長毛の猫の自宅でできるトリミング方法とは

更新日:

長毛の猫ちゃんを飼っていると、その被毛のお手入れに悩んでいる飼い主さんは多いのではないのでしょうか?

基本的に猫は綺麗好きで、自分の体を舐めてお手入れをします。

しかし、自分自身で綺麗にするには限度があり、特に長毛の猫は短毛の猫に比べ、

お手入れも大変で、毛玉ができてしまうといったトラブルも多いようです。

綺麗好きな猫ちゃんでも、やはり定期的なシャンプーの習慣は必要になります。

今回は、猫のトリミングについてご紹介します。

トリミングって?

ペットショップや動物病院に行くと「トリミング」といったメニューを目にするのではないしょうか。

被毛をカットして整えることをトリミングといいます。

また、カット以外のシャンプー、ブラッシング、爪切り、耳掃除、肛門腺絞りなどのお手入れのことをグルーミングといいます。

しかし、日本では両方合わせて「トリミング」と呼ぶことが多く、ほとんどのペットサロン・病院での

「トリミング」とは、被毛のブラッシング、シャンプー、カット、爪切り、耳掃除などのお手入れ全般のことを指しています。

猫もトリミングをすべきか?

実は、猫は人間からトリミングをしてもらわなくても、日々、自分でトリミングをしています。

猫は綺麗好きというのは有名な話です。

実際、自分自身の体を舐めて毛づくろいをしています。

猫ちゃんと一緒に生活していると、猫は自分の手を舐めて、その手で顔を拭いている姿をよく目にするのではないでしょうか?

唾液は殺菌効果があるため、シャンプーの役割を果たします。

また、爪に関しても、爪とぎを使ったり、自分で噛みキレイに整えることもできます。

しかし、猫も自分自身でできる範囲には限界があり、やはり飼い主によるメンテナンスは必要となります。

実際は、外に出さない室内飼いの猫であれば、そこまで汚れることはありませんが、

愛猫の健康チェック、怪我防止などの目的も含め、定期的なトリミングは重要です。

猫のトリミングってどうやればいい?

ペットショップや病院、ペットサロンでは、トリミングをメニューにいれているところがほとんどですが、

猫の場合、ご家庭でトリミングを済ませてしまう人が多いです。

では具体的に、猫の自宅でのトリミングはどういったことをやるのでしょうか。

ブラッシング

毛玉を作らないためにも、ブラッシングは毎日行うことをおすすめします。

毛玉になってしまうと、毛づくろいした時にその毛玉をのみ込んでしまい、

消化器官や胃の粘膜に毛が張り付き詰まってしまうことがあります。

この病気を「毛球症」といいます。

危険な事故を起こさないためにも、目安として、短毛種で1日1回、長毛種で1日2回程度行うと良いでしょう。

猫用ブラシを用意して、毛並みにそってやさしくとかします。

少しの毛の絡まりでしたら、とかすことで解消します。

しかし、もう毛玉になってしまったものは強引にとかすと皮膚が痛むので、そんな時は無理をしないで

サロンや病院などでとってもらいましょう。

シャンプー

シャンプーは、猫によって好き嫌いがはっきり分かれることが多いです。

基本的には猫は水に濡れるのを嫌うので、シャンプーが苦手な猫ちゃんもたくさんいます。

その分、飼い主さんにとっても大変な作業です。目や耳に水を入らないように注意しながら、

短時間で済ませましょう。目安としては半年に1回程度で良いでしょう。

耳掃除

猫にとって、聴覚はとても重要な感覚です。

愛猫の耳が、汚れやすいと感じたり、よく耳を掻いている、耳垢がたまる病気になっている場合は

耳掃除は欠かさず行ってあげましょう。

コットンを、オリーブオイルや水で湿らせ、耳の奥から外に向かって優しく拭き取ります。

あまり奥まで入れなくて大丈夫なので、優しく拭いてあげてください。

強くこすると外耳を傷つける恐れがあるのでやりすぎに注意しながら優しく扱い、通常は1ヶ月に1~2回程度で充分です。

爪切り

猫の爪の内側には血管とともに神経も通っているため(クイックと呼ばれています)、

切りすぎてしまうと痛みを伴って出血します。

爪を上下からはさむようにして押すと、自然に爪が外に飛び出すので、

爪のクイックより外側のとがった部分を2mmほどカットするのが基本です。

だいたい2~3週間に1度、爪切りをすると適度な長さを保つことができます。

歯磨き

猫の歯周病は珍しいことではないため、歯磨きはなるべくした方が良いでしょう。

なかなかじっとしてくれない猫の歯磨きはとても大変な作業ですが、歯周病予防にはとても効果的です。

歯磨き用のウェットシートなど拭き取り式のものや、歯磨き用のおもちゃ・ガムなど、磨かれることを嫌がる猫ちゃんにも

使用しやすいものが色々と売っていますので、ぜひ愛猫ちゃんにあったアイテムを探してみて下さいね。

歯磨きはできれば、1日1回がベストですが、なかなか難しい場合は週2~3回でも効果がありますので、挑戦してみて下さい。

これらを自宅で行うのが難しい場合は、プロにお任せするのが一番早く安全と言えます。

自宅でできるかどうかは、猫ちゃんの慣れも影響してきますので、なるべく小さいうちから慣らせおくようにすると

良いでしょう。

長毛の猫ちゃんの悩み、猫の被毛カットは可能?

長毛の猫ちゃんは、ふわふわした見た目がとても愛くるしいですよね。

しかし実際に長毛の猫を飼っている人から聞くのは、長毛のならではの悩み。

・毛が抜けると部屋ですごく目立つ

・長毛のため、排泄時に肛門付近が汚れる

・毛玉になりやすい

などをよく聞きます。

しかし、そんな被毛にもメリットがたくさんあります。

被毛には、外部からの刺激から守る働きがあります。

寒さを防ぐだけでなく、夏日の太陽光からの紫外線、熱を皮膚に直接当たらないようバリアの役割も果たします。

飼い主さんは、その役割をしっかりと頭に入れてカットをするかどうか決めてくださいね。

被毛のメリットを頭にいれた上で、悩みを減らすためにもやはり被毛を短めにカットしたいと考えている飼い主さんは、

少しのカットであればご自宅で上手くカットすることも可能です。

専用のハサミや、バリカンなども売っています。

サロンにお任せする場合、猫のカットにはいろいろな種類があります。

長毛種の場合、全体の毛量のボリュームを軽くするカットがあります。

見た目は変わらずに毛量を軽くすることで通気性がよくなるというメリットがあります。。

他にも、ライオンカット、ベリーショートカット、モヒカンカット、サマーカットなどがあり、

飼い主さんのお好みの長さが指定できます。

プロにお任せする場合は、猫ちゃんの体調や健康状態をよく確認してから行ってください。

また猫の場合、サロンによってはカットできる長さが決まっていることがあります。

事前にお問い合わせして、希望にそったメニュー内容かどうかも調べることをおすすめします。

まとめ

可愛い愛猫のトリミング。

トリミングは、清潔を保つためにも日々のケアの中で凄く重要です。

そして、習慣付けることによって、猫にとっても飼い主にとっても負担が大きく減ります。

難しいものも多いため、嫌がるときは無理せず、時にはプロに任せて定期的なトリミングを心掛けてくださいね。

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-

Copyright© 得する+ツナガル , 2019 All Rights Reserved.