黒猫ってどこで買えるの?性格や特徴と購入方法

更新日:

黒猫と聞くと、「横切られたら不吉」「魔女の使い魔」などとあまり良くないイメージが浮かんできます。

しかし、最近では黒猫を飼うと幸運が訪れるなどと言われ始め、ペットの候補として高い評価を獲得しているのをご存知でしょうか?

そんな黒猫のミステリアスな雰囲気や凛とした佇まいに惹かれる愛猫家は少なくないことでしょう。

今回は最近注目されるようになった黒猫ちゃんたちはどこで買えるのか、そしてどんな性格をしているのかを見ていきます!

 

黒猫の種類

 黒猫と呼ばれる猫の多くは雑種です。

しかし、「全身の毛が黒い」ことさえ満たしていればそれは「黒猫」といわれるので、一様に黒猫といっても実際は雑種の他に以下のような種類の猫を含みます。

まずはそれを見ていきましょう。

 

ボンベイ

黒豹のような体格に金色の目を持っているのが特徴です。

この金色の目はとても大きくてクリクリしており、非常に愛嬌があります。コミュニケーションは犬のように取りやすく、賢くて活発な性格をしています。

 

メインクーン

骨格ががっちりしており、世界一尻尾が長い猫としてギネスにも認定されたことがあるほど尻尾が特徴的な猫です。

愛情深い性格をしており、来客があっても愛想よく接することができるようです。

また、とても賢いので、犬のように投げたボールを取ってくるような芸を訓練することもできます。

 

アメリカンショートヘア

万人に大人気のアメリカンショートヘアは、顔の四角張った輪郭と短毛であることが特徴です。

短毛であっても被毛は厚く、モフモフとした印象なのが可愛らしいところですね!他の種に比べて慎重な性格をしているので、家族以外の人間にはあまり近づこうとしません。

 

ペルシャ

意外と知られていませんが、ネコの王様と言われるペルシャ猫にも黒猫は存在します。

全身を覆うふさふさとした長い体毛が特徴であり、その姿は品格さえ感じさせます。

穏やかで落ち着きのある性格をしており、あまり興奮もしません。

家族にベタベタすることもなく、一見するとドライな感じがしますが、実は家族のことはきちんと認識しているみたいですよ。

 

マンチカン

最近流行っているマンチカンの特徴は何と言ってもその短い足です。

丸顔でつぶらな瞳をこちらに向けてくる姿は、「愛くるしい」という言葉がぴったりです。

好奇心旺盛な性格をしており、何にでも興味を示すので、家で複数のペットを飼っていても他の子達と問題なく仲良くできるようです。

ただ、少し怖がりなので大きな音などは立てないほうがいいでしょう。

 

ブリティッシュショートヘア

厚い胸を持ち、頑丈そうでやや短い足が特徴のブリティッシュショートヘア。

体格がしっかりしているので、完全な大人になるには3年ほどかかるそうです。

基本的に甘えん坊ですが、かといって依存体質というわけでもありません。

自立心が強く、人間の方からベタベタされることを嫌う傾向にあるようです。

 

黒猫を買いたい!どこで売ってるの?

 黒猫を我が家に連れてくるには、「ペットショップでの購入」「ブリーダーからの購入」「里親になる」の3つの方法があります。

しかし、黒猫はほとんどが雑種のためペットショップで見かけることはあまりないのが現状のようです。

そのため、ブリーダーから直接購入することを考えるのが良いでしょう。

また、現在インターネット等で里親を募集している方も多くいるので、そちらも検討してみると良いのではないでしょうか。

 

性別で違うらしい!黒猫の特徴と性格

 黒猫のオス

いわゆる“ガタイがいい”こが多く、体重も7kgほどになるそうです。

一般的な猫と同様にマイペースではありますが、外交的でもありますから、家猫として迎え入れてもうまく生活していけるでしょう。

黒猫のメス

体つきはオスと比べてやや華奢で、飼い主になつきやすいという特徴があります。

だからと言って誰とでも仲良くなれるというわけではなく、家庭で飼うと「お母さんになつくのにお父さんは嫌われっちゃって…」というようなことが起こりかねません。

ですので、飼い主さんと猫ちゃんだけしかいないという一人暮らしの方が飼うのにちょうど良いと言えるのではないでしょうか。

 

綺麗な毛並みを維持したい!黒猫にオススメのキャットフード

 黒猫の最大の魅力は、何と言っても上品でどことなくミステリアスな艶々とした綺麗な毛並みです。

この毛並みを維持するのには、とにもかくにも飼い主さんが責任持って食事を管理することが重要です。

理想的なのは、「肉や魚:穀類:野菜=7:2:1」の割合で食べさせることです。

具体的に必要な栄養素は、ビタミンA(欠乏すると皮膚が荒れる)、タンパク質(体毛の主成分であるケラチンの材料)、アラキドン酸(欠乏すると体毛が乾燥しパサつく)の3つですので、猫ちゃんの状態に合わせてご飯を選びましょう。

また、安いキャットフードは人間には使用の禁止されている添加物が含まれている事もありますから、少々値は張りますが品質の良いものを選んであげられたらいいですね。

 

>>愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』


 

黒猫を飼うときって何に注意したらいいの?

 家で猫を飼うということは、まずしつけが必要になります。

猫をしつける時は「悪いことをしたらその場ですぐに叱る」「叱る時は大きな声で短く」「叩いたりしない」の3点に気をつけましょう。

特に黒猫はプライドが高い傾向にありますから、体に危害を及ぼすのは叱る事臭いては効果がありませんし、むしろ関係が悪くなることがあります。

また黒猫にはかかりやすい病気があります。

それは「脳脊髄炎」です。今病気にかかると、うまく歩けなくなるなど運動分野に関して苦しむ事になります。

また、食欲がなくなったり嘔吐や下痢をしたりすることもあります。

ウイルス性の病気ですから、こういった症状がなうかどうか常に観察し、万一体調が悪そうならすぐに病院に連れて行くようにしましょう。

 

黒猫を飼うときのコツを紹介!

 コツ①:部屋を広く感じさせる

閉じ込めるような狭い部屋で飼うと、非常にストレスがかかります。

猫はストレスに強くありませんから、日頃からなるべく広い部屋にいさせてあげることが重要です。

しかし、なかなか場所を確保するのは難しいことですから、トイレと寝床を離して歩かせるようにすることが効果的です。

コツ②:質の良い睡眠をとらせる

1日に14時間も眠る生き物ですから、その分寝床の環境は重要です。

狭いところや高いところ、あるいは隅っこを好む傾向にあるので、寝床はこういった場所に確保してあげましょう。

体温の調節が苦手なこともあって、季節に応じてエアコンを聞かせることも大事です。

電気代が勿体無いからといって外出中はエアコンを止めてしまうなんてことはくれぐれもしないようにしてください!

コツ③:食事を定刻に分けて与える

食事は、前項で記したような品質の良いものを、朝と晩の二回に分けて与えると良いでしょう。

年齢に合わせて栄養価や形状、食べやすさ(顎をどれくらい使うか)などを考えながらご飯を選ぶことで、愛猫の健康維持に繋がります。

メーカーによっては栄養価に偏りがあることもあるので、複数の種類を混ぜて与えたりするのも効果的でしょう。

 

まとめ

 不吉なイメージがある黒猫。ですが最近では逆に「飼うと幸運が訪れる」なんて言われることもあるようです。

凛としたかっこよさにミステリアスな雰囲気と猫らしい可愛げも併せ持つという魅力に、飼ってみたくなった人も多いのではないでしょうか。

入手は簡単ではありませんがその分愛情を持ってお世話することができるでしょう。ぜひ検討してみてください!

  • この記事を書いた人

空豆

当サイトの管理者の空豆です。 読者様のお役にたてるようなサイト作成を目指しています。

-

Copyright© 情報倉庫・ツナガル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.