猫の種類

ノルウェージャンフォレストキャットの不思議な特徴と性格

更新日:

ノルウェージャンフォレストキャットは「森の妖精」と言われ、とても被毛が美しくペットとして もとても人気の高い猫です。

そこで今回はノルウェージャンフォレストキャットの特徴や性格をな るべくわかりやすく紹介していきたいと思います。

 

名前の由来

ノルウェーでは、「森の猫」という意味で「スコグカッテル(skog katter)」または「スコウカッ テル(skau katter)」といわれ、ノルウェージャンフォレストキャットに詳しい人は「ノルウェー の森林猫」という意味でそのまま「ノシュクスコグカット(norsk skog katt)」と呼ばれています。

英語表記になると「ノルウェージャンフォレストキャット(norwegian forest cat)」となり、 「ノルウェージャン」が「ノルウェーの」、「フォレストキャット」は「森の猫」という意味にな ります。

フルネームは長いので英語圏では、「ウェジー」、日本では「ノル」と短くして呼ばれたり、国ご との愛称で呼ばれたりしています。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は古く、その歴史は4000年前にまでさかのぼると言われています。

自然発生の猫であり、詳しい出自はわかっていませんが、古くからノルウェー の森林地帯に生息していたことがわかっています。

北欧神話にも登場していると言われています。
北欧神話には女神の車を引く大きな2匹の猫の話や、 雷神が猫を連れ去ろうとして、大きくて重かったため持ち上がらなかった話などがあり、この大 きな猫というのが、ノルウェージャンフォレストキャットがモデルになっているのではないかと言 われています。

日本で飼育されている数 一般社団法人ペットフード協会の調べによると、日本で飼育されているノルウェージャンフォレス トキャット の数は、平成29年度で38104匹となっています。

猫全体の飼育数が9526000匹で、ノルウェージャンフォレストキャットの割合が約0.4割 となっています。

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴 「森の妖精」の愛称で人気のある猫、ノルウェージャンフォレストキャット。そのノルウェージャ ンフォレストキャットの見た目や色々な特徴を紹介していきます。

 

ノルウェージャンフォレストキャットは成長期が長い

ノルウェージャンフォレストキャットは成長期がとても長いです。
一般の猫は1~2年とされてい ますが、ノルウェージャンフォレストキャットは3~4年ほど成長期があるとされています。
長い成長期があるため、遊び盛りな時期でもあり一緒にいっぱい遊んで楽しむこともできますし、子 猫ならではの可愛さを長くみられるので、飼い主にとっては嬉しいのではないでしょうか。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの見た目と体格

ノルウェージャンフォレストキャットは一般的な猫よりもやや大きめです。
体重は成猫のオスで4. 5kg ~ 7.0kg、メスで3.5kg ~ 5.5kgとなっています。

前足より後ろ足が長い腰高な体格をしています。

筋肉質で、全体的にシャープな印象があります。

頭部は三角形で鼻筋がまっすぐあり、あごは分厚く、尻尾は先の方に向かって細くなっています。

ノルウェージャンフォレストキャットの毛色、毛質 単色では、ブラック、ブルー、ホワイト、タビーではブラウン、シルバー、ブルー、レッド、クリー ムとこれらの濃淡がいます。

ホワイトや他色とのバイカラーがあります。

古い時代からとても寒さの厳しいノルウェーの森の中に住んでいたため、とても豊かな毛並みを もつことが一番の特徴です。

その豊かな被毛は雪や風の厳しい寒さから体を守るためのオーバーコー トで、羊毛のようなふわふわとして保湿性に優れたアンダーコートの二重仕立てになっています。
長毛なダブルコートで水や脂を弾くように皮脂で覆われています。

 

ノルウェージャンフォレストキャット は2タイプ

 

 

 

 

 

 

 

ノルウェージャンフォレストキャット には「ヨーロッパ系」と「アメリカ系」の2タイプがいます。
ヨーロッパ系は野生本来のしっかりとした頑丈な体格をしています。
アメリカ系は、ヨーロッパ系の改良種で少しほっそりとした体格になります。

 

 

 

 

 

ノルウェージャンフォレストキャットは運動神経抜群

ノルウェージャンフォレストキャットはとても運動能力の高い猫種になります。

しっかりした骨太 な大きな体で筋肉が発達しています。長い脚には丈夫な爪も生えているため、木や岩場などを登る ことが得意です。

室内でも本棚や家具、家電製品等の上などの高いところをとても好みます。

野外 で運動することが好きですが、運動できるような高低差をつけた環境を整えてあげれば室内だけ でも充分に飼育することがでると思います。

狩猟能力に優れている

ノルウェージャンフォレストキャットは運動能力が高いため、狩猟能力にも優れています。
何世紀 にも渡ってネズミ捕りとして、馬小屋や農場で飼われていたためとても高い狩猟能力を持っている ようです。

 

とても静か

ノルウェージャンフォレストキャットは比較的に静かな猫種です。
ほとんど大きな声をださずに静 かに生活をします。
声を出すのは、構ってほしいときやコミュニケーションをとろうとしていると きです。

また食事がほしいときなども鳴いたりします。鳴き声を出したとしても基本的に鳴き声は 小さいので、近所迷惑になることもあまりないと思いますので、マンションやアパートでも比較的 飼いやすいのではないでしょうか。

以下ではノルウェージャンフォレストキャットの性格について紹介していきたいと思います。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの性格

ノルウェージャンフォレストキャットは温厚でフレンドリー

ノルウェージャンフォレストキャットはアグッレシブな特徴がありますが、性格は温厚な性格をしています。
そのためペット向きでもあるといわれています。

スキンシップを好むフレンドリーなと ころがあり、寂しがりやな一面もあります。
そのフレンドリーな人懐っこい性格から、初対面の 人でも自分から寄って行くほどフレンドリーです。
人に限らず、ほかの動物に対しても同じなので 違う動物の共同生活にも問題なく、一緒に過ごしてくれます。

頭も良く忍耐強い

とても頭が良いため簡単な芸ならすぐに覚えてくれます。
歴史的にも厳しい環境で生きてきていた ため、忍耐強いところもあります。
小さい子供などがしつこく構っても辛抱強く相手ができるのも ポイントの一つです。

甘えん坊

ノルウェージャンフォレストキャットは甘えん坊な性格が多いと言われています。
特にオスのほう がよく甘えてきます。
メスの方は少しクールな落ち着いたところがあるようです。

ですが、オスと メス関係なく信頼されていれば甘えん坊でかわいい姿を見ることができると思います。
頭を撫で られるのも好きですので、適度に撫でてあげればとても喜びます。

愛情深い

ノルウェージャンフォレストキャットはとても愛情深く、飼い主の側から離れようとしないこと が多くあります。

飼い主が寝室やトイレ、お風呂などに移動しようとしたらどこへでもついてきま す。
ですが鳴いたり、いたずらをしたりするわけではありませんので、優しく接してあげましょう。
とはいっても、やはり個体差がありますので、ベタベタするのが嫌いな子もいます。
飼い主から積 極的にベタベタしにいって嫌われてしまうこともありますので、その子の性格をみて判断だするこ とが必要です。

綺麗好き

ノルウェージャンフォレストキャットは綺麗好きな猫です。
長毛のため手入れを欠かしてはいけま せん。
毎日一回のブラッシングと月一回のシャンプーは忘れずに行いましょう。

手入れを怠ると 病気などにも繋がりますので注意しましょう。

対応が親切な猫の緊急病院|東京はこちら!

 

まとめ

ノルウェージャンフォレストキャットはとても綺麗で、フレンドリーな猫種です。

とても飼いやす い猫でもありますので、とてもオススメです。
毎日お手入れをしてあげて、一緒に遊んで甘えさせてあげて飼い主自身も癒されてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

sakimura

Copyright© Neo info , 2019 All Rights Reserved.