猫をケージ飼いするとどんなメリットやデメリットがある?その注意点

更新日:

猫をケージ飼いする場合のメリットとデメリット 猫をケージで飼われている方も多くいると思います。

外出中にいたずらされて、「部屋をあらされ たり、よごされるのは嫌だ」「どこかへ逃げられてしますにでは」と心配してしまうかたはケー ジで飼われているのではないでしょうか。

しかし猫は自由気ままな奔放な性格でとても活発に動く動物です。

そんな猫をケージ飼いにして ストレスにはなってないのでしょうか。

そこで今回は、猫をケージで飼う際の注意点と、メリッ トとデメリットについて紹介していきたいと思います。

 

猫をケージ飼いする際のメリット

まず、ケージ飼いする際のメリットを以下で紹介したいと思います。

子猫のしつけになる

生まれてからまだ間もない子猫の場合、トイレをなかなか覚えられずにどこでもしてしまう可能 性があります。
その場合、トイレを設置したケージで子猫を入れておくと、トイレを覚えやすい傾 向にあります。

イタズラ防止

外出する際や少し家を留守にする際に、どおしても猫を一緒に連れていけない場合はケージの中 に入れておくと、イタズラ防止になります。

部屋を傷つけられることもありませんし、荒らされる 心配もなくなりますので、飼い主としては安心して家を空けることができます。

テリトリーの確保

猫はとても臆病な性格でもあります。
人見知りな猫にとってはケージの中は、誰も入ってこられ ない自分だけの場所だと安心し、落ち着いてくれる場所になるかもしれません。

危険を回避する

猫は好奇心が旺盛です。とても大事な作業をしているときに、猫に飛びかかってこられて大変なこ とになったりすることもあるかもしれません。
例えば人間の赤ちゃんと一緒に暮らしていて、ミルクの匂いなどに反応して、ちょっかいをだして 赤ちゃんを引っ搔いてしまうといったことも考えられます。
また猫自身の危険からも守ることができ、危険な場所で行動を抑制し、怪我や事故を防げること にも繋がります。
このような色々な危険から守ることにも繋がります。

誤飲を防ぐ

台所や部屋に落ちているビニール片や小さなものを誤飲してしまい、そのまま病院へというケース も考えられます。
そのような状況も防ぐことができます。

その他のメリット

ケージの生活に慣れさせておくことで、様々なシーンで役立つことがあります。

病気や怪我をしてしまったときに、病院に1日あずけなければいけないことなどがあるかと思います。

ケージ飼いに慣れていない場合猫がパニックを起こしてしまう可能性もあります。
引っ越し先などで部屋や環境がかわってしまいますが、ケージをそのまま持っていけば猫にとってはいつも の自分の場所があり、とても安心して過ごしてくれると思います。
また災害の際などにもケージ飼いに慣れさせておくことで、避難時などもスムーズにいきます。

猫をケージ飼いする際のデメリット 次にケージ飼いする際のデメリットを以下で紹介します。

ケージ飼いのデメリット

猫のストレスになる

猫は自由気ままな性格ですので、長時間ケージの中に拘束されるとかなりのストレスを感じてし まいます。
長時間ケージで拘束したままストレスが溜まりすぎると短命になる可能性があります。

運動不足になる

ケージ飼いの生活になると、狭い空間であまり身動きがとれない状況になるので運動不足になっ てしまします。
運動不足が原因で太りやすくもなり、骨まで弱くなります。

快適な環境を保つのが大変

ケージ飼いをするのであれば、快適に過ごせるように努めてあげないと猫にとってはストレスでしかありません。
猫に適したケージを準備することから始まり、色々猫のために買い揃えてあげる必要があります。

また、猫は暑さや寒さにとても弱いので、24時間室温管理をしてあげないといけません。

 

猫をケージ飼いする際の注意点とコツ

実際にケージ飼いをすると決めても何を気をつければいいかわからない方もいるかと思います。
以下ではケージ飼いをする際の注意点や必要なことを紹介していきます。

子猫のときからケージ飼いにする

ケージ飼いをする際は、子猫のときからケージに慣れさせておくと、猫にとってもストレスを感 じにくくなります。
大人の状態から急に狭いケージの中に閉じ込めてしまうのはかなりストレスが 大きいと思います。

清潔を保つ

猫は綺麗好きです。トイレなどは常に清潔に保つようにしましょう。
ケージは狭いのでトイレと の距離がどおしても近くなりますので必須条件ではないでしょうか。

長時間ケージの中は避ける

猫をずっとケージの中で飼うのはとても大きな負担になります。
子猫のときからしつけていたとし ても、外にも出たがりますし、健康上もよくありません。
定期的にケージから出してあげて、自 由に遊ばせてあげることも大事です。
ずっとケージの中だと寿命が短命になる可能性があります。

水はいつでも飲める状態にしておく

ご飯は決められた時間に2・3回あげれば問題ありませんが、水は24時間いつでも飲めるよう してあげましょう。
人間と同じで水分補給はとても大事です。

室温管理

夏は日差しが差し込む場所や、冬は広いところにケージをポツンとひとつ置くことはさけるようにしましょう。
夏にはエアコンをつけて直接風が当たらないようにしましょう。

冬はケージの上 から毛布をかけてあげるなど寒さ対策をしてあげましょう。

猫はとても寒暖に敏感なので徹底した管理が重要です。

怪我にも注意

ケージだからといって安心してはいけません。
好奇心旺盛ですのでケージの中でも怪我をする可 能性があります。
ケージの柵と柵の間に足をはさめたりして怪我をしたりもします。
猫の様子に異変がないかを注意してみておくようにしましょう。

お気に入りのアイテムを入れてあげる

猫が普段遊んでいるものなどを、ケージの中に一緒に入れてあげると安心してケージの中で生活 できます。
爪とぎやおもちゃをいれてあげることによってリラックスしてくれると思います。

どんなケージがオススメか ケージにも色々と種類があるため、どのケージを購入するべきか悩む人も多いかと思います。

ど のようなことに気をつければよいかなど、基準として考えるべき点や選び方のコツを紹介したいと思います。

ケージはなるべく広くて、高さがあるものを設置するようにした方が良いです。
猫は上下運動を 好みます。
どちらかと言えば高さの方が重要かと思います。
高いところが好きなのでストレスも軽減されると思います。

また、1階、2階、3階と部屋をわけることでさらにストレスがなくなります。
猫は環境の変化にとても敏感な動物です。
ですので長く使えるケージを購入しましょう。

ケージ が変わるだけで不安に感じてしまします。

置き場所とサイズを決めてから、そこに合うケージを購入する方が良いと思います。

購入したあ とにサイズが合わないなどになるとめんどうになります。
ケージの面積はトイレを基準に考えると選びやすいと思います。

トイレを中に置いて猫の歩くスペー スがないと快適には過ごせないと思います。

棚板をつける際は耐荷重を考慮して購入しましょう。

大きな猫になると体重が7~8キロぐらい にはなりますので、耐荷重オーバーで壊れたりしたらもったいないです。
材質にも気をつけましょう。

引っ搔いて破片がでたり、噛んで塗料が剥げてしまったりしたもの を誤飲してしまうなどの恐れがあるため、材質にも注意して購入しましょう。

まとめ

猫をケージで飼うのは猫にとってはストレスになってしまします。
しかしメリハリをつけて注意点 などに気をつけてケージを利用すれば、しつけにもいいし、快適な場所に変わると思います。

ずっ とケージの中に閉じ込めるのは絶対にダメです。飼い主もうまくケージを使うことによって、猫と うまく付き合えてライフスタイルもより良いものになるのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

ran

-

Copyright© 情報ランキングサイト・ツナガル , 2019 All Rights Reserved.