸すことができますので、ぜひ試してみて下さい。

他には、オリーブオイルをスプーン1杯飲ませてあげるのも、便秘の予防には有効です。

キャットフードにかけて混ぜるか、そのまま小皿にそそいで与えても良いです。

油分の影響で、腸内での便のすべりがよくなり、便通改善効果が期待できます。

オリーブオイルは必須脂肪酸を含むため、猫の健康維持にも良いのでおすすめです。

水分不足の解消

水分不足から便秘を引き起こしてしまう場合もあります。

猫はもともと水分をよくとる生き物ではありません。

少しでも水分をとりやすいように飼い主さんが手伝ってあげる必要があります。

水を使うおもちゃなどを利用して、普段とは違う方法で水を飲める状況を作ってあげる、

ドライフードばかりを食べている子ならウェットフードも一緒に与える、なあどがあります。

ウェットフードは約80%が水分なので、ドライフードより味もおいしい上、水分が簡単にとれるのでおすすめです。

お尻やお腹のマッサージ

親猫が子猫のお尻を舐める要領で、飼い主さんがお尻付近を優しくマッサージしてあげるのも効果的です。

ぬるま湯に濡らしたあたたかいタオルなどを使って、肛門付近をマッサージします。

ポイントとしては、猫が排便をしたい様子があったときに行ってあげることです。

きばっていたり、排泄しようとしているけど出ない、というときなどです。

また、「の」の字を書く要領で、下腹部(腸のあたり)のマッサージを行うのも効果的です。

腸が刺激され、排便を促します。

まとめ

排便は、猫の健康状態を分かりやすく確認できるものです。

一時的から慢性的なものまでありますが、適切な治療や予防をすれば改善できることが多いです。

上手に付き合っていくようにしましょう。

日頃から愛猫の排便の状態をよく観察して、何かおかしいと感じることがあったら、早めに医師に相談して下さいね。

  • この記事を書いた人

sora

当サイトの管理者のSoraです。 各方面のプロフェッショナルを集めてサイトを運営しています!

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.