猫の避妊手術の時期|タイミングとメリットとデメリット

更新日:

猫をペットとして迎え入れたときに、考えなければならない問題の一つとして、不妊手術があります。
無駄な繁殖を防ぎ、不幸な子猫を無くすためには、しっかりと考えなければいけない重要 なことです。

そこで今回は、猫の不妊手術について、メリットとデメリット、値段はどのくらいかかるのか、 オス猫とメス猫で違いはあるのか、などを書いていきたいと思います。

 

猫の不妊手術・値段・メリット&デメリット

猫の不妊手術とは 不妊手術とは、生殖機能を取り除くことで、無駄な繁殖を防ぎます。また病気の予防にもなります。

オス猫とメス猫では不妊手術の名称は違い、オス猫は去勢手術、メス猫の場合は避妊手術といい ます。
オス猫の去勢手術とは、精巣を取り除き、メス猫の避妊手術は、卵巣・子宮を取り除くことにな ります。

オス猫の去勢手術のメリット

オス猫独特の行動を抑制する効果があります。
なわばり意識がとても強い動物なので、他の猫となわばりをめぐって喧嘩をしてしまうことが多々 ありますので、そのような攻撃性を抑える効果があります。
また、猫の習性でもある放浪する癖や、スプレー行為(尿のマーキング)が改善される可能性も あります。
軽減される期待があるというだけで、100%ではないのでご注意ください。

オス猫特有の病気が予防できます。
精巣を取り除くため、精巣腫瘍や前立腺肥大・前立腺疾患の発生率を大きく下げることができま す。

猫同士喧嘩も抑制されることにより、怪我をする可能性も低くなりますし、猫免疫不全ウィ ルス感染症(猫エイズ)や猫白血病ウィルス感染症といった、感染症のリスクがとても低くなり ます。

メス猫の避妊手術のメリット

妊娠を防ぐことができます。飼い主の中には、猫を自由に行動させてあげている方もいると思い ます。
避妊手術をせずに、外などにも自由に行動させることによって、知らないうちに妊娠してし まっているケースなどは少なくありません。
そのまま大量の子猫を産んでしまい、そのまま保健所 で飼い主が見つからず、殺処分といったことになります。

避妊手術をすることによって、望まない 妊娠を避け、無駄な殺処分を減らすことにもつながります。
発情期がなくなるため、性的なストレスが軽くなり、発情期の時期に起こる、独特な大きな鳴き 声も抑制することができます。

メス猫特有の病気を予防できます。

乳がん(乳腺腫瘍)、子宮蓄膿症、子宮内膜炎などの病気の予防にもなります。
また、卵巣をそ のまま取り除くため、卵胞嚢腫といった卵巣に起こる疾患を予防することができます。

これらの病気は、命に関わるとても重い病気なので、避妊手術をすることで予防できるのでとて もメリットがあるものだと思います。

不妊手術のデメリット 不妊手術のをすることによって、オス猫とメス猫どちらも生殖機能を取り除くため、子供を作る ことはできなくなります。
また、手術の際に全身麻酔での手術になるため、猫にとっては大きな負担になります。

術後は、少し大人しくなりエネルギーの消費量が減るため、太りやすくなるとも言われておりま す。 それ以外のデメリットはほぼないのではないでしょうか。

不妊手術に適した時期 不妊手術の適した時期は、一般的に初めて発情を迎える前に手術を行うことが良いと言われてお ります。
メス猫の場合、生後6~8ヶ月、オス猫の場合は生後6~10ヶ月くらいが目安とされているよ うです。

また手術の際は、全身麻酔で行うため、獣医と相談し猫体調をみて行うことが重要です。

不妊手術の種類 不妊手術にも色々と方法があります。その方法を以下で紹介していきたいと思います。

 

メス猫の避妊手術

卵巣子宮摘出術 開腹して卵巣と子宮をすべて摘出

卵巣を摘出すると、ホルモンの影響を受けないので、発情しなくなります。
また子宮も摘出する ので、子宮に関する病気の予防になります。

卵巣摘出術 開腹して卵巣だけを摘出

発情することがなくなりますが、卵巣はほんのわずかな細胞が 残っていても再生する能力が高いため、細胞が残っていれば発情を起こす可能性があります。妊娠 はしません。
卵巣子宮摘出樹に比べると、手術時間は短くなり、傷口も小さくて済みます。

卵管結さつ手術 開腹して卵管を糸で縛る

妊娠はしませんが、発情は起きますし、卵巣や子宮に関する病気 にかかる可能性もあり、手術も難しいと言われています。

ジースインプラント(インプラント埋込)手術

麻酔をかけ背中の首の部分の毛を刈り切開し皮膚内に酢酸クロルマジノンを成分とする黄体ホルモ ンの入ったカプセル状のものを埋め込みます。
手術時間は短く済み、インプラントを除去すれば 妊娠は可能になります。

発情中は手術をすることができません。 薬効が一年なので、一年に一回インプラントを取り替える必要があります。

取り替えずに放置していると、子宮蓄膿症などの発生率が高くなります。
また、インプラントが埋 め込まれた位置からズレてしまうこともあり、取り出すときにやっかいなことになることもあるそうです。
副作用もあり、体重増加やときに脱毛することもあるようです。

ホルモン剤の投与

日本では手に入らないようですが、欧米では飲ませるタイプのホルモン剤を投与することがあり ます。
主にブリーダーが使用するようです。
黄体ホルモンを飲ませて、疑似妊娠状態を保つものだと思います。
色々な方法がありますが、避妊手術をすると決断されたのであれば、全摘出をお勧めします。
色々な病気からも守れますし、全摘出をすすめている獣医も多いようです。

 

オス猫の去勢手術

精巣摘出

一般的な手術方法です。睾丸を切開して精巣を取り除きます。切開した睾丸は縫わない病院が多い ようですが、縫合したり、生体用接着剤で閉じるとこもあるようです。

パイプカット

精巣は摘出せずに、精子の通り道を途中で切断する手術方法です。
妊娠させることはなくなりま すが、精巣が残っているため、オス猫独特の行動をしたり、去勢手術をしていないオス猫と変わ らない状態になります。
またオス猫特有の前立腺などの病気を予防する効果はありません。

停留睾丸について

オス猫のなかで、たまに見られるのが片方しか睾丸が確認できないや、両方とも確認できないの を停留睾丸といいます。
遺伝的なものと言われていますが、何が原因で停留睾丸になるのかははっ きり解明されていないようです。

生後8ヶ月で睾丸が降りてきていない場合は、その後も降りてく る可能性は低いと言えます。
停留睾丸は腫瘍発生率は10倍以上にもなると言われております。
停留している場所がわかれば手 術は比較的、簡単に済むようですので、獣医に相談をしみましょう。

術後に注意する点 術後は、麻酔が完全に切れるまで病院に預けるかたちになります。

胃腸が正常に動き出すまでに時間がかかるため、食べ物を吐いてしまう場合もあります。
半日程度は絶食する必要があるようです。
また傷口を舐めすぎて炎症を起こしたり、激しい運動をして縫合の糸がとれてしまって傷口が開 くなどの恐れがあります。
その際はすぐに病院に連れていきましょう。

不妊手術の値段 は一般的に、猫の去勢・避妊手術は2~3万円と言われています。
病院によって値段は違いますの、 病院に問い合わせて値段を確認しましょう。

また、助成金制度を設けている自治体もあるそうです。そこそこの自治体で制度も違いますので、 事前に確認しておきましょう。

自治体によっては、20%を負担してくれたり、1万円負担してく れるとこもあるそうです。
自治体の他にも猫の不妊手術の費用を負担してくれる団体もあるそうです。

日本動物愛護協会では 飼い主のいない猫限定で手術費用を一部負担してくれる事業を行なっているそうです。
助成金をだしてくれるところがあるか、調べてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

猫の去勢・避妊手術は、無駄な妊娠を避け、子猫たちの命を守ることにも繋がります。子供をた くさん産んで、結局保健所で殺処分ではとてもかわいそうです。

また病気の予防にもなるため自分が飼っている猫の命を守るためにも是非考えてみてはいかがで しょうか。

  • この記事を書いた人

ran

Copyright© ツナガル , 2019 All Rights Reserved.