猫に首輪はつけるべき?メリットとデメリットを徹底解説!

更新日:

一緒にお出かけをする機会が多い犬は、リードをつけますから首輪は必要です。
しかし、リードでつなぐ機会が少ない猫は首輪が必要になることも少ないです。

飼い主さんの中には「家の中で飼ってるし外に出すこともないから首輪は不要では?」「首輪は嫌がられるし、かわいそうだ」という人も少なくありません。

しかし反対に「野良猫との区別がついて便利だ」「もし迷子になっても首輪がついていれば見つけやすいのでは?」と肯定的な意見の飼い主さんもいるかと思います。

今回は、猫に首輪をつけるメリットとデメリットをご紹介していきます!

猫に首輪をつけるメリット

家猫だという目印になる

猫が外を歩いているのをよく見かけますが、私たちはその猫を飼い猫かどうか判断する為に、首輪の有無を確認しますよね?

首輪が付いていなければ野良猫だと解釈し、子供の頃なんかは「首輪のついていない猫は野良猫だから近づいてはいけない」と親に言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。

首輪をつけていれば飼い猫だという目印になりますから、野良猫に勘違いされて保健所に連れていかれるなんてことも少なくなるというメリットがあります。

居場所がわかる

首輪の中には鈴などの音がなるものが付いているものがあります。

そういった首輪をつけてあげれば、家の中でどこにいるのかわからなくなっても音を頼りに見つけられます。

もしも無人の部屋やタンスなどに入ってしまっていても、これなら安心ですね!

首輪をつけていると迷子の時に役立つ

家から脱走して迷子になるという猫ちゃんが、最近は多いようです。そうでなくても、例えば災害などによってはぐれてしまうことも十分考えられます。

そういう場合にも、首輪は大いに役に立ちます。首輪に飼い主さんの連絡先を書いていけば、保護された先で連絡をしてくれるでしょう。

また、近年は技術の進化に伴って猫の体自体にマイクロチップを埋め込むということも可能であり、これに飼い主さんの連絡先を保存しておくこともできます。

一見便利そうですが、マイクロチップリーダーは病院などの専門機関にしかないので、もし保護された先が一般家庭なら全く役に立ちません。一目でわかる首輪の方が何倍も安心です。

 

猫に首輪をつけるデメリット

首輪で猫の皮膚が炎症する危険性

皮膚が弱い猫の場合、首輪によって皮膚が擦れる箇所が炎症を起こしてしまいます。
痒がったり嫌がる程度ならまだ良いですが、出血してそこから菌が入り込んでしまうこともあります。
そうなると、重大な皮膚病や、皮膚病に止まらないこともあるので注意は欠かせません。

猫の首輪に関する事故の可能性

首輪が窓枠などに引っかかって重大な事故に繋がってしまう恐れがあります。

猫は首輪がひっかかると自力でそれを取ろうと動き回るので、最悪の場合、首輪が引っかかったまま投げ出され宙吊りなどになり、窒息で死んでしまうこともあります。
おそらく考えられうるデメリットの中で一番大きいものでしょう。

東日本大震災では、首輪がたすき掛けのような状態になり、体に多いな負傷を負った猫もいるそうです。

このような災害時には、飼い主さんとはぐれてご飯を食べられなくなり体がやせ細っていく結果、首輪がゆるくなってしまいます。

それにより平常時では考えられないような事故に繋がっててしまうのです。
有事の場合を考えても、首輪はつけるべきではないのかもしれません。

首輪はストレスの原因になる事も

猫自身の性格にもよりますが、多くの猫は窮屈な首輪を嫌がりストレスが溜まります。
また、鈴付きの首輪ですとその音がストレスの原因になることもあるようです。

私たちも、常に顔の近くで鈴が鳴っていたらイライラしますよね?

特に猫は懲悪が人間より優れているので音に敏感で、そのストレスはきっと凄まじいものになるのではないでしょうか。

 

 

首輪を選ぶ際の注意点は?

メリット・デメリットを並べてきましたが、やはり大事な猫の居場所を把握しておきたいという飼い主さんは首輪をつけたいと思うのではないでしょうか。

そこで、デメリットが極力ないような首輪の選び方をご紹介します。

首輪の素材にこだわる

最近見かける猫用の首輪には、綿でできているものからウールや化学繊維でできているものまで様々あります。

一概に何が良いとは言えませんが、最も安心なのはウールでしょう。

動物性タンパク質からできているウールは、猫の皮膚とも比較的相性が良いようです。

ただ、猫によっては合わない場合もありますから、よく観察した上で何個か首輪を試して決めたほうが賢明と言えます。

幅や重さなども猫によって好みが別れますから、素材と同様にこちらも猫に合わせて飼い主さんがきちんと選んであげましょう。

首輪の形状ひとつ気を遣うだけでも猫のストレスは減ります。

事故防止、その首輪選びは間違えてない?

万が一柵や窓枠などに引っかかってしまった場合、すぐに外れるバックルタイプの首輪でしたら安心です。

また、ゴムやウレタンなどの伸縮性のある首輪でも引っかかり事故の被害は抑えられるでしょう。

最近では、強い力がかかると自動で外れる仕組みの「セーフティー付き首輪」というものもありますから、心配なようでしたらこちらを選んでみてはいかがでしょうか?

飼い主さんのエゴはほどほどに

最近ですと、天使の羽や泥棒のコスプレなど、機能性より見た目重視の可愛らしい首輪がたくさんあります。

確かに可愛らしいですし、愛猫につけたい気持ちも湧いてきます。

しかし、普段使いとは区別するように心がけましょう。

人間に勝負服があるように、猫にも勝負首輪なるものが存在しても良いはずです。

普段使うものはなるべく質素で負担がかからないものを選んであげましょう。

 

 

猫に首輪をつける正しい方法

安全な首輪を選んでも、付け方によっては猫にストレスがかかったり思わぬ事故につながる危険性が浮上します。

どのように首輪をつければ、猫にとっても飼い主さんにとっても安心なのでしょうか?

ストレスを与えないように

猫は鈴の音ひとつで過敏に反応してしまう生き物ですから、鈴の音の大きさには気を配りましょう。

猫が嫌がらないかつ飼い主さんの耳に届くちょうどいいポイントを探ることが必要です。

適度に「遊び」を持たせて

適度なゆるさ(遊び)を与えることが最も重要でしょう。

ただでさえストレスを与える首輪ですから、少しでもストレスが軽減されるように注意してあげることが大切です。
具体的には、人の指が2本ほど入るくらいの隙間があるのが良いそうです。
遊びを持たせると首輪と首元との通気性が良くなり、群れることがありません。

また、頻繁に擦れることもないので皮膚の炎症や皮膚病などのリスクも軽減されます。
猫の様子を見ながら適宜チェックしてあげてください。

ただ、あまりのもゆるいと首輪としての機能が半減し、ただ邪魔なだけになりますから注意してください。

さらに、引っかかり事故のリスクも高まりますから、きつすぎずゆるすぎずを心がけましょう。

成長に合わせて首輪調整

成長に合わせて首輪のサイズを調整してあげましょう。

子猫のときからずっと同じサイズでは、文字通り息が詰まってしいます。

誕生日プレゼントなどとして定期的に新しい首輪を買ってあげてサイズを調整するというのも良いでしょう。
この場合は、猫に合った素材のものを選ぶように注意します。
慣れて柔らかく鳴った首輪の方を好むようであれば、無理強いもしないでくださいね。

また、体が健康なうちは猫はよく遊ぶ生き物です。遊んでいるうちにどんどん締まってくるということもありますから、首回りのゆとりに関してはこまめにチェックしてあげることが必要です。

セーフティー対応の首輪

猫は狭い所に顔を突っ込む習性がありますから、首輪が引っかかって抜けなくなったり首が締まって窒息するなんてことも考えられます。

そんな有事に備えて、セーフティーに対応している首輪を選んであげるのが賢明と言えるでしょう。
猫自身が無理やり引っ張って取ろうとすると自動的に首輪が外れますから、安心です。

また、窒息の危険性が下がるだけでなく、震災時などでご飯にありつけずやせ細った猫が首輪に絡まってしまうという危険性もまた低下します。
猫の身の安全を考えたら、セーフティーは必須と言えそうですね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。猫の首輪は「可愛いから」という飼い主さんのエゴに偏って選ばれがちな傾向にあります。

しかし、首輪をつけるのは猫です。できるだけ猫のことを考えて選んであげるのが、立派な飼い主のあるべき姿ではないでしょうか。

首輪をつけないのもまた良い選択です。
もしつけると決めたのであれば飼い主さんも猫も満足するような首輪を見つけて、素敵なキャットライフを歩んで行ってください!

  • この記事を書いた人

sakimura

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.