猫種別キャットフード

スフィンクスが喜ぶおすすめのキャットフードはモグニャン

更新日:

好奇心が旺盛で、犬のように人に懐き、被毛が無く無毛が特徴のスフィンクス。

品種改良され、野生ではほぼ生きていくことが不可能で、雑種より健康面にも不安が残ると言われています。

毛が無いので暑さや寒さに非常に弱い一面もあります。

スフィンクスの健康管理は気温管理はもちろん、無添加で高たんぱく、グレインフリーのキャットフードで栄養をしっかり補いましょう!

 

スフィンクスのキャットフード選び3つのポイント

・無添加なものを選ぶべき
・動物性たんぱく質が豊富である事
・穀物が不使用である事(グレインフリー)

スフィンクスのキャットフード選びに大切な3つのポイント

 

この3つのポイントを抑えて、質の良いキャットフードを選びましょう!

1・無添加なものを選ぶべき

添加物である、防腐剤や香料、着色料は業者が「日持ちをさせるため」「ニオイで食いつきをよくするため」「キャットフードの見た目」と言う理由で配合しているものが多いのですが、実は猫は添加物を排出できません。 添加物は体内に蓄積され、消化不良や下痢、嘔吐などの症状に現れる個体もいます。 これらは猫の健康を損なうものですので、愛猫に与えるキャットフードは「無添加」である事が望ましいと言えます。

 

2・動物性たんぱく質が豊富である事

猫の力の源になるのが、この動物性たんぱく質です。 特に成長期の子猫には高たんぱくなキャットフードを与えてあげる事で、病気になりにくい体を作りだします。 たんぱく質を接種する事で、猫の被毛、皮膚、筋肉は健康体を保つことができるのです。

 

 

3・穀物が不使用である事(グレインフリー)

キャットフードの原材料に穀物である「トウモロコシ」「小麦」などが記載されていませんか? 穀物は、猫の成長に不必要な原材料であり、肥満やアレルギー―を起こす個体も多いです。
業者が穀物を原材料にする理由は「低コスト」である事が理由です。

 

特に子猫は穀物を消化できるほど、消化器官が成長していません。
猫の健康のためにグレインフリーのキャットフードに変える事をおすすめします!

 

スフィンクスにおすすめのキャットフードランキングTOP3

スフィンクスの健康を守るためのキャットフードをご紹介します!

1位・モグニャン

モグニャンは無添加でグレインフリー!動物性たんぱく質も適度に配合されているおすすめのプレミアムキャットフードです。原材料に白身魚を使用しており、元来肉食である猫の食欲をそそります。マグネシウム量も控えめに設定されているので、尿路結石対策もできます。

しかも今だけ先着1000名様に「100円モニター」を開催していて、今なら100円でモグニャンをお試し購入する事ができますよ。

モグニャン100円モニターの詳細はこちら

 

2位・ジャガー

ジャガーは動物性たんぱく質80%以上配合の、プレミアムキャットフードです。 原材料はチキンやサーモンが使われており、さらにグレインフリーであり、もちろん無添加のキャットフードです。 特に子猫の成長期におすすめしたい逸品です!

キャットフード・ジャガーを最安値で買うならこちら

 

3位・カナガン

原材料には、猫が健康を維持するためのカロリーが適度に含まれる、チキンやサツマイモを使用していて、適度に脂質とたんぱく質が配合されています。 無添加、グレインフリー、オールライフステージに対応! カナガンはドライフードとウェットフードを選ぶことができるため、愛猫の舌に合わせたキャットフード選びができます。

カナガンを最安値で買うならこちら

 

スフィンクスに与えるキャットフードの一日のカロリーや食事回数は?

スフィンクスに与えるキャットフードは、1日2回(子猫の内は3回)でOKです。

カロリー計算は、体重1kgあたり70~80kcalとして計算してください。
成分やカロリーの詳細は、キャットフードのパッケージに記載のものを参考にしてください。

 

スフィンクスがキャットフードを食べてくれない時は?

スフィンクスはグルメな種ですので、今までのキャットフードに飽きたか、純粋に受け付けないか!を考えてあげて下さい。

ドライフードであれば、ご飯の前にすこしぬるま湯でふかして、キャットフードのニオイを発生させて、食をそそってあげましょう!

この時決して「高温でふかしたり」「お湯を捨てたり」しないように注意してください。

高温でふやかせば栄養が飛び、さらに猫は猫舌なので食べる事ができません。
キャットフードをふやかした後のお湯は栄養素がたっぷりですので、捨てないでくださいね♪

 

スフィンクスにモグニャンがおすすめな理由は?

先述したようにスフィンクスは品種改良され、野生ではほぼ生きていくことが不可能な種であり、雑種より健康面にも不安が残ると言われています。

内臓系も丈夫ではないので、健康を損なわないためには「無添加」であり「グレインフリー」であり「穀物不使用」であることがスフィンクスの健康を守る重要ポイントですよ!

 

スフィンクスの健康と食いつきを重視するならモグニャン

モグニャンは白身魚を原材料にする事で、○○の食欲をそそり、猫の成長に欠かせない動物性たんぱく質を豊富に含んでいます。 オールライフステージで、年代を気にせず与える事ができ、栄養のバランスもしっかりとれている、愛猫を丈夫に育てるためのまさに猫にとってプレミアムなキャットフードです。

モグニャンを100円でお試ししてみる

 

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-猫種別キャットフード

Copyright© 得する+ツナガル , 2019 All Rights Reserved.